【高校ぼっち女子の過ごし方】体育や移動教室がしんどい!

自分から話しかけなければクラス内で誰も相手にしてくれない!

そんな悩みを抱えた高校生の女子は多いですよね。

この記事では現在も神奈川県の高校に通っている、【ある一人のぼっち女子】が具体的に高校でどんな過ごし方をしているのか、1日の流れを沿って紹介していきたいと思います。

高校ぼっち女子の過ごし方

登校中

まずは 1日の始まりの登校中なるべく遅く高校に着くように意識しています。

というのも、クラスについた後は自分の居場所がないので少しでも学校にいる時間を短くしたいという切ない願いが込められていることが多いです。

高校に近づくにつれて気分はどんどん憂鬱になり、できることならこのまま学校を辞めてしまいたいと考えてしまうこともありますね。

クラス

いよいよ高校に着いてしまい、クラスに入ってカバンから荷物を取り出します。

自分から「おはよう」と言えば「おはよう」と返してくれる友達はいますが、あえて自分が何も言わずに黙っていると挨拶を返してくれる友達はいません。

周りの女子が固まって楽しそうに話している空気に耐えられないので勉強はめんどくさいですが、早く授業が始まって欲しいと願っています。

ちなみに、高校よりも大学の方がぼっちでいると辛いと言われていますね。↓

授業中

授業中は友達とトラブルが起きることもないし、自分がぼっちだと言う事実を忘れることができるので精神的には楽な方です。

しかしこの後に待っている体育という授業で必ず私は嫌な思いをすることになります。

そんな事を考えると時間が過ぎるにつれてどんどん憂鬱になっていきます。

体育

高校ぼっち女子にとって一番辛い授業が始まります。

体育は準備運動の段階で二人一組になる瞬間があります。

それが隣の列にいる人とかランダムであればペアがいなくなるということはありませんが、自分の好きな人とペアになる場合は高確率でぼっちになります。

仮に誰かとペアになれたとしても自分はスクールカーストの最底辺なのでペアの子は明らかに嫌そうな顔をするでしょう。

もし話しかけたりしたら、確実にシカトされるか、「話しかけないでほしいオーラ」を出されますね。

体育でやるスポーツに関しても、決して運動神経が良い方ではないので必ず誰かに迷惑をかけることになります。

毎回惨めな思いをすることになるので、いっそのこと体育なんて無くなってしまえば良いといつも思っています。

10分休み

授業と授業の間の10分休みはひたすら寝ているかスマホを見ています。

場合によっては教科書などを開いて忙しいフリをしている時もありますね。

休み時間のはずなのに授業中よりも心が休まらないので正直しんどいですね。

移動教室

この高校では英語と数学は担当の先生に教えてもらうため、別のクラスに移動するようになっています。

この移動教室では基本的に友達同士で歩いて行動することが多いのですが、高校ぼっち女子はなるべく目立たないように早めに移動をしていることが多いですね。

一人で教室を移動しているのを周りに見られるのは正直しんどいです。

昼休み

はい、毎日の高校生活の中で一番ぼっち女子にとって辛い時間がやってきました。

昼休みは仲の良い友達同士で席を向かい合わせて昼食を食べるのがクラスでは当たり前になっていますが、当然ぼっち女子の自分は一人でご飯を食べています。

いわゆるぼっち飯というやつですね。

ご飯を食べ終わった後もすることがないのでひたすらぼーっとしています。

毎日のように早く家に帰りたいと願っていますが、そう思えば思うほど時間は長く感じるようです。

放課後

午後の授業が終わり放課後になるとすぐに学校を出ます。

周りのリア充達は放課後になったら友達と楽しそうに喋ったり部活に励んだりしていますが、学校にいる時間より少しでも家にいる時間が長い方が良いので下校中はテンションが上がります。

しかし寄りたいお店や食べたいものがあってもぼっちなので一人で行く勇気がなく、周の女子高生達が羨ましく感じることもありますね。

高校ぼっち女子は辛い!

このように高校ぼっち女子は毎日のように辛い過ごし方をしているのです。

「自分のことが話題にされてないかな?」とか

「予期せぬトラブルに見舞われたらどうしよう」とか常に心配しながら生きています。

正直言って体には半端じゃないストレスもかかっているので体調を崩すことが多々あります。

しかしだからといってどうすればこんな高校生活が改善できるのかもよく分かっておらず、家に帰って現実逃避をするのが日課となっています。

なんとか高校生活を楽しくしようと努力はしているのですが 、未だに高校を楽しいと感じることはかなり少ないです。

詳しくは下の記事をご覧になってみてください。↓

【高校はぼっちでも楽しい?】一人の方が自由だけど楽ではない

しかし全ての希望を捨てたりしたらその時点で終わりなので、そんな高校ぼっち女子でもいつかは自分にも幸せな日がくるのだと信じて今日も生きているのです。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする