仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由は?|優秀な人ほどやる気がない?

あなたは「仕事が嫌いな人ほど仕事ができる」という話を聞いた事はあるかい?

伊藤
伊藤
いつもやる気がない人ほど、なぜか要領が良かったりするんだよね。

この記事では【仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由】を超具体的に解説していこうと思う。

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる?

そもそも、【仕事が嫌いな人ほど仕事ができる】という話は本当なのか?に関してだが、

結論から言うと本当だ。

伊藤
伊藤
仕事に対して【やる気がある人】よりも、【仕事を嫌いな人】の方が仕事をこなす能力は高いんだよね。

じゃあなぜ、仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのかというと、

「やる気がある」という【演技】をしなくて良いほど、余裕があるからだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
は?どゆこと?

そもそも、【仕事が好きな人間】なんてのはこの世の中にごくわずかしかいない。

仕事に対してのモチベーションの高い人間はどの職場にも結構いるけど、

【休みの日】より【仕事がある日】の方が幸せだと感じる人間なんて、本当に少数派なんだよね。

ではなぜ仕事が嫌いな人間が目立つのかというと多くの人が、仕事を頑張ってますアピールをしているからだ

  • 上司からの評価を上げる為
  • 周りから浮かない為
  • 会社での居心地を良くする為

など、様々な理由で人は【仕事が嫌い】ということを隠しながら生きているんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
それが、仕事が嫌いな人ほど仕事ができるのと何の関係あるの?

仕事ができる人ほど自分に余裕がある、つまり、【仕事を頑張ってますアピール】をしていないという事。

わざわざそんなアピールをしないでも、職場で自分の居場所を確保できるという事だね。

だから

  • 仕事嫌がいな人は仕事ができる

と言うよりも

  • 仕事頑張ってますアピールをしない人は、元々仕事ができる

という方が正しいかもしれない。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事ができる人は、仕事が嫌いな自分の【素】を出しても大丈夫という事だね。

仕事ができる人は、わざわざ仕事に対して【やる気がある演技】をしなくてもいいから、ストレスなく働いていけるんだ。

だから新入社員ほど仕事に対してのモチベーションが高く、勤務歴が長い人ほど仕事が嫌いな人が多いんだよ。

この辺の関連記事はこちら
⇒任される人について

仕事が嫌いな人ほど仕事ができる理由は?

ここからは、さらに具体的に【仕事が嫌いな人ほど仕事ができる】理由を解説していこう。

やりがいを感じないから

仕事が嫌いな人ほど仕事に対して【やりがい】を感じていない傾向がある。

それはなぜかと言うと、仕事が簡単すぎて達成感を得られていないから。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事ができる人ほど、モチベーションが維持できないって事だね。

毎日同じことの繰り返しで萎えている

勤務歴が長ければ長いほど、仕事に慣れて【効率化】や【正確さ】を追求できるようになっていく。

しかしそれと同時に、毎日同じことの繰り返しになってしまい、仕事自体に萎えてしまうんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
生活の中に刺激がなくなってしまうから、仕事ができる人ほど仕事が嫌いになってしまうわけだね。

割り切っているから

仕事が嫌いな人はプライベートと仕事は完全に分けて考えているケースが多い。

どんなに嫌いでも仕事はやるしかないから、【我慢するもの】だと割り切って考えているんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ機械的に作業をこなすのは得意で、仕事ができる人も多いんだよね。

仕事が嫌いなフリをしている

職場ではあまりにも、仕事ができると浮いてしまうことがある。

特に女性の場合は「仕事ができる人ほど嫌われる」と言う話もあるほどだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事ができると逆に目立ちすぎて【反感】を買う恐れがあるんだよね。

だからあえて仕事が嫌いな自分を大げさに表現することで、職場で浮くのを抑制しているんだ。

間接的に自慢をしている

自分は「仕事が嫌いだ」と明言することで、間接的に自慢をしているというケースもある。

「仕事嫌いな自分でもこんなに仕事ができるんだぞー」と

あらかじめ自分の期待値を下げておきながら【優秀な結果】を出すことで評価を上げようとしているんだ。

自分に自信があるから

自分に自信がある人は、「自分は仕事が嫌いだ」と自ら言ってしまうケースも多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事ができるからこそ、「このくらい言っても大丈夫だろ」と言う自信があるんだね。

自分の【素】が出せる人間は、職場の中での立場も良くなりやすいからね。

優秀な人ほどやる気がない?

仕事で「優秀な人ほどやる気がない」という話もある。

これに関しては本当なのだろうか?

結論から言うと、これは間違いだ。

実際のところ、優秀な人ほどやる気があるケースが多く、やる気がない人ほど仕事ができない可能性が高い。

仕事が【好きか嫌いか】と【優秀か優秀でないか】は別の結果になるんだね。

ただ1つ注意しなければならないポイントもある。

それは優秀な人ほど、やる気があるのを隠すのも優秀だという事。

「能ある鷹は爪を隠す」という言葉がある通り

仕事で優秀な人ほど【やる気があるアピール】もしないものだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
これは【仕事が嫌いな人ほど仕事ができる】という話と似たような感じだね。

つまりどんな人間でも、職場では演技をしているのが前提として考えておいた方が良い。

学生の頃だってテスト前に【勉強していないアピール】をしている人がたくさんいた。

本質的には仕事もそれと同じ。

【仕事をしているアピール】や【仕事が嫌いなアピール】を割と多くの人がやっているわけだ。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする