仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴|抑えられないのを直したい!

世の中には、仕事中にイライラしたとき、

態度に出てしまう人が一定数存在する。

脳内フレンド
脳内フレンド
ダメだって分かってるのに抑えられないんだよね。

直したいのに、直せない。

帰ったら【一人反省会】の繰り返し…

そんな人の為に、この記事では、

  • 仕事でイライラが態度に出てしまう人について
  • 仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴
  • 職場でイライラが抑えられない原因
  • 態度に出てしまうのを直したい!
  • 仕事でイライラが態度に出てしまう人は未熟?

について超具体的に解説していくよ。

仕事でイライラが態度に出てしまう人について

仕事中にイライラするのは誰でも同じ。

でもそれが態度に出てしまう人

上手に隠せる人がいる。

じゃあなぜイライラを抑えられないのか?

結論から言うと、自分の感情を優先してしまうから。

例えば、普通の人は仕事中に何か不満があったとき、その不満を自分の頭の中で処理する。

でもイライラが態度に出てしまう人は、

外に向けて発散することで不満を解消する。

脳内フレンド
脳内フレンド
なぜなら感情のコントロールが苦手だからね。

つまり、職場での自分の印象を守るよりも、

「一刻も早く、この不満を解消したい」

という欲求が、優先になっている。

だからこそ頭に血が上ったときには、周りの目が気にならなくなっちゃう。

下の記事でも解説されている通り、

いい人のフリをしていても本当は恐ろしい人間なんだよね↓

この辺の関連記事はこちら
⇒いい人のフリをして実は恐ろしい人間の特徴

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴

じゃあここからはさらに具体的に、

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴をぜんぶで5つ解説していくよ。

疲れやすい

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴の1つ目は、疲れやすいということ。

つまり、精神的な疲労。

特にストレス耐性がない人は、

自然とイライラが態度に出てしまう。

脳内フレンド
脳内フレンド
毎日の仕事のなかで、かかる負荷が普通の人より多いんだよね。

なので日頃から

「休日が足りない」と考えていることも多いよ。

感情が豊か

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴の2つ目は、感情が豊かということ。

喜怒哀楽の感情が普通の人よりも激しい。

つまり感受性が高いということ。

例えば仕事で何かトラブルが起きた時、

それをいつまでも引きずってしまったりする。

クヨクヨといつまでも悩んで、

怒り悲しみから解放されないんだよね。

ちなみにすぐ怒る人は頭が悪いと言われているよ↓

余裕がない

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴の3つ目は、余裕がないということ。

とにかく、いつも追い込まれている。

それは人間関係だったり、仕事そのものだったり…

だから毎日、職場に向かうときはまるで戦場に向かうときのように覚悟を決める。

脳内フレンド
脳内フレンド
緊張の連続なので、メンタル管理が行き過ぎていることもよくあるよ。

完璧主義

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴の4つ目は、完璧主義ということ。

職場では常に完璧を求めてしまう。

そしてテキトーな人が許せない。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分の中での理想が高すぎるから、無駄に疲れるんだよね。

完璧主義者の人が完璧にこなせない自分を実感すると、

自己嫌悪になったりしてイライラするんだよね。

ちなみに下の記事のでは、不機嫌を表に出す人の心理について解説されてるよ↓

プライドが高い

仕事でイライラが態度に出てしまう人の特徴の5つ目は、プライドが高いということ。

・「職場ではみっともない姿を見せたくない」

・「誰にもバカにされたくない」

などと考えている。

もしプライドが傷つくようなことがあれば、

「これは自分のせいじゃない」

と、アピールするためにイライラを態度に出してごまかすんだよね。

職場でイライラが抑えられない原因

じゃあそもそも、職場でイライラが抑えられないのはなぜか?

具体的な原因を4つ解説していくよ。

疲れが解消されてない

職場でイライラが抑えられない原因の1つ目は、疲れが解消されてないということ。

仕事でたまった疲れが、家で解消しきれていない。

疲れが毎日積み重なっている状態で、

精神的にも限界を迎えている。

だから気持ちの余裕も無くなり、

ちょっとしたことですぐにイライラしていしまい。

脳内フレンド
脳内フレンド
自然とそれが態度に出ちゃうんだよね。

プレッシャーに弱い

職場でイライラが抑えられない原因の2つ目は、プレッシャーに弱いということ。

プレッシャーに弱い人は、普通の人が

「これくらい耐えられる」

と感じるようなストレスでも、

すぐに限界を感じてしまう。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからイライラが抑えられなくなる沸点も低く、すぐに感情が暴走してしまうんだよね。

人間関係が悪い

職場でイライラが抑えられない原因の3つ目は、人間関係が悪いということ。

職場で仲が悪い人がいたり、嫌いな上司がいたりすると、無駄に気を使う。

「自分の態度が誰かに見られているんじゃないか」

と疑心暗鬼になったりするんだよね。

そして意識すればするほど、ストレスが限界を迎える。
脳内フレンド
脳内フレンド
そのイライラを解放するために、態度に出してしまうんだよね。

気持ちの切り替えができない

職場でイライラが抑えられない原因の4つ目は、気持ちの切り替えができないということ。

例えば、仕事でミスをしてしまった時、

普通の人ならすぐに気持ちを切り替えて

ポジティブになれるところを、それができない。

こういう人は、イライラをずっとため込んだまま職場で過ごす羽目になる。

でもいつまでもそのイライラを隠し通せるワケもなく、

いずれ態度に出てしまうんだよ。

態度に出てしまうのを直したい!

じゃあ、イライラが態度に出てしまうのを直したい人のために、対処法を3つ解説していくよ。

顔つきを意識する

態度に出てしまうのを直したいときの対処法の1つ目は、顔つきを意識するということ。

職場で過ごすときには、常に

「自分が今どんな表情をしているのか」を意識する。

脳内フレンド
脳内フレンド
そうすれば周りからの印象も変わってくるよ。

表情を意識すれば、自分の言動も自然と丸くなり、

ポジティブな気持ちになれるはず。

ちなみに下の記事では、男よりかっこいい女の特徴について解説してるよ↓

言葉遣いに注意する

態度に出てしまうのを直したいときの対処法の2つ目は、言葉遣いに注意するということ。

その人がイライラしてるかどうかは、

言葉使いで気付かれるケースが多い。

つまり、逆を言えば言葉遣いさえ気を付けていれば、たとえイライラしていても、それを隠すことができる。

イライラしているときこそ、意図的に優しい言葉を使うなどして、

周りの人に、自分の印象を植え付けることが重要。

広い心を持つ

態度に出てしまうのを直したいときの対処法の3つ目は、広い心を持つということ。

たとえ職場で不満があっても、それをグッとこらえて、

許す心を持つようにしよう。

脳内フレンド
脳内フレンド
ただし、不満をため込みすぎるのは良くないよ。

だからイライラを態度に出してしまう前に、

自分なりのストレス解消法を持っておこう。

仕事でイライラが態度に出てしまう人は未熟?

「仕事でイライラが態度に出てしまう人は未熟」

という話がある。

果たしてこれは本当なのか?

結論から言うとウソ。

全然未熟ではない。

確かに、ちょっとしたことですぐにイライラしている人を見ると

「子供っぽい」という印象を受けるかもしれない。

でもそれは、自分の感情を抑えていないからであって、

抑えようと頑張っている人は決して未熟ではない。

むしろ自分なりに現状を変えようと努力している人なので、

未熟どころか、意識が高い人であるケースは多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
とはいえ、周りからの評価は【未熟な人】だと思われがちだよね。

なので、報われないけど仕方がない。

その報われない自分すら、納得できなくてイライラするかもしれないけど、その感情も表に出してしまえば、未熟になってしまう。

少なくともこの記事にたどり着いて、

ここまで読んでくれた人は、

【現状を変えようと努力をしている人】なので、

自信を持って仕事を続けてみよう。

ただし…

下の記事では、働きすぎるとどうなるかを解説してるよ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする