【職場で必要とされてないと感じる理由】仕事辞めたいと思ってしまう

あなたは、職場で【必要とされてない感】を感じた事はない?

伊藤
伊藤
実は僕も、仕事中は【いてもいなくても変わらない存在】なんだよね

この記事では、「職場で必要とされてない」と感じる理由や仕事との向き合い方について超具体的に解説していこうと思う。

職場で必要とされてない?

僕が職場で「必要とされてない」と感じているのは、実際に仕事で役に立っていないという実感があるからだ。

伊藤
伊藤
僕が任されている仕事は、その会社に【影響】をほとんど与えていないんだよね。

これは、責任感を感じる必要は無いので【楽】だと捉えることもできる。

でも仕事にやりがいを感じないし、給料泥棒のようで【罪悪感】を感じるのも事実。

何よりも、自分はもっと会社のために働けるはずなのに、それができないと言う【悔しさ】がこみ上げてくる。

「周りの人間は僕のことをどう思っているんだろう?」って不安に感じるんだよね。

伊藤
伊藤
他の社員から「コイツいなくてもいいんじゃないか?」と見下されている気がして、疑心暗鬼になりそうだよ。

実際、僕がいなくても会社は問題なく回るだろうし、「なんかこのままでいいのかなぁ」という漠然とした焦りがあるんだよね。

職場で必要とされてないと感じる理由

ここからは、世の中の職場で必要とされてないと感じている人が、なぜそう思ってしまうのかという理由を具体的に解説していこうと思う。

誰も頼ってくれない

既に誰からも自分は頼られていないという【実感】がある人は、職場で必要とされてないと感じるケースが多い。

仕事の【相談】や【報告】をする事はあってもされる事がないんだよね。

伊藤
伊藤
多分、周りの人からは「こいつに相談しても無駄だな」という印象を持たれているんだと思う。

いてもいなくても変わらない

僕と同じように、職場で【いてもいなくても変わらない存在】になっている場合は、

「必要とされていないなー」と思う人も多い。

自分のしている仕事が、職場にほとんど影響を与えていないんだよね。

伊藤
伊藤
会議とかでは、まるで空気扱いになってしまう事もあるよ。

重要な仕事を与えられない

なぜか自分だけ重要な仕事を任せてもらえない場合は、嫌でも

「職場で必要とされていないんじゃないか?」と疑ってしまうよね。

実際、【仕事が遅い人間】や【信頼されていない人間】て、簡単な仕事ばかりやらされる傾向がある。

伊藤
伊藤
自分もそういう人たちと同じように周りに見られているのかと思うとショックだよね。

結果を出していない

自分が仕事で【結果】を出していないと、

「職場で必要とされてないかも?」と不安になってしまう人も多い。

仕事がうまくいかないと自信を失って、今の環境に対して疑心暗鬼になってしまうんだよね。

伊藤
伊藤
ただの勘違いならいいけど、割と本当に上司からそう思われていたりもするんだよ。

周りの目がキツイ

既に手遅れで「周りからあいつは仕事ができない」という【レッテル】を貼られていた場合は、当然「職場で必要とされてない」という実感がわく。

こういうケースでは、自分を見る周りの目がキツイと感じることがあるよ。

伊藤
伊藤
同僚からは見下され、上司からは「使えない奴だなぁ」と思われているんだよね 。

やりがいが全くない

職場で自分が任されている仕事に、全くやりがいが感じられない場合も

「必要とされてない」と感じる。

やりがいがないと、何のために働いているのかが分からなくなっちゃうんだよね。

伊藤
伊藤
本当にこの職場で続けてもいいのか、迷ってしまう人もいると思うよ。

職場で必要とされてないなら辞めたい!

今やっている仕事で「必要とされてない」と感じたら、多くの人は「この職場を辞めたい」と思ってしまうだろう。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも必要とされてないから仕事を辞めるというのは、わがままなのかな?

いや、別にそんなことはない。

実際やりがいを感じられない仕事を辞めて、本当に自分の能力が発揮できる職場を探すという選択をする人も多いしね。

ただ一方で、職場で必要とされてないからといって、「辞めるなんてバカバカしい」と考える人もいる。

結局、仕事なんて時間をお金に変えるために働くもの。

だから、たとえ仕事内容が意味のない作業の繰り返しだとしても

「別に気にならない」と言う人もいる。

伊藤
伊藤
むしろ職場で必要とされてない方が、責任感のある仕事をやらなくて済むので【気楽】だと感じる人もいるようだね。

これは価値観の問題なので一人ひとりによって意見が違うのも当然だ。

なので【正解】は無いと言えるよ。

伊藤
伊藤
ちなみに僕の場合は、職場で必要とされてないと【充実感】を得られず、うつ状態になったから結局辞めちゃったんだよね。

まあ仕事を辞めるかどうかの判断は自由。

でももし職場で邪魔者扱いをされるようなことがあるなら、迷わず辞めてしまって良いと思う。

・いつかは転職したい人へ

この記事を読んでいる人の中には

「いつかは転職してやる!」

と考えている人もいると思う。

伊藤
伊藤
今の職場に不満があると、人生を損してる感覚になるんだよね。

とはいえ、今すぐ行動するのには不安だし、

「次の転職先なんてまだ考えられない!」って事も多いよね。

でも「あなたのような人が欲しい」という会社さえ見つかれば、次の職場で年収をアップさせることは割と簡単。

つまり、今の職場を迷わず辞められるという事!

そのためにはまず、あなた自身の事を客観的に知っておく必要がある。

知っておくべき事

  • 市場で必要とされるあなたのスキル
  • あなたの職歴・職種・会社規模
  • 前職での仕事の達成率

これらはあながが知っておくべきなのと同時に、雇用する企業側が知りたい事でもある。

だから、あなた自身の価値を知ることができれば、別にそのままのスキルや経験で1.5〜2倍の年収UPが可能だよ。

でも、

  • 「は?市場で必要なスキルって何?」
  • 「前職の仕事の達成率なんてどうやれば分かるの?」

と思っちゃうよね。

実は、ミイダスというアプリがあなたのスキルや経験の棚卸しを5分で代行してくれるよ

【あなたの価値診断】だけでも済ませておくのが良いね。

ミイダス【無料】はこちらから⇒

すぐにあなたの転職市場価値が分かるから、見るだけでも結構楽しいよ。

↑こんな感じであなたの価値に対する想定年収が出る

↑このように、市場価値判断に必要な質問を5分以内にサクサクとできる

もし転職しない場合でも、あなたの市場価値を知っておくことは大事。

なぜなら「たとえ今の会社で働き続けなくても別に大丈夫」という事実を知れるから。

そして転職したい人は、この価値を活かしつつ転職先を探してみよう。

質問に答えているから、このアプリの中でスムーズに転職活動をすることもできる。

このアプリは書類選考を飛ばせるのと、そのまま面接の設定ができるのが特徴だよ。

ミイダス【無料】はこちらから⇒

※5分で診断可能
※転職する場合も内定・入社の最後まで完全無料

必要とされてない時の仕事との向き合い方

【仕事との向き合い方】ってのは本当に人それぞれだ。

メンタルの強い人からしたら極論、給料さえもらえれば別にどうでもいいだろう。

しかし一方で、メンタルの弱い人は、自分が周りの人に必要とされてないと感じると必死に【仕事をする演技】をしたり【仕事ができるアピール】をする。

要は自分が納得できる職場の環境はどういうものなのか?という話だ

  • 精神的に楽な職場
  • 自己顕示欲を満たしてくれる職場
  • 仕事内容が楽しいと思えるような職場

いろいろ考えられるが、どういう職場が納得できるかは人それぞれ違うので、自分に合った仕事見つかるまで試行錯誤してみるのも良いと思うよ。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする