【40代】私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由|覚えられないのはなぜ?

私は自己嫌悪に陥っていた。

仕事が出来なさすぎて人生に萎えていたんだよね。

  • なぜ仕事を覚えられないのか?
  • なぜ仕事に自信がないのか?

考えても落ち込むだけ。

一向に良くなる気配がない。

この記事では、そんな私が

「仕事が出来なさすぎて辞めたい」

と感じた理由体験談を超リアルに語っていこうと思う。

仕事出来なさすぎて辞めたい【40代】

私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思ったのが40代の頃。

20代や30代の頃も、仕事が出来なさすぎな自分のことを自覚はしていた。

でも、以前はなんだかんだ人間関係が安定していたんだよね。

だから、そんな自分を隠しつつ職場で過ごすことができた。

じゃあなぜ40代になって

  • 「私は仕事が出来なさすぎ!」
  • 「もう辞めたい…」

とまで思うようになったのか?

結論から言うと、職場で浮いてしまったから。

なぜ浮いてしまったのか?

それは【私が仕事出来なさすぎ】ということが、周りの人間にバレたから。

きっかけは、普通の人ならしないようなミスを連発したこと。

周りの人間が、無意識に簡単にできるような作業を私はできなかったんだよね。

20代や30代の若い人であれば、

「このくらいの仕事できなくてもしょうがないよ」

で済むような話かもしれないけど

40代の私は

  • 仕事のミスをフォローしてくれる人もいない
  • 笑ってくれる人もいない
  • 注意してくれる人もいない

だからこそ余計に影でコソコソ言われるんだよね。

文句があるなら直接言ってもらえればまだ良い。

そしたら素直に謝ることができるから。

でも影で悪口を言われたらどうしようもできない。

謝りたくても謝れない。

誰が自分のことを嫌っているのかというのがわからないから疑心暗鬼になる。

そんなこんなで私は

「この職場を辞めたい」と思うようになったんだよね。

40代の私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由

じゃあここからは客観的に自分を見つつ、さらに具体的な理由を解説していくよ。

職場のせいにしたいから

40代の私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由の1つ目は、

職場のせいにしたいからということ。

私は最初の頃、

自分が仕事をできないことを自分の能力の低さが原因だとは認めなかった。

プライドが許せなかったんだよね。

確かに私は物覚えが悪いし、

人よりも劣っているという実感があった。

でも心のどこかでは

それは「本気を出してないだけ」という期待もあったんだよね。

だからこそ

  • 職場のせい
  • 環境のせい
  • 人のせい

にして現実逃避をしていたんだと思う

孤独感を感じるから

40代の私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由の2つ目は、

孤独感を感じるからということ。

職場で浮いていると【誰が自分の敵か】というのがわからなくなるよ。

休憩時間に親しく話していた同僚も、

元気よく挨拶をしてくれる部下も、

「本当は裏で私の陰口を言っているのではないか?」

そう考えると寂しくなって

「この職場を辞めたい」と思うようになったんだよね。

劣等感を感じるから

40代の私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由の3つ目は、劣等感を感じるから。

「私は人よりも劣っている」という現実がシンプルに悔しかった。

なぜなら【人よりも劣っている】という事は、

人よりも幸せになれないということだから。

先ほども話した通り、私はプライドが高い。

だからそんな劣等感を感じている自分すら許せなかったんだよ。

このままじゃいけないと思ったから

40代の私が仕事出来なさすぎて辞めたいと思った理由の4つ目は、

このままじゃいけないと思ったからということ。

私は職場で浮いてしまっているこの現場を、

「なんとか変えなければいけない」といつも思っていた。

1番手っ取り早い方法は【環境を変えること】だと気づいていたんだよね。

だからこそ毎日のように

  • 「次はどんな職場に転職をするか」
  • 「どんな人間関係が自分に合っているのか」

というのを妄想しながら考えていたんだよ。

もう疲れたから

40代の私が仕事できなさすぎて辞めたいと思った理由の5つ目は、

もう疲れたからということ。

私は

  • 仕事が出来なさすぎな自分と向き合うのも
  • 周りから仕事ができなさすぎと思われるのも
  • 職場に馴染もうと頑張るのも

もう嫌だったんだよね。

多分メンタル的に限界が来ていたんだと思う。

だからこそ【逃げたい】という感情が先に来て

「仕事を辞めたい」と思うようになったんだと思う。

仕事が覚えられない40代の特徴

ネットニュースやSNSを見ていると

私以外にも仕事が覚えられない40代というのが一定数存在していることがわかった。

ここからはそんな人たちの特徴について、

具体的に4つ解説していくよ

最初から仕事を覚えてない

仕事が覚えられない40代の特徴の1つ目は、

最初から仕事を覚えてないということ。

私もそうだったんだけど、今思えば入社したての頃から仕事を覚えていなかった。

正確に言うと

自分がやるべき仕事だけを

なんとなく覚えていただけだった。

職場全体の仕事内容を把握していない人は、自分の仕事も覚えられないんだよね。

時間を潰すだけが目的になってる

仕事が覚えられない40代の特徴の2つ目は、

時間を潰すだけが目的になっているということ。

職場で仕事をしながらいつも考えている事は、

「早く時間が過ぎないかな」

時計とにらめっこしながら職場で過ごしている人は

【仕事に取り掛かること】ではなく

【仕事を終えること】が目的になっているケースが多い。

なので自分自身が気が散って、仕事を覚えようとしていないんだよね。

別の悩み事がある

仕事が覚えられない40代の特徴の3つ目は

別の悩み事があるということ。

  • 友人関係
  • 恋人関係
  • 家庭の問題

など、仕事とは別のところで何か悩み事を抱えている人は、仕事が覚えられない。

なぜなら無意識に仕事をしてしまうから。

今自分がやっている仕事の工程を意識しておらず、

次に何の仕事をするべきなのかも考えていないんだよね。

初めて触れるものが多い

仕事が覚えられない40代の特徴の4つ目は、

初めて触れるものが多い

例えば、

  • コピー機
  • パソコン
  • 専門的な機械

など。

操作に慣れないものを扱う場合は、

年齢によって仕事の慣れやすさに大きな差が出る。

40代と20代~30代の人でジェネレーションギャップを感じるケースが多いんだよね。

仕事ができないおばさんにならないためには?

世の中には

【仕事ができないおばさん】と呼ばれる、

給料泥棒のような人間が一定数存在している。

まさに職場にいるだけのような存在なんだよね。

じゃあ、そんな仕事ができないおばさんにならないためにはどうすれば良いのか?

結論から言うと、プライドを捨てること。

自分は仕事ができないと言うのを認めつつ、

わからない事は何でも聞く。

たとえ20代や30代の人、

新しく入った新卒の人よりスキルが劣っていたとしても

「それがどうした」と開き直れるような強い精神力が必要なんだよね。

そして「今よりも仕事ができるようになろう」という向上心を持つことが重要だよ。

周りの目を気にせずに、

自分と向き合うことができれば

【仕事ができないおばさん】のイメージは払拭できるはず。

仕事が出来なさすぎて辞めたい時の対処法

じゃあそれでも

「仕事が出来なさすぎて辞めたい」と思う人へ、

どんな対処法があるのか?

行動の手順について解説していくよ。

まずは辞めた時のメリットとデメリットを考える

仕事を続けて現状維持を目指すとどんな良いこと、悪いことがあるのか?

もしくは仕事を辞めるとどんな良いことと、悪いことがあるのか?

それぞれ考えてみよう。

おそらく

  • お金の面
  • 精神的な安定
  • 人間関係

など、いろんな変化があるはず。

それらを冷静に分析して、どちらが良いのか真剣に考えてみよう。

辞めない為の努力をしてみる

現状維持にメリットが多いのであれば、

仕事を辞めないための努力というのも必要。

最低限

  • 職場で行かないようにする
  • 私仕事ができなさすぎな自分を改善する
  • 人間関係を安定させる

というのが実現できれば今の仕事を続けることも可能。

とはいえ、それが難しいから自信がない40代なのであって、

場合によっては転職をした方が手っ取り早く幸せになれるというケースも多い

まずは転職先を探す

仕事ができなさすぎて辞めたい場合は、

まず転職先を探すことが重要。

なぜなら後先考えないで退職してしまうと、今後の人生積む可能性があるから。

働きながら次の転職先を探すことで、いつでも辞められるという安心感を得ることができるよ。

転職できる職場を見つけたうえで仕事を続けるのがベストだね。

仕事が出来なさすぎて辞めたいと思ったら

ここまで仕事が出来なさすぎて辞めたいと思ったときの

具体的な行動方法について解説してきたけど

一番重要な事は【気をしっかり持つ】こと。

多分、今は精神的に追い込まれている状態。

逃げ道が見つからなくて辛いと感じることもあるはず。

でも最悪仕事が出来なさすぎて辞めたいなら、辞めちゃえば良い話だしね。

転職して新しい人間関係を築くことができれば

「これまで悩んでいた事は何だったんだろう?」

「今まで自信がないのはなんでだったんだろう?」

と思うようになる位まで楽になる。

今は人生の岐路。

迷う事はあるだろうが悩むことではない

冷静にメリットとデメリットを考えつつ、

今より良い暮らしになるために努力していこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする