【挨拶しない人の真実】どんな心理で挨拶をしないのか?

あなたの身の回りには、異常に挨拶をしない人がいないだろうか?

脳内フレンド
脳内フレンド
学校や職場で挨拶しない人ってたまにいるけど、本当になんで挨拶しないんだろう?何か理由があるのかな?

この記事では【挨拶しない人の真実】を超具体的に解説していこうと思う。

挨拶しない人の真実って?

挨拶は最も手軽なコミニケーションの1つだ。

だからこそ便利であり、人間は様々な場面で挨拶をする。

特に学校や職場などの【限られた空間】では挨拶をしなかっただけで、その場を微妙な空気にしてしまう事もある。

伊藤
伊藤
挨拶されなかった人からは「避けられているんじゃないか?」と勘違いされがちだよね…

挨拶しない人は、知らずのうちに周りの人間に迷惑をかけている訳だ。

しかしそれでもなお、挨拶しない人は意図的に周りの人間に挨拶をしない。

脳内フレンド
脳内フレンド
そもそもどうして挨拶をしないんだろう?

挨拶しない理由に関しては、人によってかなり異なる。

単純に「めんどくさい」と思っているから挨拶しないこともあれば、信念を持って「絶対に挨拶しない」と覚悟を決めている人もいる。

まあ、どちらも厄介極まりない存在だが、どちらかと言うと信念を持って挨拶しないようにしている人の方が割合的には多い気がする。

脳内フレンド
脳内フレンド
変な人もいるもんだなぁ…でもどうしてそんな信念を持っているんだろう?

挨拶しない人の真実【実体験を解説】

ここからは、さらに具体的に【挨拶しない人の真実】を実体験を含めて解説していこうと思う。

伊藤
伊藤
はじめに言うと、実は俺は挨拶をしないタイプの人間だ。

学生時代には、先輩に挨拶をしなくて何度もトラブルになったし、社会人になってからは挨拶をしないことで、周りの人間から

「なんだよあいつ…」

みたいな感じでの目で見られた。

どうしてそんなことになってもなお挨拶しないのと疑問に思うかもしれないが、俺も別に周りの人間から嫌われたくて挨拶をしないわけじゃない。

伊藤
伊藤
むしろ俺は割とプライドが高い人間なので、「いろんな人から親しまれたい」という感情を抱いているんだ。

どちらかと言うと【広く浅く】いろんな人間と接するタイプの人間だな。

普通に考えればそういうやつは、誰にでも挨拶をして【話しかけやすい人間】を演じるかと思うが俺はそれができなかった。

何故かと言うと、挨拶をすること自体が恥ずかしいからだ

子供の頃から「挨拶は重要」とか「挨拶をしなければ社会では生きていけない」などと先生や親から教えられて育った。

伊藤
伊藤
当時からそこに対して疑問を抱いていたのだが、次第に挨拶に対して抵抗感を抱くようになっていたんだ。

挨拶をするのなんてアホらしいし真面目に挨拶をしているやつを見ると何故か見ているこっちまで恥ずかしくなったんだ。

ちなみに俺が嫌いなタイプの人間は【八方美人】な人だ。

自分を偽って人から好かれようとする行為が、なんだか無性に気持ち悪いと思えるんだ。

そう。

俺にとって挨拶をするのも、これと同じような感覚なんだ。

普段は挨拶をしないような人間に対して挨拶をすることや、上司や先輩などの自分より【立場が上の人】に対して挨拶をする事が、なんだか媚を売っているようで嫌なんだ。

だからこそ、俺はひねくれた【信念】を持って、どうしても必要な時以外は「挨拶しない」と決め込んでいる。

伊藤
伊藤
自分から挨拶をするのはもちろん、正直周りから挨拶をされるのも気に食わないんだよね。

特に、そこまで【親しくない人】から挨拶をされると

「別に自分と仲いいわけじゃないのに、挨拶の時だけ話しかけに来るのは変じゃないか?」

といつも思う。

  • おはようございます。
  • お疲れ様です。

これはどちらも大嫌いな言葉だ。

本当の自分はそんなに【丁寧な言葉】を使う人格をしていないのに、この言葉を使うだけで私は「挨拶がしっかりできる好青年ですよ」というアピールをしているみたいだ。

これに共感できる人は少ないと思うが、このように人によって様々な価値観を持っており【挨拶をしない人】は俺のようにひねくれた考えをしているのだろう。

これが俺にとっての【挨拶しない人の真実】だ。

どんな心理で挨拶をしないのか?

挨拶をしない人は、どんな心理で挨拶をしないのか、さらに具体的に解説していこう。

人見知り

人見知りな人間は自分から挨拶しないケースが多い。

つまり、誰かから挨拶をされなければ必然的に【誰とも挨拶をしない】ということになる。

「人見知りな人でも積極的に挨拶をした方が良い」というのはもちろん分かってるけど、恥ずかしくて自分からは話しかけられないという心理を抱えているわけだ。

甘えている

「挨拶をしなくても待っていれば相手から挨拶してくれるから大丈夫」

という心理で相手に甘えている可能性もある。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分に自信があるから「わざわざ自分から挨拶しなくても問題ない」と勘違いしちゃっているんだよね。

ナメている

相手のことをナメている人は挨拶しないことも多い。

「挨拶しなくても別に誰からも嫌われないだろう」とか

「こんな奴に挨拶しなくても何とかなるだろ」

などという心理を持っている。

上下関係が苦手

上下関係が苦手な人は、【そもそも挨拶をどうやったらいいのか】が分かっていない可能性もある。

上司や先輩に対してどうやって挨拶をしたらいいのか?

もしくは【部下】や【後輩】など自分より下の立場の人間に対してどうやって挨拶をしたらいいのか、戸惑っているのかもしれない。

挨拶がアホらしい

「挨拶なんてアホらしい」と

挨拶自体を馬鹿にしている人は、挨拶をすること自体が何故か恥ずかしく感じる

だから挨拶をしないという選択を意図的にしている可能性もある。

先ほど解説した通り、これは俺が抱いていた真理だな。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする