新入社員の元気がなくなる理由は?|頑張りすぎでメンタルが潰れてる?

前までは、仕事も熱心に取り組んでいてやる気に満ち溢れていた新入社員。

でもある一定の期間を超えたとき、突然これまでのような元気がなくなるという現象が新入社員にはよく起こる。

伊藤
伊藤
実際僕も新入社員の頃、メンタルが崩壊してそのまま仕事を辞めてしまった経験があるよ。

この記事では、新入社員の元気がなくなる理由を、僕の実体験をもとに超具体的に解説していこう。

新入社員の元気がなくなるのはなぜ?

僕が新入社員だった頃、元気がなくなったのは必然だったと思う。

伊藤
伊藤
というのも、僕はそもそも元気がなくなったわけではなく最初から【元気なふり】を演じていただけだったからだ。

周りの上司や同僚から見れば、僕の事は元気がなくなったように見えているかもしれない。

しかし、積極的に仕事に取り組んだり、元気よくコミニケーションを取ったりしているのは、元々演技をしていただけ。

「じゃあ別に本当は元気がなくなったわけじゃなく、を出せるようになっただけなんじゃないか?」

と思うかもしれないが、そういうわけでもない。

伊藤
伊藤
確かにこのタイミングで【元気な若者】の演技をしなくなったのは事実だが、実際本当に元気がなくなっていたのも事実なんだ。

つまり、言い換えれば元気な演技をする余裕もないくらい元気がなくなっていたわけだ。

じゃあ僕がなぜ元気がなくなったのかと言うと

「仕事でそこまで頑張る必要性があるのか?」と疑問に思ったからだ。

当時の僕はその職場の仕事内容や労働環境、人間関係など全てに嫌気が差していたんだ。

それなのに毎日上司に気を遣っては【好きでもない仕事】を永遠とこなし続ける。

この仕事の不満をどこにぶつけたら良いのか分からず、ストレスはどんどん溜まっていった。

伊藤
伊藤
それと同時に、「こんな仕事をこの先何十年も続けるのか」と考えると、絶望して軽い鬱状態になっちゃったんだよね。

「人生の大半の時間を仕事で消費するなんてもったいない」と本気で思っていたんだよ。

今考えればこれは【甘え】かもしれない。

でも甘えでもいいから幸せになりたいという気持ちの方が強かったんだよね。

新入社員の元気がなくなる理由は?

ここからは、さらに具体的に新入社員の元気がなくなる理由を解説していこう。

ミスに怯えすぎ

仕事でミスをすることを極端に恐れている新入社員は、突然元気がなくなる可能性が高い。

これまで気を張り詰めて職場で通っていたせいか、ある日突然プッツンと糸が切れたかのように意気消沈してしまう。

伊藤
伊藤
ミスに対しての恐怖心がストレスになっていてキャパオーバーになってしまったんだね。

周りの目を気にしすぎ

周りの目を気にしすぎている新入社員も、急に元気がなくなるということがよくある。

「誰々からの印象を良くしなきゃ」とか

「誰々に嫌われないようにしなきゃ」

などという脅迫観念を抱いている人は、頑張りすぎてメンタルが潰れちゃうんだよね。

切り替えが出来ていない

【自分が社会人になった】という自覚をいまだに持てていない新入社員も、突然元気がなくなる傾向がある。

伊藤
伊藤
子供から大人への切り替えがうまくいかなかったんだね。

気持ち的にはまだ成熟しておらず、【辛いことに耐える】ということができないんだろう。

労働環境に不満がある

労働環境に不満がある新入社員は【仕事をする】ということ自体に萎えているのかもしれない。

伊藤
伊藤
「残業が多い」とか「有給が取れない」などの社会の理不尽が受け入れられないんだよね。

もしかするとその新入社員は「別にクビになっても構わない」くらいの気持ちで職場に来ているのかもしれないね。

上司との関係性が良くない

職場において【人間関係】や【コミニュケーション】というのは仕事そのものよりも重要になる。

そんな中で上司との関係性がうまくいっていない新入社員は、すでにメンタルが潰れて元気がなくなっているかもしれない。

これまで人から叱られた経験をあまりしてこなかった新入社員は、ほんの少し上司から叱られただけでも、精神的に追い詰められて「辞めたい」と思ってしまう。

同僚に負けている

【同僚に負けている】という実感をした新入社員も、突然元気がなくなることがある。

伊藤
伊藤
「誰々よりも仕事が遅い」とか「誰々よりも人脈が狭い」などという【劣等感】に苦しんでいるんだね。

自分より優秀な新入社員がいたら、対抗意識を燃やす人も中にはいるが、実際結構萎えてしまう人も多いんだよね。

頑張りすぎ

入社したての頃から、とにかく頑張りすぎている新入社員も、何かのきっかけで崩れてしまう傾向がある。

伊藤
伊藤
いわゆる【意識高い系】の真面目な新入社員ほど、急に元気がなくなるケースが多いんだよね。

我慢することが多ければ多いほど、ストレスは溜まっていくんだよね。

新入社員の元気がなくなるタイミング

それでは、新入社員の元気ではなくなるタイミングというのは具体的にどのあたりなのか?

これに関しては、結構個人差があるけど僕の場合は5月の連休明けにすでに元気がなくなっていたよ。

これまでは、連休の存在を心の支えにしていたところがあって「休みが来るから頑張ろう」と必死に自分を元気づけていた。

だけどゴールデンウィーク明けは、体もなまっていて生活リズムも狂っているので仕事に行くこと自体が地獄に感じた。

伊藤
伊藤
当時の同僚からは、その時すでに、「もうすぐ辞めるだろうな」と思われていたらしい。

それでは、一般的な新入社員はどのくらいで元気がなくなるのか?という話だが、

基本的には入社後3ヶ月から7カ月くらいの幅広い期間で、この現象が起きやすいと言われている。

とは言っても、仕事を1年続けた社員でも普通に仕事バックレてそのまま辞めるという話も聞いたことがある。

つまり結局のところ個人差がめちゃくちゃあるというのが結論だ。

ただし入社後3年経てばメンタルも安定して楽になるという話は割と本当なんじゃないかと思う。

実際3年我慢できた人間はそれ以降も同じ仕事を続けるケースが多い。

そこに至る過程で何度も絶望を味わっていれば、それだけ精神的にも鍛えられているはずなので【突然元気がなくなる】ということも少なくなるんじゃないかと思う。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする