リーダーに向いてないから辞めたい!|やりたくない時の対処法を解説

リーダーになると、給料はあがるし周りからも信頼される。

でも決して良いことばかりじゃない。

【リーダーに向いてない人】がリーダーになるとデメリットの方が多くなる。

脳内フレンド
脳内フレンド
リーダーに向いてないと、会社を「辞めたい」と思う時だってあるよ。

この記事では、リーダーをやりたくない時の対処法を超具体的に解説していくよ。

リーダーに向いてないから辞めたい!

リーダーになった途端に、仕事量が増えたりするよね?

これまでは自分に与えられた仕事だけをこなしていれば良かったのに。

  • チーム全体の進行状況を把握
  • 人の仕事のフォロー

なんて仕事が増えたりする。

仕事量だけの問題ならまだいい。

チーム内の人間関係とかが絡んでくれると、頭痛がしてくる。

みんなの意見が一致しているとは限らない。

誰か1人の意見がずば抜けて良いんなら、それで決定。

でも、みんなが同じくらいのレベルだと…。

脳内フレンド
脳内フレンド
正直言って、まとめるのも大変なんだよね。

そもそも、自分には人をまとめる力も無いし、めんどくさいと思う場合もある。

できることならリーダーなんて辞めてしまいたい!と毎日思いながら仕事してるんだ。

リーダーに向いてない理由

責任を負いたくない人

チームでの仕事でミスがあったりしたら、リーダーが責任をとるのが普通。

脳内フレンド
脳内フレンド
それが嫌だと思ってる人は、リーダーに向いてないよね。

例えば、チームメンバーの1人がミスをしたとする。

もしリーダーがそれに気がつかなかったらリーダーの責任にもなる。

でも責任を負いたくない人は、ミスした本人だけのせいにするんだ。

そもそも、チーム全体の仕事に対する責任を負いたくない人には、リーダーは向いてないんだ

よ。

自信がない人

リーダーに向いてない人は、【自分に自信がない人】だろう。

例えば

  • 仕事をする能力も問題ない人
  • そこそこ人望のある人

でも、自分に自信がない人ならその時点でリーダーには向かない。

こういうタイプの人は、もともと

「リーダーをやりたい」なんて思ってもいないんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
だって自分にはそんな能力はない!と自覚してるからね。

どれだけ周りがその人を支えて仕事をしたとしても、本人が自信を持って対応をしなければ、チームとして成立しない。

人との関わりが苦手な人

リーダーに向いてない人は、人との関わりが苦手な人。

人との関わりが苦手だと、チームメンバーと関わるのさえためらう。

リーダーを含めて2~3人のチームならいいだろうけど、10人近くの人数になると無理だろうね。

リーダーの仕事には、【メンバーをまとめる】って部分も含まれる。

脳内フレンド
脳内フレンド
人との関わりが苦手な人って、他人をまとめるのも苦手な場合が多いんだよね。

メンバーがまとめられないなら、そもそもリーダーの仕事が出来ないってこと。

出世に興味がない人

リーダーに向いてない人は、出世に興味がない人。

出世に興味がないから、リーダーを任されても、いまいちやる気が起きない。

「この仕事を成功させてもっと出世してやる!」

なんて勢いがないから、チーム全体の士気も下降してしまうんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
ミスがないように【無難に仕事をしておけば良い】っていう雰囲気が充満するんだよ。

そんなチームが、良い仕事ができるはずがない。

リーダーがやる気に満ち溢れてこそ、全員が一致団結して

「良い仕事をしよう」と思う。

出世に興味がないと、チームをそういう雰囲気にすることができないんだよ。

リーダーを降りたいと言われた上司の気持ち

裏切られた

部下からリーダーを降りたいと言われたら、

  • 「裏切られた」

と思う人もいるよ。

上司からしたら、

  • 「期待をしているからこそリーダーを任せたのに」

って思う。

脳内フレンド
脳内フレンド
期待を見事に裏切ってしまう結果になってしまうから、こう思われても仕方ないよね。

逆に部下の立場からしたら、それは過大評価だって言いたい場合もあるんだけど。

寂しい

部下からリーダーを降りたいと言われた上司は、

「寂しい」と思う人もいるよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
リーダーを降りると自分の部下でなくなる場合は特にだよね。

職場によって違いがあるだろうけど、リーダーを降りると配置転換になる場合がある。

降りたリーダーの代わりを他の部署から連れてくる必要があるからね。

そうすると、元々いたリーダーは違う部署に行く必要が出てくるんだ。

つまりリーダーを降りた段階で、自分の部下という立場でなくなってしまうということ。

頑張れ

部下からリーダーを降りたいと言われた上司は、

「頑張れ」と思う人もいるよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
これは、リーダーを降りると同時に部下が出世するパターンとかだよね。

「頑張れ」と思ってくれるのは、つまり応援してくれてるって意味。

プロジェクトなんかの場合には、途中でリーダーが交代するのは珍しいけどさ。

職場のリーダーの場合には、こういうパターンも結構あるよね。

例えば、リーダーから隣りの課の課長とかになったり…

そういう場合には、上司も快く応援して送りだしてくれるんだ。

又は、リーダーを降りて独立する場合なんかもあるよね。

リーダーを降りるからといって、全部が後ろ向きな場合ばかりじゃないからね。

部下にとってプラスになる場合なら、上司だって嬉しいもの。

リーダーをやりたくない時の対処法

周りの意見を聞く

リーダーをやりたくない場合には、周りの意見を聞くといい。

チームメンバーになる人に、

「どんなリーダーが良いのか?」と聞いてみるんだ。

そうすると、自分に望まれていることを把握することができるはず。
脳内フレンド
脳内フレンド
リーダーだからといって、気負う必要はないんだよね。

周りの人たちを頼るリーダーが居たって別におかしくない

意見を聞いてくれるリーダーの方が、周りの人たちからしても、何でも言いやすくなるしさ。

手に職をつけて独立する

リーダーをやりたくない場合には、手に職をつけて独立することで対処できるよ。

これは、リーダーをどうしてもやりたくない場合に会社を辞めてしまう方法だ。

独立してフリーランスとして仕事ができるようになれば、リーダーとかいう立場にならなくて

済む。

あくまでも最終手段の方法になってしまうけど、一応こういう対処の仕方もあるよ。

転職と似てるけど転職の場合には、次の会社でも同じ状況になる可能性があるからね。

退職をしたいほど、リーダーになりたくないなら、フリーランスで仕事ができるようになるの

が1番だろうね。

配置転換を相談する

リーダーをやりたくない場合には、配置転換を相談することで対処できるよ。

今の部署にいるとリーダーを断れない場合には、

  • 「違う部署に変わりたい」

と上司に相談してみるんだ。

配置転換の理由を聞かれた時に

  • 「リーダーをやりたくない」

と正直に言うのも有り。

脳内フレンド
脳内フレンド
そんなにやりたくないなら、【他の人にやらせる】という場合もあるだろう。

はっきりと言えない場合には、

  • 親の介護
  • 子供の世話

などと理由を家庭の問題にしてしまうのも良い。

ようは上司に

【リーダーとしての仕事を全うすることが難しい】と思ってもらえばOK!

そう思ってもらえたら、無理やりリーダーを任されることはないだろう。

リーダーに向いてないから辞めた後の職場

リーダーに向いてないからって理由で退職したりする場合もあるよね。

そういう場合に、自分が辞めた後の職場ってどうなってると思う?

脳内フレンド
脳内フレンド
実は自分が辞めたとしても、職場には影響があまりないんだよね。

普通に仕事が回っているものなんだ。

たしかに辞めた直後には、多少は影響が出ているかもしれない。

でもいなければいないで、会社は回っていくんだよね。

それこそ、引き継ぎなんかをしっかりとしておけば、影響すら出ないこともある。

リーダーに向いてないから降りたいと思っているなら、思いきって【上司に相談する】のも有りだよ。

あっさりと交代してくれる場合もあるんだ。

どうしてもリーダーというポジションが無理なら、いっそのこと【職場を辞める】のもいい。

だって自分がいなくても、代わりの人が出てくるんだからさ。

そんな風に気楽に考えてみてもいいよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする