新人が仕事できないのはいつまで?|新入社員が職場で活躍できるまでの期間とは?

新入社員って、基本的には

【仕事出来ないのも当たり前】とみなされるよね。

これは新人の特権!

脳内フレンド
脳内フレンド
でも一般的に、新人が仕事できないのはいつまでなのかな?

この記事では、そんな不安を解消するために、

新入社員が活躍できるまでの平均的な期間や心得を解説するよ!

新人が仕事できないのはいつまで?

職種や職場にもよるが、新人が仕事の流れをマスターするためには、

半年から1年はかかると考えておいてほしい。

脳内フレンド
脳内フレンド
だから、仕事できない自分に不甲斐なく感じても、落ち込む必要はないよ。

新入社員がすぐに仕事出来ないのは当たり前。

だから、気負いする必要はないんだ。

ただし!ショートスパンで見れば、1ヶ月でできること、3か月でできることもある。

だから、月単位で目標をもって着実に学んでいくようにするといいね。

でも、そうは言っても、

「そろそろ新人って考えは通用しないよ?」

と言われちゃうかもと、心配にもなるよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
ただ、職場の先輩たちだって、同じような時期があったんだよ。

不安になった時は、信頼できる先輩に

「仕事できなかった期間はどのくらいでしたか?」

と、参考に聞いてみるのも良いんじゃないかな!

新人が仕事できないとどう思われる?

新人の頃は仕事できないのも当たり前!

一般的に、新人は仕事できないのは当たり前だと思われる職場は多い。

職場の先輩も様子を見ながら、仕事を教えてくれたり、振ってくれたりしているはず。

だから、できて当たり前の仕事からスタートするし、【仕事できないのも当たり前】という許容があるんだ。

少しずつ、

「職場に馴染んでできるようになってくれたらいいな~」

という期待はあるけど、急がせる気はないだろうから安心していいよ。

いつまでも同じ内容で失敗するのはダメ

何度も同じことで失敗しているようなら注意が必要。

普通、新入社員にいきなり相当な難しい仕事をさせられることは、まず無い。

脳内フレンド
脳内フレンド
そんな中で、ミスを繰り返すのは、要注意新人として見られる可能性が高いね。

仕事できないのは当たり前と言えども、それに甘んじてはいけない。

目に余る失敗には通用しないから。それは、しっかり肝に銘じておこう。

新入社員だからって、なんでも許されるってわけでもないし、新人だろうが、一般常識として知っているべきこともある。

もし、専門職に就いたなら

「知っているのが当たり前」と思われることも出てくる。

それを知らなかったり、間違えてばかりだとしたら、

「新人だから」では済まない。

しっかり覚えて、同じ間違いをしないように努めるといいね。

一度教わったら次はやれるように

教えたことを、習得できていない場合は、少しガッカリさせてしまう。

脳内フレンド
脳内フレンド
職場では一度教わったことを、次に活かせているか見られているんだよね。

だから、【何度も聞かないとできない】というのは、新人だろうが快く思われない。

うっかりミス、ちょっとした不明点は慣れるまで起きるのは、先輩もわかっている。

しかし、問題は【覚える気】の有無。

たとえば、教わっている時にしっかりとメモを取っているかどうか。

メモも取らずに、聞いてばかりいるのは問題だ。

それに、ただメモを取ってさえいたらいいという訳ではない。

言われたことをメモはしているのだけど、

  • 要点を理解していない
  • 実用性のないメモ
  • 見直してもわからない

こんなことでは意味がない。

しっかりと、わからないことは教えてもらった時に聞いておこう。

職場の教育環境を疑われる

社外の人・取引先の人からしたら、新人かどうかなんて関係ない。

もちろん、社外の人から、

「新入社員なの?頑張ってね!」

なんて応援してくれることもある。

脳内フレンド
脳内フレンド
ただ、取引先の相手がみんな、そのように温厚な対応をするわけではないよ。

急いでいる時に、

「新人だから答えられない」

となると、

「職場の教育環境どうなってるんだろう…」

なんて思われることはよくある。

いつまで経っても新人に成長が見られないと、取引先から「頼りないな」と感じられることもある。

だから、対応力はつけないといけない。

自分の行動・対応が、会社の顔になっていることも、しっかりとわきまえておくようにしたいね。

新人が早く仕事を覚える方法

必ずメモを取って要点を覚える

先にも触れたけど、一度職場で教わったことは、忘れないようにメモを取ろう。

ただ、なんでもかんでも言われたことを書いているだけというのは、自己満足に過ぎない

ポイントは

  • 先輩の説明をしっかり理解しながら要点をメモする
  • 専用端末の操作方法などは、操作の順番をメモして覚える
  • 作業の今後のフローをイメージし、紐付けてメモをとる

そのメモを見直して、分からなかったことは、その日のうちに、

もう一度聞いておくようにすれば、

「覚えようとしてくれているんだな」という印象も与えられるしね。

脳内フレンド
脳内フレンド
後から「実は分かっていませんでした」となるのは、仕事の覚えを遅らせる原因になってしまうんだ。

新人だから

「後でもう一度教えてくれるだろう」という考えは捨てよう!

一連の流れを理解する

最初は点の知識かも知れないが、点がつながると線になる。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり、最初のうちは理解できないことでも、しっかりとその知識を連動させていくようにしよう。

これは仕事を理解する・要領よくこなすポイントでもある。

新人の頃は、その流れがわからないのは当たり前だけど、やっているうちに、

「この次はこうなって、こうして…」

ということが、少しずつ理解できてくるだろう。

脳内フレンド
脳内フレンド
どういう流れで仕事が進むかを理解しているだけで、仕事の質は飛躍的によくなるよ。

それに、そうしているうちに、

「こうした方がやりやすいんじゃないか?」

という工夫もできるようになる。

すると、先輩たちともポジティブな会話ができるようになってきて、信頼も得られるようになってくるんだよ。

与えられた仕事は確実にこなす

与えられたことは、しっかりとできるようになろう。

いくら全体のフローを理解していても、今やるべきことをこなせないのは良くない。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事できないのが当たり前とはいえ、最低限の自覚は忘れてはいけないんだよね。

それに、

「これだけ覚えたら、もう仕事は覚えたぞ!」

というおごりは、職場ではNGだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
知らない作業や経験したことのないことだって、この後多々出てくるからね。

経験を積んでこそ自信につながる。

だから、今目の前の経験を、着実にものにしていくことを優先してみよう。

新人が仕事できない時の対処法

素直に聞く姿勢を持つ

わからないことは、素直に聞くようにしよう。

「今、先輩忙しそうだから聞けないな…」

ってタイミングもあるだろうし、

何度も聞いたら申し訳なく感じることもあるだろう。

それにあまりに聞いてばかりだと、

「いつまでも自立できない新入社員って思われたらどうしよう」

と、不安になることもあるよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
わからないまま聞かないでなんとなく過ごしてしまうのは、とても危険だよ。

「なにも言われないから大丈夫だったんだろう」

と、そのままやり過ごしてしまわないようにしてほしい。

なぜなら、そのちょっとしたわからなかったことが、

あとあとの仕事の理解の大きな妨げになることだってあるんだ。

それに、なにも言われなかっただけで、実は後から問題になることもゼロではない。

先輩は、新入社員は仕事ではないのは当たり前と思ってくれているんだから、わからないなら聞いて欲しいんだ。

大丈夫、先輩は聞いてくるのは当たり前と思ってるから、

どんどん聞いていこう!

決してわからないまま進めないように。

早く活躍したいと思いつめない

  • 「早く活躍できるようになりたい!」
  • 「いつまでも仕事できない自分が嫌!」

と、先輩の活躍を見て、もっと早く一人前になりたい気持ちも出てくる。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、思いつめたところで、そう簡単に覚えられるものでもないよ。

「なんのためにこの作業をしているんだろう?」

と思うことも、しっかり意味があってやっているはず。

(たまに、本当に無駄な作業と思うこともあるけど)

段階を踏んで覚えていける作業もあるし、経験こそが武器になることもある。

だから、日々の積み重ねがあってこそ、活躍できるようになることは忘れないように。

  • 着実に覚える
  • こなす

しばらくはそれに専念するようにしよう。

同期の新入社員は仲間だ!

今の気持ちを共有できる、同期の仲間との関係を味方につけよう!

脳内フレンド
脳内フレンド
同期の新入社員の仲間も部署が違えば、活躍できるまでの期間が違うこともあるよ。

だから、仲の良かった新人仲間が先に一人前になって、職場で活躍する姿を目にすることもあるだろう。

でも

「あの人はあんなにやれてるのに…」

と、自分と比較して落ち込むのは良くないよ。

同期のメンバーは、一緒に頑張っていく同志!

先輩には話せないようなことでも、話し合える仲間でもある。

一緒に成長していくための、強い味方にしていこう。

短期的な目標を立てて実行

一人前になることを最終目標にして、そこに行きつくまでの

【ショートスパンの目標】を立てていこう。

これはとても大事なことで、成功体験を自分の中に積み重ねていける。

目標どおりにいっていないなら、そのショートスパンの目標に向けて、すぐに修正も対応もできるはずだ。

だから、こうやって自分を高める目標を設定して、自分を軌道修正していくんだよ。

職場で新入社員が活躍できるまでの期間

職場で一人前になって活躍できるには、半年、長くて一年と考えよう。

仕事には一年経験しないと完結しない作業もあるし、その時期にならないとやらない作業もあるし、数年に一度の作業もある。

脳内フレンド
脳内フレンド
だから、完璧に理解するというのは通年の作業をしてこそ分かるものだよ。

半年である程度の経験をしたらその後、先輩も

「イレギュラー案件などもやらせてみようかな」と考える

いきなり複雑な案件をやらせはしないからね。

そういう新人の状況を見て、先輩も仕事を割り当てているだろう。

半年でそこそここなせるようになった頃、イレギュラー案件もやって、初めて一人前に活躍できるようになると考えておくといいよ。

新人は仕事できないのは当たり前?

新人の頃は仕事できないのは当たり前だ。

初めてやることばかりなんだし、職場のルールだってあるから。

脳内フレンド
脳内フレンド
ただ、このくらいは一般常識だよって期待や、最低限できていて当たり前ってこともある。

電話の一本でも、緊張する人にとったら、会社の看板を背負っているし、プレッシャーになることもある。

だけど、緊張しない人、話が上手なタイプからしたら、電話も平気って人もいるわけだ。

コピー機だって、職場によって色んな違う機能のものがあるから、

「え!こんなに機能のついたコピー機わからない!」

って人もいるし、

機械が得意な人からしたら、抵抗もなく簡単に操作できることもある。

細かいことを挙げるときりがないけど、そういう得手不得手はみんなある中で、経験と慣れで覚えていくんだ。

だから、新入社員はいつまで経っても仕事出来ないのは当たり前というわけにはいかない。

それは、新入社員・新人だろうが、本人がしっかり自覚している必要がある。

  • 「少しずつ自分も職場で貢献できるようになりたい」
  • 「活躍してなりたい社会人になる!」

その心は忘れないように、楽しく自分磨きにもなる社会人生活を送ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする