労働組合は意味ない!【時代遅れ】機能していない理由は会社の言いなりだから?

労働組合の存在は無意味!

なぜなら時代遅れだから。

本来、労働組合は労働者の為にある組織のはず。

脳内フレンド
脳内フレンド
なのに、結局会社の言いなりなんだよね。

じゃあこの記事では

  • 労働組合は意味ない?
  • 労働組合が時代遅れな理由
  • 労働組合が機能していないのはなぜ?
  • 労働組合が会社の言いなりなのはなぜ?

などについて超具体的に解説していくよ。

労働組合は意味ない?

労働組合は、

  • 意味ない
  • 存在価値がない
  • 機能していない

などと、異常なほど言われている。

それはなぜなのか?

結論から言うと、会社の言いなりだから。

本来であれば、労働組合は会社の抑止力になるはず。

具体的には

  • ハラスメント
  • サービス残業

などなど、

でも労働組合のおかげで、これらが撲滅したという話は聞いた事がない。

脳内フレンド
脳内フレンド
これじゃあ、意味ないと思われるのは当然だよね。

むしろ

  • 「多少のハラスメントは我慢しろ」
  • 「サービス残業は当たり前」

という空気感は、どの会社にも存在している。

それなのに、さも

「労働組合は労働者の役に立っています」

という姿勢をアピールしているところが気に食わないんだよ。

意味ないと思っている人が多いからこそ、不満を抱えている人も多いんだよね。

労働組合が時代遅れな理由

そもそもなぜ

「労働組合は時代遅れ」と言われているのか?

それは、今の世の中は働き方が多様化してきているから。

一昔前の日本はまさに大量生産の時代。

物を作れば作るほど売れる、儲かる。

だからこそ、会社という組織は大きければ大きいほど良かった。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも令和に入ってから、その辺の概念は変わりつつあるんだよね。

言わば個々の時代。

やり方を工夫すれば個人でも効率よく稼ぐことができる。

だから、その【規模感の違い】が影響して、

経営者は労働者と対立する立場ではなくなってきているんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
これが労働組合が時代遅れだと言われている理由だよ。

本当に存在する意味ないんじゃないかな?

労働組合が機能していないのはなぜ?

じゃあこれほどまで、労働組合が機能していないのはなぜなのか?

ツイッターではこんな感じの意見があったよ↓

労働組合が会社の言いなりなのはなぜ?

ここまで、労働組合が意味ない理由について解説してきたけど、

ほとんどが、会社の言いなりになっているのがそもそもの原因。

じゃあ、会社の言いなりになっているのはなぜなのか?

より深堀りしてみよう。

最も多いケースは、会社に利用されているということ。

労働組合と言っても、結局は会社と対立する立場にはなれない。

リーダーは丸め込まれ、組織自体を職制にコントロールされる。

脳内フレンド
脳内フレンド
これが労働組合のよくあるパターンなんだよね。

だからこそ多くの人から

「労働組合は意味ない」

と言われ、反感も買う。

とはいえ、労働組合だってこの現状を変えたいと思っている人もいるはず。

でもたとえ会社と対立しても組織が機能してないから意味ない。

まさに負の連鎖。

時代遅れな労働組合だからこそ、この現状から抜け出すことができないんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする