ずば抜けて優秀な人ほど孤独になる?|職場で仕事ができる人が嫌われる理由

誰だって「仕事ができる人」になりたいよね。

でも実は、【ずば抜けて優秀な人】は、孤独になるとも言われているよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
どうして優秀なのに孤独になってしまうんだろう?

仕事ができるのに、嫌われちゃうのは納得いかないよね!

この記事では

  • ずば抜けて優秀な人の特徴
  • 職場で仕事ができる人は嫌われる?
  • ずば抜けて優秀な人になるには

などについて超詳しく解説していくよ。

ずば抜けて優秀な人とは

【ずば抜けて優秀な人】っていうと、どんなイメージがある?

  • いつでも冷静沈着
  • トラブルに的確な対処をする
  • 頼りになる
  • 安心感がある
  • どんなことでも任せられる
  • 変わり者だけど実力は確か

脳内フレンド
脳内フレンド
1つでも当てはまるものがあったんじゃないかな?

ずば抜けて優秀な人は、抜きん出た才能の持ち主だと思われるよ。

次に、具体的な特徴について解説していくよ。

ずば抜けて優秀な人の特徴

メンタルがブレない

ずば抜けて優秀な人は、成功へのルートを的確に構築している。

脳内フレンド
脳内フレンド
成功までの道のりを突き進むことができると心から信じているよ。

時には、「目標から遠ざかっている」と感じることもある。

それさえも、自分が成功するために必要な事象だと考えるんだ。

何事にも意味を見出し、すべての出来事を自分の糧として吸収する。

ポジティブに捉え、「確実に前に進んでいる」という実感を持って取り組む。

言うのは簡単だけど、実際に行動に起こすまでには相当なメンタルが必要だ。

ちょっとやそっとじゃ崩れない、強靭なメンタルを持っているよ。

そつなくこなす

【ずば抜けて優秀な人】は、失敗することが少ない。

何事もそつなくこなすという特徴があるよ。

失敗しても、それをチャンスと捉える図太さを持ち合わせている。

普通の人が心折れてしまう場面でも、耐え抜くことができる。

物事を抜かりなく進めていくためには、多くの経験が必要だよね。

成功体験はもちろん、失敗体験も大きな意味を持つよ。

一度失敗を経験してしまえば、同じようなミスをしても動じなくなる。

脳内フレンド
脳内フレンド
対処法を確立できるというメリットがあるんだ。

ずば抜けて優秀な人は、成功も失敗もふんだんに経験してきている。

色々な経験と巡り会えたからこそ、うまく事を進める能力に長けているよ。

人生の経験値が豊富なんだ。

努力家

苦労していないように見えて、裏では膨大な努力を重ねている。

でも、本人にとってはそこまで苦痛にならない。

脳内フレンド
脳内フレンド
むしろ、その努力を楽しむという姿勢すらあるよ。

普通の人がヒイヒイ言っちゃうような努力の連続。

「こんなことしたって何にもならないんじゃないか?」

そんな不安を抱えて、努力することを辞めてしまう人が多い。

並大抵の精神力じゃ、努力を積み重ねていくことは困難だ。

それをいずれ必ず自分の力になると信じ、挑戦し続けていく心を持つ。

ずば抜けて優秀な人は、辛くてもその先にある素敵な未来を思い描く。

努力の先にどんな楽しい事が待ち受けているかを考える。

現状の苦しさをピックアップせずに達観する余裕があるんだ。

ノウハウが豊富

ずば抜けて優秀な人は、すでに多くのノウハウを持ち合わせている。

好奇心旺盛で、自分が知らない分野にも積極的に挑戦する姿勢を持つ。

ある分野に偏ることなく、様々な知識を吸収しやすい環境に身をおいているんだ。

その分野で習得した技術を、他に生かすことだってできる。

だから、初めて経験することにも臆することがない。

脳内フレンド
脳内フレンド
今までの経験と知識が、自分の助けになると信じているからだよ。

活用の幅を広げ、応用力を兼ね備えた性質を持つよ。

職場で仕事ができる人は嫌われる?

残念なことに、仕事ができる人は職場で嫌われる可能性がある。

脳内フレンド
脳内フレンド
主に、仕事ができない人からの僻みによるものだね。

自分ができない事を平然とやってのける人に、苛立ちを感じてしまう。

素直に相手の良い部分を認めることができず、冷たい態度を取ってしまうんだ。

仕事ができるからって万人から認められるわけじゃない。

人によっては、それを不愉快だと感じる人もいる。

いかに嫉妬深い人たちの声を聞かず、相手にしないかが大切だよ。

ずば抜けて優秀な人ほど孤独になる理由

できない人の気持ちが分からない

ずば抜けて優秀な人ともなると、できない人の気持ちを考えることが難しい。

自分では容易に越えられる壁でも、人によっては挫折してしまう。

脳内フレンド
脳内フレンド
対策や対処法を考えられる余裕がなくて、感情に呑まれる人もいるよね。

「自分はダメ人間なんだ!」

と大げさに落ち込んでしまう人の考え方を、全く理解することができない。

「落ち着いて考えれば答えは出るのに、なんでこんなに喚いているんだろう?」

と冷ややかな目で見つめることになる。

共感力が弱いことから、孤独になりやすい傾向があるよ。

嫉妬の対象になる

仕事ができる人間は、さまざまな人間から嫉妬を買いやすい。

真っ当に仕事をしてても、やっかみをつけてくる人間はいる。

脳内フレンド
脳内フレンド
「みんな同じ」が主軸になっているグループであればなおさらだよ。

1人抜きん出た人がいれば、周りが全力で止めにかかる。

「お前だけ調子乗って、いい気になるな!」

と言わんばかりに、潰しにかかってくるんだ。

実力を認めてくれる人もいるけど、中には醜態をさらすような人間もいる。

他人に嫉妬する人間が多い職場ほど、孤独に陥りやすいよ。

完璧すぎて近寄れない

粗がない人って、なんだか近寄りがたいよね。

  • ミスしたら、バカにされてしまうかもしれない
  • 見当違いなことを言えば、話にならないと呆れられてしまうかも

脳内フレンド
脳内フレンド
自分に自信が持てない人ほど、優秀な人と関わるのを恐れてしまうよ。

完璧であればあるほど、心の距離は離れていく。

「相手にも完璧を求めてくるんじゃないか」

なんて不安を持たれるから、人が寄ってきづらい雰囲気になってしまうよ。

ずば抜けて優秀な人になるには

努力を惜しまない

ずば抜けて優秀な人は、努力を惜しまない性格。

脳内フレンド
脳内フレンド
一般的に面倒だと思われることも、自ら進んで対応していくよ。

「努力って言ったって、結局のところ何すればいいの?」

って疑問に思ってしまう人も多いよね。

努力=継続すること。

1番手につけやすいのは、日々の出来事を記しておくことだよ。

  • 今日は○○をした
  • 〇〇という発見があった
  • トラブルにこうやって対処した

毎日何があったか、軽くでいいから書き残しておく。

それだけで十分な努力の結晶になるよ。

あとあと見返して、自分の成長を実感することにも繋がる。

困った時のヒントとしても役立つんだ。

「毎日日記をつけるなんて、めんどくさい!」

って思う人は、飛び飛びになってもOK。

どんな形であれ、続けていくことを意識してみてね。

感情的にならない

感情に流されると、冷静な判断ができなくなる。

その場に適した対策を見誤ってしまう確率が大幅にアップするよ。

感情に流されず、冷静に物事を判断する意識をしよう。

パニックになってしまう人は、まずは落ち着く練習から。

一呼吸入れて、問題点とこれからについて思考を巡らせる。

脳内フレンド
脳内フレンド
判断を間違えてしまったとしても、自分を責めないでね!

まずは落ち着けた自分を褒めることが大切だよ。

頭の中がワーッとなっちゃうクセを徐々に改善させていこう。

責任感を持つ

何かあっても、自分で責任を取ること。

脳内フレンド
脳内フレンド
これが非常に重要になってくるよ。

何でも人のせいにしてたら、【ずば抜けて優秀な人】から遠ざかるばかり。

  • トラブルが起きたら、自分の頭で対処法を考える
  • 必要があれば、周りの人に助けを求める
  • 何をしてほしいか明確にしてから相談する

そうやって、自分の行動によって引き起こされた出来事に責任を持つようにしよう。

挑戦する心を忘れない

年を経るごとに、新しい挑戦って身構えてしまうものだよね。

でも、ずば抜けて優秀な人になるためには日々の挑戦が大切。

  • いつもと違う方法で仕事をする
  • 普段話さない人と話す
  • 管轄外の業務のお手伝いをさせてもらう
  • 新しい習い事を始める

脳内フレンド
脳内フレンド
些細なことでも、挑戦する気持ちを忘れずに持とう!

必要以上におそれず、自分の知らない分野に積極的に足を突っ込んでみてね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする