職場の【波長が合わない人】の対処法|いい感じに距離を置くのが理想

あなたの職場には、「なんだか自分と波長が合わないなぁ」と感じる人はいませんか?

脳内フレンド
脳内フレンド
【価値観】や【笑いのツボ】や【会話のテンポ】などが自分と違う人って関わりにくいんだよね。

この記事では、職場の波長が合わない人の対処法について超具体的に解説していきます。

職場の波長が合わない人について

波長が合わない人とは、「なかなかコミニケーションがうまくいかないなあ」と感じることがあります。

脳内フレンド
脳内フレンド
なぜか普段より【空回りしてしまう感じ】があるんだよね。

人間というのは誰しも相性と言うものがあるので、誰とでも仲良くできるわけではありません。

でも【職場】という限られた空間では、嫌でも関わらなくてはいけない場面も多いですよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
職場って関わらない事自体が不自然な状況になってしまうんだよね。

職場の波長が合わない人の対処法

ここからは職場の波長が合わない人の対処法について、かなり具体的に解説していきたいと思います。

いい感じに距離を置く

地下すぎず遠すぎず、波長が合わない人とはいい感じに距離を置いた方が良いですね。

理想は、用があるときにだけ会話をする関係性です。

コミニケーションを取らないことが、不自然に感じないギリギリのラインで関わることをおすすめします。

干渉されないよう徹する

とにかく関わる機会をなるべく減らすようにするのも1つの手です。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分からは話しかけず、相手から話しかけられてもなるべく早めに会話を終わらすようにしよう。

なるべく愛想良くしておけば、悪い印象もたれることなく干渉されないようになるでしょう。

ガン無視する

波長が合わない人に対しては、無視をしてしまうというのもありだと思います。

相手は不快な気持ちになるかもしれませんが、少なくとも今後は話しかけてくる機会も減るので、これがお互いのためかもしれませんね。

プライベートな話をする

逆に今以上に仲良くなって、相手のことを理解するという方法もあります。

これまで話したことのないような【プライベートな話】などを会話の中に組み込むことによって今の気まずい関係を脱却できるかもしれません。

ありのままに関わる

そもそも最初から自分が無理に相手に合わせる必要はありません。

波長が違うとしても、自分のありのままのスタンスで関わっていけば特に悩む必要もないのではないでしょうか?

脳内フレンド
脳内フレンド
波長が合わなくてもも、それに影響されずに気にしないで関わっていくのも大事だよね。

会話の主導権を握る

こちらが会話の主導権さえ握ってしまえば、相手の波長に合わせる必要も無くなります。

脳内フレンド
脳内フレンド
なるべく【相手に合わせさせる】事で、波長が合わない人とでもそこまで苦痛を感じなくなるんだよね。

第三者も入れて話す

1対1では波長の合わない人でも複数人で会話をすれば関係ありません。

意図的に第三者を含めて会話をすることで、自分のペースにもっていくことができ、うまくコミュニケーションをとることができるでしょう。

異動希望を出す

最終手段は人事部に相談して異動希望を出すことです。

人間関係のトラブルは無いとしても、自分の希望を素直に伝えれば最低限の考慮をしてくれるはずです。

場合によっては二度と「波長の合わない人」と関わることのない勤務エリアに変えてくれるかもしれません。

会社で波長が合わないのはなぜ?

ここからは会社で「波長が合わない」と感じるのはなぜなのか、より根本的な理由を具体的に解説していきます

価値観の違い

まずは価値観の違いです。

人生において何が重要なのか、その【優先順位】がズレていると、どんな人間ともうまくいきません。

脳内フレンド
脳内フレンド
共感できないことが多いと、それだけ信頼関係は生まれにくくなるんだよね。

ジェネレーションギャップ

世代によってジェネレーションギャップがある人とは、「波長が合わない」と思うこともありがちです。

価値観の違いはもちろん、好きなもの嫌いなものも一致しないケースが多いので、年齢が大きく離れている人とはあまり深く関わるべきじゃないのかもしれませんね。

育つ環境の違い

育つ環境の違いによっても波長が合わないことが多いです。

例えば学生時代にスクールカーストで上位だった人間と下位だった人間とでは、職場でも合わないことが多いです。

脳内フレンド
脳内フレンド
隠キャと陽キャは、社会に入っても馴染む事はないんだね。

波長が合わないと疲れる!

職場で波長が合わない人がいると、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

結論から言うと、通常の暮らしより莫大なストレスがかかるようになります。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事がやりにくくなるだけじゃなくて、生活そのものにダメージを負うんだね。

職場において人間関係というのは、そのまま【仕事のしやすさ】に直結する要素です。

だからこそ自分と波長の合う人間を探すのは重要なことですが、場合によってはその人となるべく関わらないという選択をとったほうが自分の幸せにつながることも多いです。

綺麗事を言うならば、どんな人とも仲良くして、敵を作らずに仕事をするのが理想ですが、そんなにうまくいかないのが今の世の中です。

職場の人間関係で疲れるのは当たり前のことかもしれませんが、排除できるストレスは積極的に消していく努力も必要だと思いますね。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする