転職はコロナの影響で厳しい?|延期した方が良いの?

今の世の中、「転職はコロナの影響で厳しい」と言われている。

脳内フレンド
脳内フレンド
やっぱり転職は延期した方が良いのかな?

この記事では、今の時期に転職を延期するメリットとデメリットについて、超具体的に解説していこう。

転職はコロナの影響で厳しい?

「本当に転職はコロナの影響で厳しいのか?」

という話だが、実は一概にそうとも言えない。

確かに求人サイトでは【全体的な求人数】は減っているものの、「絶対に転職ができない」と言われるほどではない。

じゃあなぜコロナが流行っている時期に「転職は厳しい」と言われているのだろうか?

まず、今の世の中はコロナの影響で経済が壊滅状態になっている。

その中で数々の企業が大損失を受けているわけだが、意外と【労働者】にとっては、それほど影響受けているわけではない。

確かに、世の中には給料が下がったり解雇されたりなどされる人もいるが、それは主にコロナの影響で会社自体が潰れかけている所に限る。

つまり経営者にとってコロナは大損害になっているが、労働者にとっては(経営者と比べれば)そこまで痛手になっていないということ。

伊藤
伊藤
だって【労働者】は転職さえできれば、最悪生活を維持する事は可能だからね。

そもそも転職サイトに求人が出ている職業は、潰れかけている企業ではなく人材を欲している企業だ。

つまり経営的にはまだ安全圏内だということ。

伊藤
伊藤
人手不足になっている会社は、それだけ利益も得ているという事だからね。

とにかく、【全体の求人数】自体は減っているものの、求人に乗っている【給料】や【休日日数】等の条件が悪化しているわけではないので安心してほしい。

ここら辺に関しては、下の記事で詳しく解説しているので参考にしてほしい。↓

転職は延期した方が良い?

ここからは「転職はコロナが収まるまで延期した方が良いのか?」という話をしていこう。

まあ結論から言うと、どちらとも言えない。

なぜなら転職を延期するメリットデメリットも両方あるからだ。

とまぁ、これが【一般的な意見】なわけだが、個人的には「延期する必要はない」と考えている。

なぜかと言うと、転職を延期しなかったところで、別に労働者は損をしないからだ。

確かに【求人の選択肢が狭まる】という意味では損をしているのかもしれないが、

これに関しては【転職希望者】である、あなたが【条件の良い求人】を選べば良いだけ。

本来、条件の良い求人というのは競争率が高くなかなか申し込むことができないのだが、

コロナが流行っている今この時期には普通に採用される可能性も高い。

伊藤
伊藤
【求人数】に比例して【転職希望者】の数も減っているからね。

コロナが流行っている今この時期にわざわざ「転職しよう」と考えている人は少ない。

なので、コロナが流行る前よりも休日日数や給料、ボーナス等の条件が良い求人が見つけやすい。

「世の中不景気になっているんだから普通、逆じゃないの?」と思うかもしれないが、

それほど【転職希望者】の需要が増しているということだろう。

とにかく、実際に求人サイトを確認してみると割と良い求人がたくさんあるので、下の求人サイトに無料登録をして確認してみてほしい。↓

転職を延期するメリット

ここからは転職を延期するメリットについて具体的に解説していこう。

企業を信頼できる

コロナが流行っている今の段階では、今後の経済がどうなるのか全く予想できない。

そういう意味では転職を延期したほうが、時期的な問題で企業を信頼しやすいと言えるだろう。

コロナにかからない

そもそも転職をしなかったらコロナにかかるリスクも減らすことができる。

新しい環境に行くと、それだけで誰かにコロナをうつされる可能性もあるし、なるべく危ない橋を渡らなくて済むのは、転職を延期するメリットの1つだと思う。

転職を延期するデメリット

ここからは、転職を延期するデメリットについて解説していこう。

条件の良い求人を逃す

現在の求人サイトには、コロナの影響で利益が上がった会社が人手不足となりかなり条件の良い求人を出している。

転職を延期してしまったら、この条件の良い求人に出会うこともなくなってしまうので、単純にもったいないというデメリットがある。

具体的にどのような条件の良い求人があるのか?に関しては、

下の求人サイトで無料登録して、【条件を指定して探す】で検索すると、実際に確認する事が出来る。

しばらくは転職できない

コロナが収まるまで転職を延期するとなると、しばらくは転職できないということになる。

世の中が完全に安定するまで待つのであれば、かなりの期間待たなければならないので

転職する機会が得られないというデメリットがある。

経済的に追い込まれる

今現在、仕事をしていて給料も通常通りもらえているのであれば問題はない。

しかしコロナの影響で減給になったり、退職せざるを得ない環境になってしまっている場合は、転職を延期するとあなたが経済的に追い込まれてしまう可能性は高くなる。

国の保証もそこまで期待できないし、貯金が底をついたら生きていく事もできなくなる。

転職を延期すると、生活面でのデメリットが発生すると言えるだろう

コロナで転職が厳しいのは嘘?

今の世の中コロナで転職が厳しいと言われているが、実はこれ【半分は】嘘みたいなものだ。

実際、求人サイトには求人がたくさんあるし、先ほども言った通り【全体的な求人数】は減っているものの、【条件の良い求人】は逆に探しやすくなっている。

「コロナで転職が厳しい」と言われているのは、おそらく転職業界が大打撃を受けているからだと思われる。

伊藤
伊藤
【転職業界】が損をしているからといって、【転職希望者】が「転職できない」というわけではないんだよね。

転職希望者は自分で、数ある求人の中から希望の転職先を選ぶことができるので、別にそこまで痛手にはなっていない。

なので「転職したいなと」思っている人は、わざわざコロナが収束するまで待つ必要はなく、むしろ良い条件の求人に出会いやすい今がチャンスとも言えるだろう。

詳しくは、下の記事で詳しく解説している。↓

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする