単発バイトは危ない?危険な仕事をやらされる派遣会社ってあるの?

あなたは「単発バイトは危ない」という話を聞いたことはありませんか?

「危険な仕事をやらされるんじゃないか?」とか

「給与が振り込まれないのではないか?」などと

不安を抱えている方も多いと思います。

伊藤
伊藤
この記事では、単発バイトは本当に危ないのか?というのを僕の実体験をもとに解説していきます。

単発バイトは危ない?

単発バイトが危ないというのは本当なのか?という話ですが、結論から言うと危ないケースも確かにあります。

単発バイトを募集する際の人材というのは、 いわば使い捨てです。

どんなにキツイ仕事だろうが危険な仕事だろうが、何だってやらせます。

あなたは、「1日ぐらいならそのようなバイトをしても問題ないだろう」と考えているかもしれませんが、それは雇う側も同じことを考えているという事です。

「1日ぐらいなら、雇われた人が危ない目に遭ったとしても、大きな問題にはならないだろう」と思っているわけですね。

もちろん全ての単発バイトでこのような扱いを受けるわけではありませんが、ごく稀にこのような危ない単発バイトがあるというのは事実です。

派遣会社なら少し安心

単発バイトと言ってもいろんな種類があります。

その中でも企業から直接契約を結ぶような単発バイトは危ないケースが多いです。

そのような単発バイトは、企業と個人の一対一でのやりとりになるので、こちらが圧倒的に不利な立場になります。

なので、こちらの意見は無視して一方的に危ない現場に送り込んだり、雑な扱いを受ける可能性が高いということです。

ただし派遣会社を通して契約を結ぶタイプの単発バイトであるならばいくらかは安心できます。

というのも、派遣会社を通すことで個人と企業とのやり取りではなく、派遣会社と企業のやり取りに変わるからです。

派遣会社を通せば、もし契約内容で嘘をつかれたりなどのひどい扱いを受けたら、お互いの信頼に関わってきます。

つまり企業側も単発バイトでやってくる人材に対して雑に扱うことができなくなるということです。

伊藤
伊藤
派遣会社と言う存在が、危ない仕事をやらされないための抑止力になるということだね。

単発バイトが危ない理由

「単発バイトは危ない」と言われているのは、具体的にどのような理由があるのでしょうか?

一つ目は確実に給料が振り込まれるという保障がないことです。

まあ全く支払われないというケースはほとんどないかと思います。

しかし、もし現場で何か壊したり落としたりしてしまった場合、材料費という名目で給与から引かれる可能性もあります。

もしくは人手が足りており、仕事ができない状態だった場合、「さぼっていた」などと一方的なイチャモンをつけられ、減給される可能性もあります。

二つ目の「単発バイトが危ない」と言われている理由は、 実際に行ってみるまでどのような仕事内容なのか具体的にわからないということです。

派遣会社に勤めている場合は事前にメールなどに大まかな仕事内容が記載されているかと思いますが、 結構いい加減だったりするんですよね。

何度も同じ文章を使い回しているので、実際に行って見たら全く違う仕事をやらされたなんていうこともあるかと思います。

なのでそれだけ、リスクの高い危険な仕事をやらされる可能性もあるということです。

単発バイトを雇うということは、それだけその仕事をやる人材がいないということなので、 まだ仕事や楽しい仕事は基本的に無いと考えておいた方が良いです。

危険な仕事をやらされる?

単発バイトは本当に危険な仕事をやらされるのか?という話ですが、これに関しては完全に事実です。

というのも、僕が実際にそのような単発バイトをやらされた経験があるからです。

伊藤
伊藤
僕は派遣会社に登録していたのですが、シール貼りのバイトをするはずだったのに、めちゃくちゃ重いダンボールを運ぶ仕事をやらされました。

結構高い位置まで積み上げなければならなかったので、 積み方をミスったら自分の方に倒れてくるという可能性もあったと思います。

まあ指示通りにやってればそのような事故は起こらないようにはなっているのだと思いますが、それでもちょっとしたコツとかが必要だったので、人によっては危険な仕事だと感じましたね。

このように、派遣会社に紹介された仕事でも危険な仕事をやらされる事があるので注意したいですね。

危険な仕事の例

単発バイトでは、他にはどのような危険な仕事があるのか、例を挙げて紹介していきたいと思います。

例えばライブイベント会場の単発バイトです。

ライブやイベント会場の単発バイトでは基本的に資材の積み下ろしが含まれています。

めちゃくちゃ重いトラックから降ろしたりするので、一歩間違えたら大事故に繋がりますね。

足元に落としたら骨折だってするでしょうし、資材が崩れたら自分が下敷きになってしまう可能性もあります。

もちろん慣れていればどうってことないのでしょうが、単発バイトで初めて経験する場合は手順とかも全く分からないです。

ちょっとした勘違いが原因で危険な目に遭うこともあるかもしれませんよね。

伊藤
伊藤
このように単発バイトは「何が危険なのか」「どんなところが危ないのか」を事前に説明もされずに、働かされるので余計リスクが高いんですよね。

単発バイトする際には、なるべく危ない現場は避けるようにしたほうが、安心して働くことができますよ。

下の記事では危険性の低い、精神的な楽なバイトをいくつか解説しているのでご覧になってみてください。↓

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする