おっとりしてる女性ほど芯が強いって本当?|職場でふわふわしてるのに実は気が強い!

世の中には、おっとりしているように見えて実は芯が強い女性が多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
ふわふわしているようで、実は意志が強いんだよね。

嫌なことは「いや」とはっきり言えたりもする。

じゃあなぜ芯が強いはずなのに、普段はおっとりしてるのか?

この記事では

  • おっとりしてる女性ほど芯が強い?
  • おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴
  • おっとりしてる女性ほど芯が強い理由
  • 職場でふわふわしてるのに気が強い!

などについて、超具体的に解説していくよ。

おっとりしてる女性ほど芯が強い?

【おっとりしてる女性ほど芯が強い】と言われている。

これ本当です。

逆に言えば、芯が強い女性ほどおっとりしてるんです。

それはなぜか?

結論からいうと、余裕があるから。

余裕のある女性は、わざわざ

  • 気を引き締めなきゃ
  • 集中しなきゃ
  • 嫌われないようにしなきゃ

という心理でいる必要性がない。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ、なるべく楽に生きるんだよ。

じゃあどうやって楽に生きているのか?

それは【おっとりしてる自分】という印象を周りに与えるということ。

つまり、自分のキャラを浸透させている。

もちろんすべてが演技というわけではない。

でもめんどくさがりな性格な女性や、

コミュニケーションが苦手な女性は、

意図的におっとりしてる自分を誇張しがち。

結果的にこういう人は、

本当は芯が強いのに、周りに流されて生きていく道をえらんでいる。

脳内フレンド
脳内フレンド
こう聞くと【特殊な人】っぽいけど、実はこういう女性って世の中に沢山いるんだよね。

ちなみに、頭が悪い人は芯が弱いので余裕もない。

下の記事でも解説している通り、すぐ怒ることも多いよ。↓

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴

じゃあここからはさらに具体的に、

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴をぜんぶで6つ解説していくよ。

自分の感情を隠すのが得意

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の1つ目は、自分の感情を隠すのが得意ということ。

もしもイライラした気持ちを持っていたとしても、

それを表に出すことはない。

そして、周りに絶対バレることがない。

なぜなら、徹底的に素の自分を隠し通すから。

だからこそ常に演技をしながら生活をしている。

脳内フレンド
脳内フレンド
【本当の自分】というのが分からなくなっている女性も多いよ。

修羅場を経験している

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の2つ目は、修羅場を経験しているということ。

これまでの人生で、何度も過酷な環境を味わってきた。

だからこそ、そんじゃそこらのトラブルでは動揺しない。

特に、人間関係には強い。

例えば、誰がと誰かが陰口を言い合っている時でも、

的確なタイミングでどちらとも会話をし、

どちらとも対立せずに立ち回る。

脳内フレンド
脳内フレンド
くぐってきた修羅場の数が違うからこそ、いつでも冷静に対処できるんだよね。

だからこそ、おっとりしている人は頭の回転が速いとも言えるね↓

味方が多い

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の3つ目は、味方が多いということ。

人間関係の立ち回りがうまいからこそ、味方が多い。

ただ、人脈が広いけど自分がリーダーシップをとることはない。

勝手に自分の周りに人が集まってくるだけ。

とはいえ人との距離が近くなりすぎるのが嫌なので、

付かず離れずの距離を常に維持している。

脳内フレンド
脳内フレンド
一人になりたいのに一人になれないこともあるね。

人の気持ちが分かる

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の4つ目は、人の気持ちが分かるということ。

相手が何を考えているのかを察する能力が高い。

だから相手が本性を隠していたとしても気付くことができる。

なので、人から嫌われることも少ない。

脳内フレンド
脳内フレンド
適格に相手から喜ばれる言動だけを見せることができるんだよね。

ただし友達(フレンド)敵(エネミー)の中間である【フレネミー】からは狙われやすいという特徴もあるよ。↓

疲れにくい

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の5つ目は、疲れにくいということ。

メンタルのコントロールも得意。

普通の人が落ち込んでしまうような出来事が起きても、割と平然としている。

どんなに大変な1日だったとしても寝ればすぐに回復する。

つまり精神力があるからこそ、疲れにくいということ。

性格をコントロールできる

おっとりしてるのに芯が強い女性の特徴の6つ目は、性格をコントロールできるということ。

【素の自分】というのを偽りながら過ごすのが得意。

脳内フレンド
脳内フレンド
時と場合によって、真面目な自分とテキトーな自分を切り替えながら生きているよ。

相手によっても自分の性格を切り替えるので、

自分の印象が人によって違うという状況にもなりがち。

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由

じゃあここからは、おっとりしてる女性ほど芯が強い理由を全部で5つ解説していくよ。

余裕があるから

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由の1つ目は、余裕があるからということ。

先ほども解説した通り、余裕のある女性はそれだけ気を張り詰めていない。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり自由なモチベーションで生活できるということだね。

時には意識高い系の女性として、

時にはふわふわしたアホっぽい女性として、

自分の好きなタイミングでキャラを切り替えながら生きていけるんだよね。

「そんなことしたら、多重人格に見えて周りからの信頼も失うんじゃないの?」

と思われるかもしれないけどそんなことはない、

なぜなら、人間関係の立ち回りがうまいから。

人の気分を害することなく、波風をたてないように生活するのが得意なんだよ。

逆に不機嫌を表に出す人の特徴については、下の記事で解説してるよ↓

自分を優先できるから

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由の2つ目は、自分を優先できるからということ。

自分を優先できるということは言い換えれば、幸せになる能力が高いということ。

普通の人は

  • 誰かに嫌われないかな?
  • エゴだと思われないかな?

などという心配をしてしまう。

だから自分優先ではなく、他人優先の選択をしながら生きてしまいがち。

でも芯が強いからこそ、

自分を優先するべきタイミングでは迷わず自分を優先する。

脳内フレンド
脳内フレンド
普段はおっとりしていても、そこら辺の判断はシビアに出来るんだよね。

精神的に大人だから

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由の3つ目は、精神的に大人だからということ。

世の中には、大人になっても子供のような性格、価値観の女性が多く存在している。

でも芯が強い女性は、過去の経験から学んでいることも多く、

まるで悟りきっているかのような立ち振る舞いを見せる。

だからむやみに主張したり、マウントをとったりすることもない。

どちらかというと、めんどくさいことには自らクビを突っ込まないタチ。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ、【おっとりしている女性】という印象を相手に与えるんだよね。

正義感が強いから

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由の4つ目は、正義感が強いからということ。

間違っていることには

「間違っている」とはっきり言える。

だとえそれが、自分よりも強い相手に対してだとしてもビビらない。

なぜなら、自分の判断に自信があるから。

脳内フレンド
脳内フレンド
必ず誰かが自分の味方をしてくれるということが、あらかじめ分かっているんだよね。

ストレスに強いから

おっとりしてる女性ほど芯が強い理由の5つ目は、ストレスに強いからということ。

多少の逆境は、ニコニコしてるだけで乗り越えられる。

この辺の関連記事はこちら
⇒いつも笑顔の人は過去に何かあった人?

何か不満があっても、自分の脳内だけで納得できる力があるんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり、それだけストレス耐性が高いんだよ。

ストレスの解消も上手で、吐き出すときとため込むべきタイミングを知っている。

だからこそ、芯が強いのにおっとりしてる女性に見えるんだよね。

職場でふわふわしてるのに気が強い!

ここからは私の体験談。

実は私自身、普段はふわふわしてると周りに良く言われるよ。

でも、実は気が強い女だということを自覚している。

これは、たぶん私のこだわりの強さが原因だと思う。

自分の中で絶対にゆずれないことと、

我慢できることが明確に分かれているんだよね。

じゃあその線引きはなんなのかというと、私自身の居心地がわるくなるかどうか。

例えば、私が職場で陰口をいわれていたとする。

でも、基本的には気にしない。

気付いていないフリをする。

だから周りからはふわふわしてる女性なんだという印象を与えているんだよ。

でも私に実害が及ぶような嫌がらせをしてきた場合は別。

はっきりと「やめてください」と言える自信がある。

なぜなら、実害が及ぶということは、それだけ職場の居心地がわるくなるから。

つまり、我慢できないことに対しては、芯が強いところを見せて、

とことん戦う覚悟がある。

世の中には、私と同じように普段はふわふわしてる女性だけど、芯が強い人も多いはずだよ。

ただし、下の記事でも解説している通り、

上司からは「扱いにくい」と思われてるかもしれないね。↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする