転職して1週間で辞めたいんだけど|すぐ辞めると次の職場にバレる?

転職をして1週間だけどもう辞めたい!!

早い人だと出勤初日

「辞めたい!」と思う場合もある。

脳内フレンド
脳内フレンド
まあ我慢するくらいなら、辞めてしまうのもアリだよね。

ただし、すぐ辞めると不利になってしまう事もあるからその辺は要注意

この記事では

  • すぐ辞めると次の職場にバレる?
  • 転職して1週間で辞める時は電話でいい?
  • 転職して1週間で辞めるメリット・デメリット

について、超詳しく解説していくよ。

転職して1週間で辞めたいんだけど

転職して1週間で辞めたい】と思う人も多くいるんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
辞めたい理由には個人差があるけど、職場が自分に合っていない場合が多いよ。

例えば

  • 自分が思っていた内容の仕事じゃない
  • 仕事のレベルが高すぎる
  • 職場の人間関係が苦手

なんかがあるよね。

募集の内容には、仕事内容の細かい部分まで書かれていないこともある。

会社の不利益になるとかの理由でね。

面接時にも、詳細までは教えてくれないこともある。

実際に入社してから

【自分が思っていた仕事内容と違う場合】

には、すぐに辞めたいと思うものなんだよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
職場のレベルが高い場合も、仕事自体についていけなくなるんだよ。

「自分のスキルでは対応出来ない仕事だった!」とかさ。

職場の人間関係が苦手な場合は、人の相性って問題があるからね。

パッとみて

「この人たちなんか苦手!」って感じることがあるよね?

脳内フレンド
脳内フレンド
そういう場合には、合わせようと思っても難しいものなんだよ。

新卒で入社したなら

「会社はそういうもの!」って思い込める。

でも転職組だと、経験があるから無理なものは無理だと分かってしまうんだよ。

この会社は自分に合わないと思うと、転職して1週間でも辞めたくなるものなんだ。

1週間もてば良い方かもね。

中には初日から辞めたいと思う人もいるからさ。

すぐ辞めると次の職場にバレる?

「転職してすぐに辞めると次の職場にバレるかも…」

なんて思うよね?

1週間くらいで辞めた場合には、自分で職務経歴書に記入をしなければ、バレない。

いちおう1週間程度の勤務であれば、別に記入しなくても問題にはならないんだ。

1週間程度なら、申告をしなければバレる事はないけど例外もある。

それは

会社が雇用保険や、社会保険などの手続きをしてしまっている場合。

辞めた会社が、すでに手続きを済ましていると、例え短い期間でも履歴が残る

脳内フレンド
脳内フレンド
少なくとも、新しい会社の人事課や保険関係の手続きをする人にはバレてしまうよ。

手続きがされる前に辞めていれば、バレる心配はないんだよ。

転職して1週間で辞める時は電話でいい?

転職して1週間で辞める場合には、電話で伝えても問題はない

会社の就業規則に違反していない場合には、問題は起きないはず。

脳内フレンド
脳内フレンド
問題はないけど、社会人としてのマナーには欠ける行為だよね。

ただし

就業規則に退職○日前に申し出ること】

っていう記載がある場合には、その日に退職できないこともあるよ。

電話で退職を伝えても、数日は出社を余儀なくされる場合もある。

会社によって対応が違う事があるよ。

試用期間に辞めるのは良くない?

転職した直後に辞める場合は、まだ試用期間だったりするものだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
試用期間内に辞めるのは、別に悪くないんだよ。

会社にとっても、どうせ辞めるなら早い方がありがたいという場合もある。

仕事ができるようになってから辞められると、周りの人たちの負担が増える。

でも試用期間で辞めてくれれば、仕事を任せる前だから負担は増えない。

雇う側と雇われる側が

【お互いに様子をみる】という意味合いも、試用期間には含まれている。

逆に、試用期間が終わってしばらくしてから辞める方が会社には迷惑がかかる。

合わない・辞めたいと思ったら、すぐに辞めるべきだね。

転職して1週間で辞めるメリット

時間を無駄にしない

転職して1週間で辞めるメリットは、時間を無駄にしないこと。

我慢をして仕事を続けていても、自分に合っていない職場ならいずれ辞めるはず。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、我慢をしている間にも年齢は上がっていくよね?

年齢が上がっていくと、転職先もどんどん少なくなっていく。

我慢の限界が来て退職する時には

「年齢がネックになって仕事がない!」ってこともよくある話。

だったら、転職して1週間でも合わないと思ったらすぐに辞めた方がいい。

転職先を選べる年齢の間にね。

ストレスから解放される

転職して1週間で辞める場合に得られるメリットは、ストレスから解放されること。

「こんな会社、早く辞めたい。」

と思いながら仕事を続けていると、結構なストレスがかかる。

脳内フレンド
脳内フレンド
ストレスが原因で体調を崩してしまう場合だってあるんだよ。

日常生活でもストレスって結構かかるもの。

仕事でも多くのストレスを感じるなんて、身体的にも精神的にも良くない。

ストレスを多く感じるような仕事なら、早く辞めるのがベストだよ。

自分に合った会社を探せる

仕事内容や待遇面でも、自分に合っている会社というのは有る。

我慢して嫌々仕事を続けるなら

【自分に合っている会社】で仕事をした方が良いに決まってる。

脳内フレンド
脳内フレンド
実際に仕事をして、合わないと思うなら早く合う会社を探すべきだよ。

転職して1週間だろうが、2~3日だろうが関係ない。

「合わないものは、合わない!」

自分に合った会社を探せるのは、転職して1週間で辞めることのメリットだよ。

転職して1週間で辞めるデメリット

自分で保険に加入

転職して1週間で辞めるデメリットは、自分で保険に加入しないといけなくなること。

保険というのは、国民年金と国民保険のこと。

会社によって違いはあるけど、一般的には社会保険に加入しているものなんだ。

会社の社会保険だと、保険料は会社が半分負担してくれている。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも国民保険だと、保険料は全額本人が負担することになるんだよ。

その上、国民年金は成人すると加入の義務がある

社会保険の場合は、保険と厚生年金がセットになっているんだ。

厚生年金に加入をしていれば、国民年金を納める必要はない。

脳内フレンド
脳内フレンド
だって一緒に納めているからね。

でも厚生年金に未加入なら、国民年金を自分で納める必要が出てくる。

  • 国民年金
  • 国民保険

の両方を、自分で納めなきゃいけなくなるんだ。

収入が低い状態が続く

試用期間というのは正規採用よりも給料が低く設定されている事が多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
転職して1週間で辞めると、次の会社でも試用期間からスタートになるよ。

ということは、当然収入も少ない状態が続くことになるんだ。

会社によっては、試用期間は時給制を採用しているところもある。

そういう会社だと、バイトしてるのと大差がなくなってしまう。

転職して1週間で辞めてしまうと、収入が低い状態が続いてしまうよ。

内定がもらえなくなる

転職して1週間で辞めるデメリットは、内定がもらえなくなるところだよ。

1週間くらいなら自分で申告しなければバレない。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、何回もそれを繰り返していると期間が空いてしまうんだ。

つまり、申告をしないと無職の期間があることになってしまう。

働ける状況なのに無職の期間があると、面接の印象は良くないもの。

かといって

「転職してすぐに辞めています。」

と申告すると、内定をくれる可能性は低くなってしまうよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする