部活を辞めて良かった事【7つ】メリットだらけ!後悔は全くしないぜ

こんにちは、陰キャ研究所の伊藤です。

僕は学生の頃に部活を辞めた経験があります。

伊藤
伊藤
当時は死ぬほど悩んでたんだよなぁ。

部活を辞める前は

「後悔するんじゃないか?」とか

「この先どうなるかが分からない!」という不安でいっぱいでしたが、実際に部活を辞めてみるとメリットだらけだったので、僕の実体験を元に部活を辞めて良かった事を7つ紹介していきます。

部活を辞めて良かった事

毎日が楽しくなった

単純に毎日の生活が楽しくなったというのが、僕が最も部活を辞めて良かったと思ったことですね。

僕にとって部活というのは【勉強】と同等かそれ以上の苦痛を味わう時間だったのでそれがなくなったって言うだけでもだいぶ変わったんですよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
シンプルに学校に行くのが楽しいと思えるようになりったんだよね。

プライベートが充実した

部活を辞めたことで土日が本当の意味休日となりました。

部活をやっていた頃は平日よりもむしろ部活のある土曜日の方が正直辛かったんです。

金曜日になるとクラスの友達は「やっと休み!」だと喜んでいますが、私にとっては確実に迫ってくる明日の苦痛が怖くて仕方なかったんですよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
土日が自由になることで、遊ぶ時間が増えてバイトの友達と遊びに行くことも多くなったよ。

趣味に時間を使えた

部活を辞めてからは趣味に時間を使うことも増えましたね。

僕の趣味はゲームと言うクソしょうもないものなんですが、 それでも好きでもない部活をやっているよりかはマシです。

少なくとも自分の好きなことに時間を使うという事、僕は無駄とは思っていません。

脳内フレンド
脳内フレンド
苦痛に耐える根性より、毎日を楽しくする行動力の方が大事だよ。

寝る時間が増えた

時間が圧倒的に増えたというのも、部活を辞めて良かった事のひとつです。

部活をやっている時は自宅に帰るのが早くても6時ぐらいになってしまっていたので、そこから自分の好きな事をしていると深夜遅くまで起きていることになるんですよね。

部活を辞めてからは、学校が終わってからすぐに行動ができるので、その分時間に余裕が生まれて寝る時間も早くなります。

脳内フレンド
脳内フレンド
起きる事も負担に感じなくなったので目覚めも良くなったなあ。

勉強が楽になった

部活をやっていた頃はめちゃくちゃ限られた時間で勉強をしていたので成績も悪かったのですが、部活を辞めてからは余った時間を利用して

ちょっとは勉強してもいいかな」と思えるようになりました。

と言うかこれはぶっちゃけモチベーションの問題だと思っています。

部活を辞めて精神的な余裕が生まれたからこそ、勉強という辛い事に対しても意欲的に取り込むことができたんだと思います。

脳内フレンド
脳内フレンド
余裕が出来たからこそ、嫌な事にも挑戦しやすくなったんだよね。

旅行に行けるようになった

部活をやっていると本来、土日という2連休のはずが基本的に1日だけの休みとなってしまっていました。

しかし部活を辞めてからは毎週必ず2連休あるという環境で生活できるようになったので、今までなかなか行けなかった家族旅行に行けるようになったのです。

実は当時、「部活を辞めたら親にどう思われるか怖い」と感じていたのですがが、実際に部活を辞めてみると親も喜んでくれたようで良かったです。

脳内フレンド
脳内フレンド
周りの人間も部活を辞めた事に対してポジティブに捉えてくれたって事だね。

体調が良くなった

部活を辞めたらめちゃくちゃ体調が良くなりました。

まあ僕がプレッシャーに弱いのもあるのですが、 前までは日常的にストレスを感じすぎて胃が痛くなることがよくあったんですよね。

部活を辞めてからそれがなくなり、睡眠時間が伸びたことも相まって体調が良くなりましたね。

脳内フレンド
脳内フレンド
毎日のストレスが無くなるとすげぇ心が身軽に感じるんだよね。

部活を辞めるデメリット

伊藤
伊藤
ここまで部活を辞めて良かったことを解説してきましたが、デメリットが全く無いわけではありません。

人間関係が崩れた

部活を辞めたことで部活内で形成されていた人間関係はほとんど崩れました。

まあ廊下ですれ違ったら「最近どう?」をみたいな挨拶ぐらいはしますが、クラスが違う人はほとんど話さなくなりました。

太った

僕は軟式テニス部という運動部に所属していたのですが、 運動量が減ったことで若干太りました。

まあストレスは軽減されているので健康的にはなっているのだと思いますが、たぶんお菓子食べ過ぎましたね。

部活を辞めるメリット

思いつく限りのデメリットと言えば以上の2つぐらいしかありませんでしたね。

それに比べて部活やめたことによるメリットはめちゃくちゃ多いです。

ちなみに僕にとって一番メリットだと感じたことはバイトを始めてお金に余裕ができたことでした。

部活を辞めて時間があまるようになってからは、

「自分で使うお金は自分で稼ごう!」と思ってなるべく陰キャでもできそうなバイトを探して始めることにしたのです。

結果的に自分で自由に使えるお金が増えて、旅行に行ったり大量のゲームを買ったりできたので、 普通に嬉しかったですね。

あとバイト先で何人か友達もできてプライベートで結構遊んだりなんかもして、リア充っぽい生活も送れるようになりました。

まあこれは僕のケースなんですが、個人的に僕が変われたきっかけみたいなものになったかと思います。

ちなみに【陰キャでもできるバイト】については下の記事で紹介しているのでをご覧になってみてください。↓

陰キャでもできるおすすめのバイト【6選】

後悔はしなかった?

正直部活を辞める前は、

「辞めたら後悔するんじゃないか?」とか

「顧問の先生に辞めると伝えるのが怖い!」と思っていたのですが、行動してしまえば意外となんとかなるもんで、後悔は全くありませんでした。

確かに部活を辞めたことによるデメリットはありますが、 部活を辞めてよかった事に比べたら小さなことなので全然気になりません。

もし今、「後悔するかも」という不安で部活を辞める決心がつかない人がいたら、 思い切って行動してみることをおすすめします。

僕が【部活を辞めるまでの過程】に関しては、下の記事でさらに深掘りして解説しているのでご覧になってみてください。↓

【高校1年で部活を辞めたい!】切り出し方は?内申書に響く?

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする