10年経っても職場に馴染めないのは異常?|仲間意識が湧かない理由

一般的に普通の人間は、約半年ほど勤務を続ければ「職場に慣れる」と言われている。

伊藤
伊藤
でも僕は10年ほど同じ職場に勤務しているのに、いまだに馴染めないんだよね。

この記事では、10年経っても職場に馴染めない僕の気持ちを超具体的に解説していこうと思う。

10年経っても職場に馴染めない!

僕は今の職場に就職した頃から「ずっと居心地が悪いなぁ」と感じている。

周りの目が気になるというか、なんだか落ち着かないというか

【ありのままの自分】で過ごすことができないんだよね。

伊藤
伊藤
この居心地の悪さは、自分が【素】でいられないというストレスが根本的な原因になっていると思う。

常に自分をよく見せようと演技をしながら人と関わっているんだよね。

通常の人間なら就職してから半年~1年ほど経てば、ある程度職場に馴染むことができるらしい。

でも僕の場合は10年経っても、今だに職場に馴染めないんだよね。

つまりほとんど新入社員の頃と同じような感覚で、職場に通っていると言うことだ。

というかむしろ、職場にいる新入社員の方が僕よりも職場に馴染んでいるように見える。

伊藤
伊藤
職場に馴染めないと、常に緊張感に襲われてが負担かかるし、仕事自体にも影響を及ぼすので正直しんどいんだよね。

それほど人から嫌われるような振る舞いをした覚えはないんだけど、どうして今だに職場に馴染めないんだろう?

この辺の関連記事はこちら
⇒任される人について

10年間も職場に馴染めないのは異常?

そもそもその10年間も職場に馴染めないというのは【異常】な事なのか?

もしこれが【よくある事】なら「そこまで気にしなくてもいいかな」と思ったので調べてみた。

結果は異常とまではいかないが「レアケースである」というのは間違いなさそうだ。

本来は職場の人間と毎日のように顔を合わせてコミニケーションをとることで、家族や友達と同じように信頼関係を築けるらしい。

勤務歴が長くなるにつれてプライベートな内容の日常会話や、悩み事の相談などもできるようになって、職場が【第2の我が家】になるはずとの事。

伊藤
伊藤
いや、全くそんな感じになっていないんだけど…

いつも仕事に出かける前は、まるで別の人格になるかのように気持ちを切り替え、意を決して向かう。

僕にとっての職場とは、どちらかと言うと戦場に近いような気がする。

それに職場の人間とは仕事に関する話しかないしないし、プライベートな内容の会話をすることもほとんどない。

根本的に【仲間意識】というものが湧かないんだよね。

仲間意識が湧かない理由

ここからは、僕が職場の人間に対して仲間意識が湧かない理由というのを考察していこうと思う。

割り切っているから

僕は職場とプライベートを完全に分けて考えている。

休日は職場の人とは会わないし、持ち帰り仕事もない。

伊藤
伊藤
職場と自宅は【完全に別の空間】だと割り切って考えているんだ。

だからこそ職場では、全く別の人格の僕が存在していて演技をしているから職場に馴染めないんだと思う。

コミュニケーションが苦手だから

もともと僕はコミニケーション能力が低く、人と関わるのが苦手なタイプの人間だ。

だから職場では会話をして、笑いが起きる事はほとんどない。

伊藤
伊藤
基本的に仕事上必要な、報告・連絡・相談しかしないんだよね。

周りの人から「こいつと話してもつまらないな」と思われてしまっているのかもしれない。

この辺の関連記事はこちら
⇒お局にキレた

価値観が合わないから

正直僕は、職場の人間と価値観が合わないような気がしている。

なぜなら僕は、【仕事は時間をお金に変える作業】だという認識しかしていないから。

伊藤
伊藤
仕事は生きていくために必要な苦行であり、【やりがい】とか【評価】とかに何の興味もないんだよね。

多分それが周りの人間から透けて見えてしまっていて、10年経っても職場に馴染めないんだと思う。

保守的になりすぎているから

僕は仕事に対して保守的になりすぎているところがあるのかもしれない。

自分の立場を維持することを常に心がけていて、絶対に人から嫌われないように意識している。

だからこそ【無難な言動】しかできず、若干職場から浮いているところがあるかもしれない。

プライドが高いから

僕は客観的に自分を見て「プライドが高い人間だなぁ」と思うことがよくある。

例えば誰かに自分の意見を否定されたら「自分が正しいのはなぜか」を必死に説明する。

もちろん周りに「うざい」と思われないように注意して立ち回ってはいるが、それでも「関わりにくい」と思われている可能性もあるとは思う。

10年経っても職場に馴染めない時の対処法

ここからは僕が考えに考えた末にたどりついた、10年経っても職場に馴染めないときの対処法を解説していこうと思う。

伊藤
伊藤
正直、10年経っても職場に馴染めなかったら。今後同じ職場で馴染めるようになるのは難しいと思うよ。

なぜなら、周りの人間は自分に対してのイメージが既に固定されてしまっているから。

だから職場に馴染めるようになるためには、その固定された自分のイメージを取っ払わなければいけないと言うことだ。

「この人ってこんな一面もあるんだな」

「この人って意外といいやつだったんだな」

などの、ちょっとしたインパクトが必要だ。

だからまずは普段の自分がやらないであろう言動を、意図的にしてしまうことが重要だ。

例えば今まであんまり話してこなかった人と積極的にコミニケーションを取ったり、

普段言わないような冗談でユーモアのあるコミニケーションをとってみたりなど

自分にとって不自然だと思えるような事をしてみよう。

伊藤
伊藤
僕の経験上、これが最適な職場で馴染む方法だったよ。

要は自分のキャラを変えるということ。

今まで保守的に立ち回っていた人間が、キャラ変更したらそれだけでもイメージが大きく変わると思う。

伊藤
伊藤
職場で信頼関係が気づければ仲間意識も芽生えるので、それだけ職場で馴染めない【環境】も変わってくると思うよ。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする