職場の仕事しない人は放置されて無視されるって本当?

世の中には、職場に来ているのに仕事しない人というのが一定数存在している。

伊藤
伊藤
職場に慣れていない【新入社員】や、開き直っている中高年の【窓際族】みたいなタイプの人達だね。

この記事では、仕事しない人が職場でどんな扱いを受けるのか超具体的に解説していこうと思う。

職場の仕事しない人って?

まず、職場の仕事しない人というのは2種類のタイプに分けられる。

  1. 仕事をしているつもりだけど使えない人
  2. 自分が仕事をしていないとを自覚している人

①の、仕事をしているつもりの人に関してはまだマシ。

なぜなら「仕事をしなければならない」と言う責任感を感じているから。

まあ本人の能力が低すぎて、実質仕事をしていないのと変わらないかもしれないが、

少なくともわざと仕事をしていないわけではない事が分かる。

伊藤
伊藤
これならまだ改善の余地もあるし、上司の指導によってはいずれ【ちゃんと仕事ができる人材】に生まれ変わる可能性も残ってるね。

一方で②の、仕事をしていないということを自覚している人に関しては、もはや救いようがない。

本人も「別に仕事をしなくてもいいや」と開き直っているんだよね。

このようなタイプは向上心も欠落しているので、いずれ仕事ができるようになるという事もない。

伊藤
伊藤
言い換えれば【給料泥棒】みたいなもんなんだよね。

仕事しない人は放置される?

仕事しない人は、職場では放置されがちな傾向がある。

伊藤
伊藤
周りの人に呆れられて、もはや期待されなくなっているんだよね。

特に中高年の人たちは年齢的に周りの人から文句も言われにくいし、

上司から指導されるということも少ないので、必然的に職場で浮きやすくなる。

挙句の果てには仕事も与えられなくなり、「やる事は無いけど一応職場に来ている」という状態になることも…

仕事に関する報告・連絡・相談には、基本ノータッチで邪魔者扱いされることになるんだよね。

仕事しない人が無視される理由

ここからはそんな仕事をしない人が職場で無視される理由を、さらに具体的に解説していこうと思う。

話しても無駄だから

基本的に仕事しない人とは「話しても無駄」だと思われることが多い。

伊藤
伊藤
「言っても改善しないだろう」という先入観を周りに持たれてしまうわけだね。

変に話しかけてトラブルに発展するのも嫌だし、無視しといた方が安定なんだよね。

同類と思われるから

仕事しない人と関わっていると、その人と同類だと思われてしまうケースもある。

自分も巻き添えを食らって【仕事しない人】だと思われないために、無視するってわけだ。

伊藤
伊藤
誰もがみんな仕事をしているアピールで必死だから、わざわざ仕事をしない人と関わる理由がないんだよね。

社会的な立場が低いから

職場において、仕事しない人というのは立場がものすごく低い。

伊藤
伊藤
発言力もないから影響力も低いし【ただいるだけの存在】なんだよね。

だからこそ周りの社員から無視されるというのは当たり前の反応と言えるだろう。

自分まで無視されるから

仕事しない人と仲良くしてしまうと、自分まで無視される羽目になりかねない。

最悪の場合は、裏で陰口を言われたり嫌がらせをされたりなどの仕打ちを受けるケースもある。

そのようなリスクを回避すると言う意味でも、「仕事しない人は無視しよう」と最初から決めつけている人も多い。

仕事しない人が放置されないようにするには

ここからは、仕事しない人が職場で放置されないようにするためにはどうすれば良いのか?というの解説していこう。

基本的に社会人というのは、たとえ仕事ができなくても仕事を覚えようとしているフリをするものだ。

「仕事をしていないと周りに思われてもいいや」と開き直った時点で、放置されてしまうのは避けられないことだと思う。

重要なのは仕事を覚えようとしているアピールをする事。

伊藤
伊藤
実際に、仕事をしているかしていないかは関係ないんだよね。

仮に仕事をしていなかったとしても、周りの人に「仕事を覚えようと努力している」という風に思わせることができれば、職場で自分の存在価値が生まれ、放置されることもなくなるはずだ。

特に【新入社員の場合】は仕事をしなくても

「何をすれば良いのかわからないのかな?」などと周りの人が思ってくれるのであまり思い詰める必要はないだろう。

仕事しない人が無視された時の対処法

ここからは、仕事しない人が職場で無視されたときの対処法について解説していこう。

職場で無視された時は、既に自分の立場が低くなっていると思ったほうがいい。

そういう時は、たとえ真面目に仕事をやっていたとしても認めてはもらえないので注意しよう。

伊藤
伊藤
こういう時って、仕事をすることよりも【職場の人間関係】を安定させることを意識した方が良いんだよね。

積極的にコミニケーションを取ったり、何気ない会話をして場を盛り上げたりなど、

ちょっとした気遣いで自分の印象を変えることができれば今後無視されるようなこともなくなるだろう。

ただし、仲良くなったところでいつまでも仕事をしない状態が続いたら、相手から反感を買う可能性もあるので、その人間関係は長続きしないと思った方が良い。

結局のところ、職場で無視されたり放置されないようになるためには仕事をするしかないと言うのが結論だ。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする