独り言が多い人は頭がいい理由【4つ】頭の回転が速い?心理と性格について

世の中には独り言が多い人が一定数存在している。

正直、周りから迷惑がられることもある。

けど実は、普通の人と比べて頭がいいケースが多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
とにかく頭の回転が速いんだよね。

じゃあこの記事では

  • 独り言が多い人は頭がいい?
  • 独り言が多い人頭が頭がいい理由
  • 独り言が多い人は頭の回転が速い?
  • 独り言が多い人の心理
  • 独り言が多い人の性格

などについて、超具体的に解説していくよ。

独り言が多い人は頭がいい?

そもそも独り言が多い人は頭がいいという話は本当なのか?

結論から言うと本当。

超本当。

めちゃくちゃ頭がいい。

なぜなら、思考の言語化をしているから。

普通の人は頭で何かを考えても、それを脳内でしか処理しない。

というのも、それが一番効率的だから。

わざわざ考えていることを口に出すのは疲れる。

脳内フレンド
脳内フレンド
それだけでエネルギーを消費してしまうからね。

でも独り言が多い人は、言葉を口に出すことは慣れている。

でも別に「口に出そう」と思って独り言を言っているわけではない。

無意識に言葉を垂れ流しているだけ。

つまり、自然に思考を言語化しているということ。

実はこれってとても難しいこと。

限られた人間にしかできない特殊能力とも言える。

だから頭がいい人にとっては、独り言を喋ることこそが一番効率的。

なぜなら独り言を喋ることで、色んなメリットがあるから。

独り言が多い人が頭がいい理由

じゃあそのメリットとはなんなのか?

ここからは、独り言が多い人が頭がいい理由をさらに具体的に、

ぜんぶで4つ解説していくよ。

考えの整理をしてるから

独り言が多い人が頭がいい理由の1つ目は、

考えの整理をしてるから。

思考を言語化することで、自然と自分の考えを整理することができる。

なぜなら、客観的に自分が何を考えているのかが分かるから。

独り言を喋ると、その言葉を自分の耳で聞くことができる。

つまり、一人二役で会話をしているのと同じ。

だからこそ、

  • 自分の考えは正しいのか?
  • 次になにをやるべきなのか?

というのが判断しやすくなるんだよね。

集中力が上がるから

独り言が多い人が頭がいい理由の2つ目は、

集中力が上がるから。

独り言を喋ると強制的に脳を働かせることができる。

脳内フレンド
脳内フレンド
頭がぼーっとしているときでも、無理やり集中できるんだよね。

例えば、寝起きや仕事中。

だるくて「動きたくない」と感じるときでも、

頭がいい人は独り言を喋ることによって、脳を覚醒状態にすることができるんだよね。

記憶力が上がるから

独り言が多い人が頭がいい理由の3つ目は、

記憶力が上がるから。

独り言を喋りながら経験したことは、より鮮明に記憶することができる。

これは実際に科学的根拠があるもの。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ、日頃から独り言を喋っている人は普通に人よりも経験値が異なるよ。

例えば、勉強中でもブツブツつぶやきながら取り組むことによって、

より効率的に覚えることができる。

頭がいい人は無意識にこれをやっているんだよね。

不安が消えるから

独り言が多い人が頭がいい理由の4つ目は、

不安が消えるから。

独り言はときに【自己暗示】のような効果もある。

「自分はできる」と言い聞かせていると自信が湧くのと同じように、

独り言を喋ると不安が消える。

なぜなら、自分がやっていることと、

次になにをやるべきなのかが分かるから。

脳内フレンド
脳内フレンド
だから頭がいい人は行動をいちいち呟いたりするんだよね。

独り言が多い人は頭の回転が速い?

独り言が多い人は頭の回転が速いと言われている。

これはなぜなのか?

そもそも独り言というのは、思考の整理のために無意識に呟いてしまうもの。

だから、頭の回転が速いのは当然とも言える。

とはいえ、すべての【独り言が多い人】がそうだという訳ではない。

じゃあその本当の頭の回転が速い人と遅い人の違いはなんなのか?

それは、「思考の整理をしている」という自覚があるかどうか。

つまり、「独り言にはメリットがある」ということを知っていながら独り言を喋る人こそ、本当に頭の回転が速い人。

逆に言えば、自覚なくただぶつぶつ呟いている人はただの【かまってちゃん】で、

別に頭の回転が速いわけではない。

特に、40歳以上のおじさんやおばさんは、

自分の独り言を誰かに聞いてもらいたいからブツブツ言っているケースも多い。

そうではなく、意図的に頭の整理をしようとしている独り言が多い人は、

やっぱり要領がいい。

脳内フレンド
脳内フレンド
ようはうまく生きていく才能があるんだよね。

独り言が多い人の心理

じゃあここからは、独り言が多い人の心理について、4つ解説していくよ。

寂しい

独り言が多い人の心理の1つ目は、寂しいということ。

日頃から孤独感を感じている人は、それを紛らわす目的て独り言をつぶやいていることも多い。

この独り言には

「寂しいから誰か話し相手になって!」

という隠れたメッセージが込められているんだよ。

集中しなきゃ

独り言が多い人の心理の2つ目は、集中しなきゃということ。

「今、自分は集中できていない」

と気づいている人は、無理やり集中するために独り言を言うこともある。

これは自分を奮い立たせているのと同じで、

眠いから頬っぺたをたたいているようなもの。

一見、なんてことないようなことのように思えるけど、

実は効果は絶大。

脳内フレンド
脳内フレンド
集中力が増すのは、科学的に認められているよ。

めんどくさい

独り言が多い人の心理の3つ目は、めんどくさいということ。

めんどくさがりな人は、

  • 退屈

という感情がきっかけで独り言をつぶやく。

脳内フレンド
脳内フレンド
何か刺激を欲している状態だということだね。

自分で自分に語り掛けたり、

好きなフレーズを口ずさんだり、

意味の無い言葉を垂れ流したり、

言わば究極の暇つぶしに近いかもしれないね。

楽しい

独り言が多い人の心理の4つ目は、楽しいということ。

独り言をつぶやくことで、自分の世界に入り浸っている人もいる。

これは独り言というよりも、妄想に近い。

脳内フレンド
脳内フレンド
現実逃避をしているんだよね。

とはいえ、これは別に悪いことではない。

文面だけ見るとなんだかアホっぽいが、

頭のいい人も、妄想世界に入ることはよくあるよ。

独り言が多い人の性格

ここからは、独り言が多い人の性格について

また4つ解説していくよ。

行動力がある

独り言が多い人の性格の1つ目は、行動力があるということ。

独り言で思考を言語化している頭がいい人は、考えながら行動している。

普通の人は

「次はどうすべきか」というのを考えて落とし込んだ後に行動に移し勝ち。

でも頭がいい人は、今やっていることを客観的に見ることができるので、

「今後はどうすべきか」と先のことまで考えている。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ、取り組むのも早いし要領もいいんだよね。

内向的

独り言が多い人の性格の2つ目は、内向的ということ。

あまり人前で、自分の世界を見せることはしない。

脳内フレンド
脳内フレンド
演技で人と関わることは得意だけど、素の自分を見せないんだよね。

だから、職場内とプライベートではキャラが全然違うということも多い。

性格的に合わない人とは、とことん関わりたがらないよ。

細かいことは気にしない

独り言が多い人の性格の3つ目は、細かいことは気にしないということ。

独り言を言うのは人に聞かれるリスクがある。

でも、そのリスク自体を気にしていない人が多い。

「聞かれていたら聞かれていたで別にいいや」

と考えているんだよね。

職場で何かトラブルが起きても、冷静に対処することもできる。

脳内フレンド
脳内フレンド
小さなミスで心が折れることもなく、いつも平常心で過ごしているよ。

ストレスの解消が上手

独り言が多い人の性格の4つ目は、ストレスの解消が上手ということ。

例えば人間関係がこじれた時も、あまり落ち込まない。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事が長引いて、肉体的な疲労がたまっていたとしても、精神的には安定しているんだよね。

だからこそ、

  • 睡眠を取る
  • 趣味を満喫する

というシンプルな方法で、ストレスは解消できる。

翌日に疲れを持ち越さないスタイルで、生活ができているんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする