仕事に対して気持ちが切れたら退職した方が良い?【選択肢は2つだ】

あなたは仕事に対して「気持ちが切れた」と感じた事はないだろうか?

伊藤
伊藤
気持ちが切れるとモチベーションも上がらないし、精神的にかなりしんどいんだよね。

でも仕事を辞めたとしても「この先どうなるんだろう…」っていう漠然とした不安を感じるし、

だからといって、気持ちが切れた状態で仕事を続けるのも辛すぎる。

この記事では、気持ちが切れた人は一体どうすれば良いのか?というのを超具体的に解説していこうと思う。

仕事に対して気持ちが切れたら退職する?

仕事に対して気持ちが切れたら退職した方が良いのか?と言う話だが

結論から言うと、選択肢としてはどちらも【あり】だ。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ悩むのは当たり前で、人によって判断も変わってくるんだね。

でも【退職する】のも、【退職しない】のもありだと言われたところで、自分は一体どうすれば良いのか悩んでしまう人も多いと思う。

そういう時は、その選択をしたことで自分の今後の人生がどう変化していくのかを想像してみると良い。

例えば、気持ちが切れた今の状態で仕事を続けたら「いつかはメンタルが壊れてしまうかも」という不安が強いのであれば退職した方が良いし、

その不安よりも仕事を辞めた先に待っている「次の職場でうまくやっていけるのか」という不安のほうが強いのであれば退職しない方が良い

伊藤
伊藤
つまり、どちらの不安が強いのかを天秤にかけると言うことだね。

退職するにしても退職しないにしても必ずデメリットは発生する。

実際に行動してみないと分からないことも多いだろう。

だからこそ、あなたが現在持っている判断材料を駆使して決めるしか方法は無いだろう。

僕の実体験

ここまで聞いて

「そんなこと言われなくても分かってるよ!」

「自分で決められないからこの記事を読んでいるんじゃないか!」

と感じた人もいるだろう。

では実際に僕のが経験した、仕事に対して気持ちが切れた時の体験談をちょっと話していこうと思う。

伊藤
伊藤
実は僕も過去に、仕事に対して気持ちが切れたことがあったんだよ。

きっかけは上司から嫌がらせを受けたことで、【職場の居心地】が悪くなったこと。

「このまま一生この職場で過ごさなければならないのか…」と考えると毎日憂鬱になっていた。

最初は「それでも頑張らなくちゃ」と気合を入れて何とかやっていけたんだけど

徐々に「もうどうなってもいいや」と投げやりになって、仕事が無気力になっていったんだ。

このままじゃいけないと感じた僕は

  1. 無理やり今の職場を続けてみる
  2. 退職をすることで気持ちを切り替える

という2択を選択することになった。

伊藤
伊藤
どちらにしても、絶望的な未来のような気がして正直人生に萎えていたんだよ。

でも絶対にどちらか選ばなきゃ先には進めないので、僕は2番の【転職をする】ことを選択したんだ。

なぜ退職をすることを選んだのかと言うと、僕はこれが【攻め】だと思ったから。

よく「仕事から逃げても良い」という話を聞いてたことがあるけど 、僕にとっては今の仕事を続けることが【逃げ】で、退職をするという選択をするのが【攻め】だと感じていた。

どうせ一度きりの人生だし、逃げるよりも攻めて砕け散ったほうが、なんだかかっこいいと思ったから、僕が退職をすることにした。

その当時は不安に押しつぶされそうだったけど、「数年後は今の自分の事なんて笑えるようになってやる」と意気込んでもいた。

結果的にその時働いていた職場とは、全く別の職種の違う世界に転職したのだが、いかに自分が井の中の蛙だったことを実感したんだ。

「【仕事が辛くて当たり前】という価値観は間違っていたんだな」と悟ったんだよね。

伊藤
伊藤
転職先が自分に合っていたのもあると思うけど、想像以上に人生は楽しいものなんだなと気付かされたよ。

もちろん僕のように誰しもが転職で成功するわけではないと思うが、少なくとも退職することで今よりも精神的に楽になれる可能性はある。

最初からその可能性を捨ててしまうのは、個人的にもったいないなと思う。

気持ちが切れた時に退職しない為には?

ここからは、少し視点を変えて仕事に対して気持ちが切れたときに【退職しないためにできること】を考えていこうと思う。

僕は【退職をする】という選択をしたが、冒頭に話した通り【退職しない】という選択も全然ありだと思う。

しかし、気持ちが切れた状態を維持しながら今の仕事を続けるのは正直かなりしんどいだろう。

ではどうすれば今の仕事を続けることができるのか?と言うと【演技をしない】と言うことだ。

僕は前の職場で働いていた時、自分の印象を良くしようと常に気を使っていた。

だからこそ気疲れすることも多く、「誰々に嫌われないようにしなきゃ」と人間関係の立ち回りに悩んでいたんだ。

でも自分の印象を良くするための演技はせずに、【ありのままの自分】で職場で働くことができたら仕事を続けられたんじゃないかと思う。

今となっては退職をして正解だったとは思うけど、もし当時の僕が「そういう判断ができたのだとしたらどうなったんだろう?」と気にはなる。

伊藤
伊藤
とにかく仕事を続けるためには、まず職場に対しての嫌悪感を払拭しなければならない。

ちょっとでも良いから「仕事が楽しい」と思えるようになるために、素の自分を意識して働いてみてはいかがだろうか?

気持ちが切れた時にやるべき事とは

仕事に対して気持ちが切れたときにはやるべきことがある。

それは何なのか?と言うと、ズバリ【退職する準備】だ 。

仕事を続けながら転職先をある程度決めておくことで、将来に対しての不安も軽減されるんだよね。

【いつでも退職できる状態】というのを作っておけば、いざと言う時にスムーズに行動できるようになるし、気持ち的にも余裕が生まれる。

仮に【退職はしない】という判断にたどり着いたとしても、いつでも退職できる状況そのものが、モチベーションのアップにつながるんだよね。

「どうせ退職するんだからもう少しがんばってみようかな」

と思っているうちに、今の職場が居心地が良くなってきたりもするから試してみると良いよ。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする