お茶汲みくらい自分でやれ!|パワハラが当たり前になっている職場が嫌だ

「女性がお茶汲みをしている」

こんな会社が、実はいまだに存在しているという事実。

ここにたどり着いたあなたも、

「女性=お茶汲み係」

という謎な風習に悩まされてるんじゃない?

女性がお茶出しをして当たり前なんて、そんなのおかしいよね。

この記事では

  • お茶汲みが残り続ける会社の特徴
  • それがパワハラにあたるのか

などについて詳しく解説していくよ。

お茶汲みくらい自分でやれ!

は当たり前のように行われていた、女性のお茶汲み業務。

「お茶出しするだけでお金貰えるなんて最高じゃん!」

なんて思う人も中にはいるかもしれない。

でも、大抵の女性は「お茶汲み」に悪いイメージがあるんじゃない?

「どうせ仕事出来ないんだから茶でも汲んでろ」

って言われてるみたいで、なんか感じ悪いよね。

「お茶出しよろしく」なんて言われた日にゃ、

  • 「時はすでに令和ですけど?いつまで昭和気分だよ!」
  • 「自分の飲み物くらい自分で調達しろや!」
  • 「何で私がやんなきゃいけないのよ!」

こんな風に思うのも当然。

お茶汲みくらい自分でやれよ!」って思うよね。

お茶汲みは自分でやれと思う瞬間

来客があった時

仕事をする上で、大切なお客様が来てくれるのはありがたい事。

そんな時、当たり前のようにお茶汲みを頼まれると嫌気がさす。

普段から優しくしてくれたり、良い印象を抱いている上司だったらまだ良い。

「申し訳ないんだけど、来客が来るからお茶出しお願い出来るかな?」

って下手に出てくれたり、頼まれる頻度が少ないなら尚更。

そういう上司なら「手伝ってあげたいな。」って思えるよね。

でも、来客の度に

「今日、来客あるからお茶出し頼むわ。」

なんて横柄な態度を取る上司だった場合。

「お前の客なら自分でやれ!」って気持ちになるよね。

ちなみにお茶出しをする人間が固定化されてる場合は

【本当にヤバい会社】だからね↓

女性上司から言われた時

いまだに「お茶汲み=女の仕事」という昔の価値観が強い人もいる。

無意識に「女性がお茶出しをするのは当然」だと考える人も多い。

これは男性に限らず、昔の女性もだ。

確かに、昔の女性はそういった業務を強制されてきた。

いや、明確に強制されてたワケじゃないかもしれないけど…

「男性がお茶出しする」って環境はなかなか無かったんじゃないかな。

その過去の自分のやり方を下の者に伝えようと、

「お茶汲みは私達の仕事だから。」

と教えてくる女性上司は厄介だ↓

男性陣も、その女性上司がお茶汲みをしてきたことによって、

「お茶汲み=女性がやること」

って固定観念がガッツリ根付いている。

女性上司がその風習を受け入れていると、あなたにもその役割が回ってくるんだ。

何とも思っていないフリをしてても、本心では

「お茶汲みも出来ないなんて気の遣えない女だな。」

なんてヒドい考え方をする古い男性もいる。

疲れたアピールをしてくる時

会議の始まりとか、仕事が一段落した後とか、そんなちょっとした時

チラッとこっちに視線を向けてきて

「コーヒーでも飲みたいなー」

なんて雰囲気を醸し出してくる。

まるで、女性側から気遣いタップリな言葉を期待しているみたいだよね。

「自分のタイミングがあるなら、自分でやれば良いじゃん!」

って思うよね。

お茶汲みはパワハラ?

「お茶汲みってパワハラなのかな?でも、怒鳴られてるワケでもないし…」

パワハラっていうと、何だか仰々しいイメージを持っちゃうよね。

実際のところ、「お茶汲み」はハラスメント行為にあたるよ。

  • お茶汲みを無理やりさせられている
  • 本人がそれを苦痛に感じている

これらの要素があれば、立派なハラスメント行為として認められることになる

パワハラというよりかは、「ジェンダーハラスメント」の要素が強い。

  • 「女のくせに太ってて可愛くないよな」
  • 「スカートとか似合わねぇよ」
  • 「周りがおばさん呼びしてくる」

といった性別による差別的発言や、行為もジェンダー・ハラスメントにあたるよ。

お茶出しが当たり前になっている職場の特徴

昔ながらの少人数の会社

昔から古く続いているような会社で、従業員数も少ない。

こういった会社だと、お茶汲みの風習が無くなりにくい傾向にある。

  • 新しい人が入ってきづらい
  • 会社の凝り固まった風習に従わざるを得ない

だから、昔ながらの風習が無くならない。

「お茶汲み=女性の仕事という考え方は過去の遺物だ」っていう認識がない。

「どこか別の会社が、そういう取り組みでもしてるんだろうなぁ。」

とか思っていまいちピンと来ていない会社もあるかもね。

頭の柔らかい重役が集まっているのなら、若い人の発言によって、

「ああ、コレってもう古い風習だったのか」

と気付かされて、お茶汲み制度を改めてくれる会社もあるだろう。

素直に若い世代の声を取り入れるところであればね。

でも、インターネットもメディアも普及しきってるこの世の中で、

未だにそういった風習が残っている会社は望みが薄いかもしれないね。

そういう職場では、わざと必要以上に話さないで過ごした方が良いかもしれない↓

女性=雑務担当の会社

女性は雑務を担当するもの、と考えている会社。

これも、お茶汲みの制度が無くなりにくい環境にあるよ。

お茶出しの他にも、

  • 電話応対
  • 郵便物の受取
  • 掃除全般
  • コピー取り
  • お土産配り

これらの雑務を「女性だけ」に押し付けている会社は危険だ。

女性がやって当然みたいにやらされると、腹が立つよね。

「女性は気が利くから、俺達がやるより全然良いんだって。」

そんな風に解釈されてたら、腸が煮えくり返るだけだ。

女性が雑務をやるのが当然だと考えているから、お礼をされる事もない。

だって「やって当たり前」だと考えられているんだもん。

特に感謝されることもなく、

「ちょっと時間を割いてやれば良いだけの雑務」

毎日こなさなければならない。

気遣いをいつも要求されてたら、自分の業務にだって支障が出てくるよね。

女性がないがしろにされている会社なんて、早めに見切りをつけよう。

新しい事を取り入れない会社

新しいことを取り入れず、淡々と同じ日常を繰り返している会社も危険だ。

  • 「今まで通りで問題ない」
  • 「環境を変える必要なんかない」

って思ってるから、お茶汲み業務も存在し続ける。

流行や世間の流れに疎い会社は、特にこの傾向が強いよ。

「今の世の中の人が何を欲しているのか。」

という需要を把握する力が弱いから、新しい考えが出ることもない。

どんな職種・業種でも、変えていかなければならない部分が必ず出てくる。

  • 新しいものを発見する力が弱い
  • 受け入れようとしない

そんな会社は、今後の成長も危うい可能性が出てくるよ。

女性のお茶出しは古い!

  • 性別で仕事を分ける
  • 女性のお茶出しは当たり前

そんな会社に勤めているのであれば、すぐに対処法を考えようね。

上司に相談しても良いし、転職を考えるのも一つの手だ。

そんな時代遅れの会社に先は見えない。

女性がお茶出しをする、古い風習が残る会社。

そんな会社で働き続けようとする人は、年々減っていく事になるよ。

古い考えの会社に残るメリットなんてほとんどないよ。

自分の事を1番に考えて行動しよう。

職場の嫌いな人に【拒絶反応】が出てからでは、もう遅いからね↓

この辺の関連記事はこちら
⇒職場の嫌いな人に拒絶反応がでた【体験談】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする