【人を選んで挨拶する人の特徴】自己中心的で人見知りヤツが多い!

世の中には【人を選んで挨拶する人】というのが一定数存在している。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分だけが挨拶されないと「もしかして嫌われてるのかな?…」って不安になるよね。

この記事では【人を選んで挨拶する人の特徴】について超具体的に解説していきたいと思う。

人を選んで挨拶するのはなぜ?

そもそも人を選んで挨拶するのにはどんな意図があるのだろうか?

基本的に人を選んで挨拶する人には、以下の2パターンのケースが考えられる

  1. 意識して人を選んで挨拶している
  2. 無意識に人を選んで挨拶している

自分が意識して挨拶をするべき人を選んでいる場合は、とんでもなくひねくれた性格のゴミ虫のような人間だ。

【仲の良い人】や【気に入られたいと思っている人】には積極的に挨拶するのにも関わらず、「挨拶をしてもメリットはない」と考えている人に対しては意図的に挨拶をしない。

つまり、わざわざ自分で【人間関係の派閥】を作ろうとしていう事だ。

脳内フレンド
脳内フレンド
こういう人間がいるから、世の中に人間不信になってしまう人が出てくるんだよね。

次に無意識に人を選んで挨拶をしているケースでは、その人は挨拶の重要性というのを理解していない可能性がある。

そもそも挨拶と言うのは、見方を変えれば

【無料で利用できる人間関係を良好に保つためのアプリ】みたいなもんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
挨拶ってそれだけ便利なものなんだね。

既に仲の良い相手だろうと、苦手な相手だろうと、とりあえず挨拶さえしておけば敵にはなりにくくなる。

単純なことだが、それだけで自分の居心地が良くなるということだ。

挨拶は自分にとって100%得になる行動なんだ。

その挨拶をしないと言う事は、【めんどくさがり】を通り越してすでに【アホ】と呼べるくらいの領域まで達しているだろう。

人を選んで挨拶する人の特徴

ここからは、【人を選んで挨拶する人の特徴】をさらに具体的に解説していきたいと思う。

自己中心的

人を選んで挨拶する人は自己中心的な人が多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
「めんどくさいから」とか「時間がないから」などと、自分の感情を優先して行動してしまいがちなんだよね。

自己中な人間は、挨拶しやすい人にだけは自分からは挨拶して、それ以外は相手から挨拶してくるのを待つ人が多いよ。

人見知り

人見知りな人も、人を選んで挨拶しがちな傾向がある。

【挨拶をしてメリットがある人】と言うよりも【自分が話しかけやすい人】に対してだけに挨拶をするケースが多い。

このような人は、いつも

「自分が話しかけて大丈夫かな?…」という不安に怯えながら毎日を過ごしている。

プライドが高い

人を選んで挨拶する人というのは、とにかくプライドが高いケースも多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分より下の人間に対しては「絶対に挨拶しない!」という強い意志を持っているわけだ。

人間関係における立場をすごく重要視しており、会話の主導権を握りたがる人も多い。

集団生活が苦手

集団生活が苦手なタイプにも、人を選んで挨拶する人が多い。

自分が【他人からどう見られているのか】を常に意識して生活している。

「自分なんかが挨拶しても良いのだろうか…?」と疑心暗鬼になってしまっているわけだな。

自分から挨拶しないのはなぜ?

自分からは挨拶はしないけど、こちらから挨拶をしたら返してくれるタイプの人もいる。

このようなタイプの人は、どうして自分からは挨拶しないのだろうか?

これは別に挨拶をする相手に対して拒んでいるわけではなく、普段から相手から挨拶してくれるのを待っているんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり、自分から行動しないで甘えているんだね。

もしかすると

「結果的に挨拶できたのだから何も問題ないじゃん!」と開き治っているのかもしれない。

まぁどちらにしろこのようなケースでは、自分から挨拶しないからといって【嫌いアピール】をしているわけではないので、そこまで気にする必要はないだろう。

挨拶を返さない人の心理は?

こちらから挨拶をしたのに【挨拶を返さない人】の心理について解説していこう。

この場合はどちらかというと【嫌いアピール】の可能性が高い。

「私はお前のことが嫌いだから挨拶なんて返さないよ」と、行動で間接的にアピールしているという事だ。

たとえ嫌いな人でも、挨拶しておけばトラブルになるリスクを回避できるのに、わざわざ挨拶を返さないと言う事は「喧嘩がしたい」ってことなんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
こういう奴は、ドロドロした人間関係の争いを引き起こすトラブルメーカーな可能性が高いね。

誰にでも挨拶する人は出世する?

【誰にでも挨拶する人】は出世する

と言う話がある。

これは果たして本当なのだろうか?

結論から言うと別にそんなことはない。

【人を選んで挨拶をする人】でも【誰にでも挨拶する人】でも、仕事に影響する能力は変わらないので、出世すると言うのは間違いだ。

しかし挨拶をすることで、職場での人間関係が安定すると言うのは間違いない。

そういう意味では、上司と仲良くなって出世のきっかけになる可能性はゼロではない。

ただ、それよりも職場での居心地が良くなるから長続きして結果的に立場が上になるという言い方が正しいだろう。

いずれにしても、最初に解説した通り

【挨拶】と言うのはタダで利用できる、とても便利なものなので積極的に誰に対しても挨拶をするべきだと思う。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする