新卒の地方配属は出世しやすいって本当?|地方に飛ばされるメリットを解説

「新卒なのに、地方に飛ばされる事になった!」

「全く新しい環境で働くなんて怖いし嫌だ!」

こんな不安を抱えたあなた!

脳内フレンド
脳内フレンド
地方に飛ばされても悪いことばかりじゃないよ。

むしろ、地方配属の方が出世しやすいなんて事も…。

この記事では

  • 新卒が地方に飛ばされるメリット
  • 新卒の地方配属は出世しやすい?
  • 新卒が地方配属された時の対処法

などについて、超詳しく解説していくよ。

新卒の地方配属について

「できることなら地方じゃなく、最初から本社に勤めたい」

初めての社会生活なんだから、慣れ親しんだ土地で働きたいと思うのは当然。

脳内フレンド
脳内フレンド
本社勤務って響きもカッコイイしね。

新卒で地方に飛ばされるなんて、不安で仕方がないよね。

でもね、地方に飛ばされるって意外とメリット盛り沢山なんだよ。

詳しく解説していくから、不安を和らげるのに役立ててね。

新卒が地方に飛ばされるメリット

チャンスが転がっている

地方は本社に比べて、断然働いている人が少ない

だから、自分が「やりたい!」と思ったことをやれる環境にある。

自分の実力を会社に示せるチャンスがたくさんある。

これは本社勤務の人にはないメリット。

本社勤務でも挑戦する機会はあるけど、人数が多いから回数は稼げない。

一方で、地方ならどうだろう?

  • 働いている人数が少ない
  • 職員も時間に追われてない
  • ギスギスした人間関係がない

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事に集中しやすい良好な環境で、自分のやりたい事が出来るよ。

これってスゴい有利な状況だと思わない?

自分でチャンスを掴み取る機会が多いのが、地方配属のメリットだよ。

経験豊富になる

地方配属の人は、本社勤務の人よりも多く経験を積めるよ。

地方勤務から本社勤務に移ることだってある。

数年地方勤務をこなせば、希望を出して本社に戻れることが多い。

地方でも本社でも経験があるというのは強みになる。

本社勤務だけの人とは、違った視点で考えることができるんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
多くの改善点を提示して、会社をより良いものにしていくことができるよ。

他とは違う経験や考え方を持った地方配属者。

そんな人は、会社にとって大切にされる存在となるね。

ちなみに下の記事では、

一般的に新人が仕事できないのはいつまでなのかについて解説してるからチェックしてみてね↓

一人ひとりと密接な関係を築ける

地方に飛ばされることは、決して悪いことばかりじゃない。

脳内フレンド
脳内フレンド
都心よりも人が少なくなるから、その分相手と密接な関係を築くことができるよ。

  • 上司と密な連携が取れる
  • 困った時に相談しやすい
  • 多くの人に気を遣わないで済む
  • お客様との信頼が得られやすい

といったメリットがある。

人数が少ないことで、人と人との距離がより近いものとなる。

本社勤めだとストレスになる事も、地方勤めだから回避できる部分もある。

人の入れ替わりが少ない地方なら、大切な新卒を大事に可愛がってくれるはずだ。

一人ひとりと深い関係が築ける点を、うまく活用していこう。

精神が鍛えられる

荒療治みたいなものだけど、精神的に強くなれるよ。

  • 地元でもない限り、1人っきりで新しい場所。
  • 新卒であれば社会生活にも慣れていない。

脳内フレンド
脳内フレンド
これほどストレスがかかる環境はないよね。

そんな中で半強制的に働かされることになる。

かなり精神的に苦しい状況だけど、メンタルを鍛える最強の環境とも言える。

特に最近の新人はメンタルが弱いと言われてるからね…↓

状況に呑まれてしまうか、いっそのこと楽しんでしまうか。

心の持ちようによって、大きな差が生まれる。

この環境を乗り越えられれば、相当なメンタルの持ち主になれるよ。

観光気分で地方を楽しめるくらい、図太い精神を手に入れよう。

新卒の地方配属は出世しやすい?

新卒で地方配属になれば、出世しやすいと言えるよ。

地方の方が自分の実力を試せる機会が多い。

会社に自分をアピールして、他の同期たちと差がつけられる。

新卒で地方配属されれば、他の新卒より出世しやすいコースに乗れている。

企業としても、いろいろな経験をしている方が貴重な人材

本社勤めだけのた人よりも、地方と本社どちらも経験している方が有利になる。

脳内フレンド
脳内フレンド
他の配属先の状況を知っている人ほど、会社にとって大事な人材となるよ。

まあ中には出世したくないのに出世する人もいるけど…↓

ただ、企業も嫌がらせで地方配属を決定しているワケじゃない。

じゃあここからは、会社側がどんな気持ちで新卒を地方配属にするか、説明していくね。

新卒を地方配属する際の会社側の気持ち

期待している

地方は人数が少ないから、その分1人あたりの仕事量も多い

必然的に、あなたが成長する環境にあるという事だ。

意識していなくても、日々の業務をこなせば仕事ができるようになっていく。

そうやって、地方配属によって知識や経験を蓄えてもらおうとしているんだ。

地方となればコミュニケーション能力も大切だ。

脳内フレンド
脳内フレンド
少人数の中で、うまく立ち回らなければ今後の仕事が立ち行かなくなるよ。

そうならないためにも、周りの人たちとうまく接する能力の向上も図っている。

つまりは、期待されてるってことだね。

経験を積ませたい

多くの経験を積ませて、今後会社にとって有益な人材となってほしい。

脳内フレンド
脳内フレンド
そんな思いを込めて、新卒であっても地方へ飛ばす選択肢を取ることがあるよ。

「なんでいきなり地方に飛ばされなきゃいけないの!?」

と不満を抱えるかもしれない。

でも、あなたに成長してほしいという思いがあってからこその決定だ。

決して嫌われてるとか、のけものにされてるとかいうワケじゃない。

むしろ良い意味で特別視されてると思っても良い。

地方配属は不安やショックが大きいけど、誇りを持って仕事に取り組んでいこう。

メンタルを鍛えたい

精神的に強くなってほしいという気持ちから、地方配属が決定されることもある。

1人で見知らぬ地に行くというのは、精神的負担が大きい

行ったことある場所なら良いけど、全く知らないところだと気が引けてしまう。

  • その土地ならではのルールがあれば従わなきゃいけない
  • 周りにある施設も一から調べなきゃいけない
  • 遊べる施設がないなら、楽しみを見出だせる何かを見つけないといけない

それに加えて、仕事もこなさなくちゃならないときたらもう大変だ。

脳内フレンド
脳内フレンド
やることがありすぎてパンクしちゃうよね。

その困難を乗り越えたらあなたの評価は爆上がりだ。

精神的に強くなって本社に戻ることになれば、大きな戦力となる。

メンタルを鍛え上げることは、会社からの評価に繋がるよ。

ただし、これがエスカレートしすぎると

【新人いびり】につながる可能性もあるから注意だね↓

新卒が地方配属されない方法

残念だけど、地方配属されない確実な方法は存在しない。

左遷的な地方配属であれば、日々仕事をこなしていれば回避できる。

脳内フレンド
脳内フレンド
ただ人事によるものは、こちらの意図でどうにかできるものでもないよ。

他の社員の異動に伴い、あなたの配属先が決まる可能性もあるんだ。

たとえ地方配属を望まなくとも、やむを得ずそうなってしまうケースもある。

どうしても地方配属を避けたいなら、全国転勤のない会社を探そう。

新卒が地方配属された時の対処法

実際に地方配属が決まったら、どう対処していけばいいんだろう?

いきなりの通告だったら、心がついていかないよね。

場合によっては新人研修の時点で地方配属が決定している事もある↓

でも、地方に飛ばされるからといって落ち込む必要はない。

捉え方によっては、地方配属が全然違ったものになってくる。

脳内フレンド
脳内フレンド
本社には本社の良さがあるし、地方には地方の良さがあるよ。

  • 都心では得られないような、人の温かみを感じられる
  • 少人数の職場で集中して仕事に取り組める
  • 本社にいる同期よりも、多くのチャンスに恵まれている

地方勤務の楽しみを見出すのも、仕事のうち!

クヨクヨ悩んでても仕方ないから、楽しいことを考えよう。

地方配属されたからこそできる体験を、たくさんしていこう。

まあどうしても嫌なら退職というのも一つの手だけど、

新卒で退職した末路は悲惨だから、あまりおススメはしないよ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする