パワハラされにくい人の特徴【6つ】ターゲットにならない為の必勝法を解説

世の中には【パワハラされやすい人】【パワハラされにくい人】がいるって知ってた?

パワハラされやすい人はちょっとミスしただけでも、なぜか上司の機嫌を損ねてしまう。

一方でパワハラされにくい人は、人間関係がめちゃくちゃ安定する。

脳内フレンド
脳内フレンド
それだけで毎日のストレスがだいぶ軽減されるんだよね。

この記事では

  • パワハラされにくい人の特徴
  • パワハラのターゲットになった時の対処法
  • パワハラに合わない為の予防策

などについて、超詳しく解説していくよ。

パワハラされにくい人とは

パワハラのターゲットになりやすい人って、

  • 控え目
  • 優しい
  • 頼りない
  • 自分に自信がない

みたく、気が弱くて自分を責めてしまう人が多い。

逆に、パワハラされにくい人は

  • 流されにくい
  • 確固たる自分を持っている
  • 自分の意思表示をできる
  • 自己主張をしっかりできる

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり、自分の考えをしっかり言える人だね。

どんな時でも自分の意見を言うことができる。

そんな【影のリーダー】とも言える人がパワハラされにくいんだよ。

パワハラされにくい人の特徴

しっかりNOが言える

言われてばかりにならないで、しっかりNOが言える。

これは、パワハラされにくい人の特徴だ。

本当は嫌だし納得もしていないのに、言われっぱなしになっていない?

確かに納得していなくても、グッとこらえないといけない時もある。

パワハラの場合、理不尽に強要されたり、叱責されてしまう。

脳内フレンド
脳内フレンド
それに対して、しっかり嫌だと伝える事は大切だよ。

パワハラをしてくる相手にとって、

「なにも言い返してこない、なに言ってもいい奴」

なんて思われたら、完全なるターゲットになってしまう。

否定的な言葉を人に伝えるのは、勇気がいるかもしれない。

でも、しっかりNOを伝えることで、パワハラを受けなくなるよ。

人付き合いが上手

パワハラされにくい人は、周りとつかず離れずの距離感を保てる。

社内には仲のいい人・合わない人、様々な人がいて当然。

でも、社内の派閥・グループなどに属さないで、自分らしくいることも大切なんだよね。

パワハラの張本人の味方にもならないし、完全に離れて毛嫌いする感じもない。

現実的な話でいうと、自分がパワハラのターゲットになりたくないからと、

パワハラする人に気に入られようとする人もいる…。

そんな中でも、パワハラの取り巻きや一味にも属さない。

でも、上手に付き合っていける。

脳内フレンド
脳内フレンド
そんな人付き合いが上手な人はパワハラされにくいよ。

これって、加害者にも加担しないし、被害者にもならない。

自分を守るのにも心を守るのにも、大事なスタンスなんだよ。

ちなみに【賢い天然の女性】にはこういうタイプが多いんだよね↓

仕事を着実にこなしている

パワハラされにくい人は、目の前にある仕事を着実にこなしている。

ミスばかりだと、それがきっかけでパワハラのターゲットにされてしまうこともある。

脳内フレンド
脳内フレンド
パワハラって、こういう失敗やミスなどから始まることも多いんだよね。

仕事を着実にこなしさえしていれば、そもそも言われない。

パワハラのターゲットになる隙を与えない、言われる落ち度がないという事だよ。

ミスが多いからって、決してパワハラしていいわけではない。

でも、社内での役割を果たしていれば、ターゲットにされる確率は下がる。

目をつけられにくくなるという意味では、理にかなっているんだ。

社内で人気・繋がりが多い

社内で顔が広いタイプは、パワハラされにくい人だと言える。

脳内フレンド
脳内フレンド
ターゲットの周りの人に、何を言われるか分からないからね。

人付き合いがうまい人は、自然と信頼関係が築けている。

他部署の人、同期などと繋がりがあって、味方・仲間が多い。

逆に仕事ができない人は周りに馴染めないケースも多い。↓

もしも信頼の厚い人が、

「あの人にパワハラ受けててさ…」

なんて周りに言おうものなら、パワハラの張本人はたちまち立場を失う

つまりパワハラする方も、相手を選んでターゲットにしている。

自分の立場を追い込む可能性がある人をターゲットにはしないから、

【パワハラされにくい人】になれるんだよ。

気配りができる人

仕事でちょっとした気配りができている人も、パワハラされにくい人の特徴だ。

脳内フレンド
脳内フレンド
気配りができる人は、周りから必要とされる存在だからね。

みんなが働きやすいよう工夫したり、気の利いたサポートだったり…

そういう事ができる人を、パワハラのターゲットにする必要はない。

むしろ、そんな人をパワハラのターゲットにしても、周りが守ってくれる。

この場合、パワハラをした本人がをするだけだもんね。

自己肯定感が高い

自己肯定感が高い人は、ターゲットにされることは少ない。

理不尽なことを言われても、

  • 自分は間違えていない
  • 自分はこれでいい

っていう感じで、肯定的に見られる心の持ち主なんだ。↓

「ありのままの自分でいい」

という考えを持っているから、どんな嫌味を言われても聞き流せるんだよね。

嫌がらせにこたえないメンタリティーを持っているってこと。

パワハラされる筋合いはないと、きっぱり割り切れている。

だから、パワハラしてもつまらないリアクションしか返ってこない。

そんな人にパワハラしたって、加害者は楽しくないんだろう。

パワハラされにくい人になる方法

パワハラされにくい人になるための方法が2つある。

  • 仕事ができる人になる
  • 怯んでるような素振りは見せない

まずは仕事ができる人になる事。

仕事ができていたら、そもそも言われるきっかけが激減する。

仕事をできるようになるって抽象的に感じるかもしれないけど、

  • ケアレスミスに気をつける
  • 書籍などでビジネスノウハウを養う
  • 周りとコミュニケーションを取るようにする
  • 理解しながら作業を進める
  • 確認を怠らない

など、簡単なことをするだけで大丈夫。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事が出来るだけで、パワハラされにくい人になるよ。

この辺の関連記事はこちら
⇒仕事が恐ろしく早い人の特徴

次に、怯んでるような素振りは見せない事。

パワハラのターゲットになりやすい人って、優しくて真面目。

理不尽なことを言われたとしても、抵抗しないで黙っている人が多い。

黙っている姿や怯える姿に、パワハラ加害者は有頂天になる。

ケンカ腰になる必要はないけど、

「いつまでも黙っている人ではないからね」

って態度を時には見せるのも大事だよ。

パワハラのターゲットになった時の対処法

理不尽なことにはしっかり言い返す

勇気がいるけど、おかしい事にはしっかり言い返す。

それは、パワハラの相手に負けたくないという気持ちなどではない。

あくまでも自分の心を守るためにだ。

何を言われても言い返さないと、パワハラのターゲットになってしまう。

だから、仕事に関係のないことで、嫌味やキツイ言葉を言われたら、

立場に関係なく、人として自分を守るための反論はするようにしよう。

脳内フレンド
脳内フレンド
あくまで自分を守る当然の権利・主張だから、気兼ねする必要はないよ。

理不尽なパワハラに合わないためには、しっかりと言葉で伝える

これは最大の抵抗でもあり、ターゲットから外されるために必要なことといえるだろう。

窓口で相談してみる

「パワハラのターゲットにされて辛い。」

そんな時は1人で悩まないで、相談してみよう。

  • 会社の相談窓口
  • 厚生労働省などの国の機関
  • 専用のホットライン

など、相談できるところはたくさんある。

ちなみに管理職の上司にチクっただけでは解決しない事も多い。

なぜなら、世の中には【注意しない上司】というのが山ほどいるから。↓

とにかく1人で抱え込まない事が大切。

しっかりと、しかるべき抵抗をするようにしよう。

もし、異動願いなどが出せる会社なら、異動の希望を出すのもいい。

ターゲットから逃げるのも、対処法のひとつだよ。

会社員だから、我慢するしかないなんて考えはしないように。

聞き流して心で笑う

相手のハラスメントをまともに食らって、苦しむ必要はない。

責められてるという感情を捨てて、冷静に聞いてみてほしい。

割り切って聞くと、むちゃくちゃなことを言っている事がわかる。

心の中で、

「この人、こんな風にしか言えない哀れな心の人なんだ」

と思ってみよう。

脳内フレンド
脳内フレンド
そう思えると、取り合う必要もない相手だって気付くよ。

「パワハラして、どんどん人から嫌われたらいいよ」

くらいに心の中で笑ってあげるのも、心理的に勝ったってことだよ。

パワハラに合わない為の予防策

なにか起きてから対処法を探すよりも、パワハラに合わない自分でいること。

日頃から、パワハラに合わないための予防策をしておいて損はない。

脳内フレンド
脳内フレンド
今すぐできる、パワハラに合わないための予防策があるよ。

  • はきはきと話す
  • 色んな人とコミュニケーションをとるようにする
  • 考えながら、理解しながら作業に取り組む

こういう少しのことの積み重ねでも、パワハラに合わない自分になれる。

中には難しいこともあるかもしれないけど、

【優秀な人】ほど【パワハラされにくい人】になれるから、地道に頑張っていこう。↓

この辺の関連記事はこちら
⇒ずば抜けて優秀な人の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする