【陰キャは飲食店でバイトをするな!】必ず絶望して後悔する

こんにちは伊藤です。

今日は全ての陰キャの人たちに伝えたいことがあります。

「バイトをする時飲食店だけは絶対にやめておけ!」

今回は陰キャが飲食店でバイトをするとどうなるのか?ということについて、お話ししていこうかと思います。

陰キャが飲食店でバイトするとどうなる?

陰キャが飲食店でバイトをすると、まず高確率で【病む】ことになるでしょう。

理由は様々ですが、これは陰キャである僕が実際に経験した事でもあります。

SNS でも度々拡散されていますが、客観的に捉えても陰キャは飲食店でバイトをやるべきではないと感じます。

正直、飲食業界は他の業界と比べても人間関係でのストレスが半端じゃありませんからね。

しかしバイトを始める前は、「飲食店のバイトくらい誰でもできる」と思っていた時期が僕にもありました。

そもそもなぜ飲食店で陰キャの僕でも働けると思ったのかと言うと、飲食業界は大手のチェーン店が多いからです。

バイト社員に対するマニュアルが徹底していおり、気軽に働けると思っていた訳ですね。

まあ結果的には全然気楽では無かったんですけどね。

伊藤
伊藤
当時は、少しでも自分に馴染みのある場所の方が安心するので良いんじゃないかと考えていました。
脳内フレンド
脳内フレンド
スマホの広告とか、チラシに写っている雰囲気で飲食業のバイトを選んじゃったんだよね。

確かにどこにでもあるチェーン店でバイトをするというのは、始めるまでの敷居が低いので怖くないです。

僕は性格上、人間関係のトラブルとか予期せぬ事態に見舞われるのがとても怖いのですが、実際チェーン店だとなんだか安心したんですよね。

しかし、実はその考えはまるっきり逆で、陰キャは飲食店でバイトするべきではないと今では確信しています。

確かに飲食業界以外のバイトは始めるまでの敷居が高くてなかなか勇気がいります。

そして従業員マニュアル的なものが無いことが多く、 個人のスキルや技量が必要だと思われがちです。

しかし、実際は徹底管理された飲食店大手のチェーン店ほど陰キャが持っていないコミュニケーション能力とか細かい配慮が必要な応用力が必須になっているのです。

陰キャが飲食店でバイトをしてはいけない理由

ではここから、陰キャが飲食店でバイトをしてはいけない理由を具体的に解説していきます。

体育会系ノリ

多くの飲食店は初めてバイトで入ってからすぐ、研修期間中に体育会系ノリを味わうこととなります。

この風習が僕は大嫌いなのですが、お客様に対し、さわやかに元気よく声をかけることを徹底的に叩き込まれるのです。

鏡の前で笑顔の練習とか、その会社の理念とか言葉に出して復唱させられます。

まあアホらしいですが、それだけならまだ良いです。

陰キャにとって一番の問題は、そんな飲食店で働いている社員の人のほとんどは体育会系で声と態度がやたらとでかいのです。

飲食店で働いている全ての社員が体育会系だというわけではありませんが、 統計的な割合で考えると確実に元ヤン的な人種が多いと言えるでしょう。

学校のクラスで例えるといわばスクールカーストの上位にあたる人たちの中に、陰キャの学生が入っていくのですから、馴染めないのは当然ですよね。

コミュニケーション必須

仮に同じ職場で働くのが体育会系の人達ばかりであっても、「関わらなければ良い」という考えもありますが飲食店ではそういうわけにもいきません。

伊藤
伊藤
というのも、仕事上では必ずそういう人達とコミュニケーションを取らなきゃいけない場面が多々あるので陰キャの僕はかなり辛かったです。

僕は元々、オタク以外の他人と話すのが苦手だったので、職場で話すとかなり声がどもってしまい、怖いバイトの先輩に「なんて言ってんの?」と聞き返された事が何度もあります。

当然お客さんとのやり取りも多いので、精神的にはかなり疲労していたのを覚えています。

普通にパワハラ

飲食業界はブラックな経営をしているところがほとんどです。

それゆえに社員はどいつもこいつも高圧的な態度で普通にパワハラをしてくるケースも多いです。

おそらく、そのくらいの勢いでバイトの人間の管理しないと、お店が成り立たなくなってしまうのだと思います。

入ったばかりなのに新しいことを次から次へと覚えさせられ、できないことがあって質問をしても

「前にも言ったよね?」と明らかに嫌そうな顔をされます。

伊藤
伊藤
これを聞いて、「嫌な職場だな」と思う人も多いと思いますが、これは決して僕が勤めていた飲食店だけではないということを知ってほしいです。

令和になってからというもの、飲食業界全体がこのような雰囲気になっているのはバイトルの口コミとかを見ても明らかです。

休みが取れない

こんな感じで飲食業界はどんどん全体的に働きにくい環境になっているわけですが、それゆえに人手不足が社会問題となっています。

しかし全国で数々の飲食チェーン店が潰れていく中で、経営者が考えた対策はバイト社員に休みを与えないということでした。

伊藤
伊藤
うん、最悪ですよね。

もちろんバイトを始める前は、

「時間は自由に働けます。」とか

「好きなタイミングで休めます。」みたいな宣伝文句で人材募集をしているかもしれませんが、実際にそんな飲食店でバイトをしてみると

「上司から何日に入って」とか「今日この後も入れる?」とかしつこく聞いてきます。

それもそのはず、社員というのは空いたシフトの穴埋めを担当しているのでバイトが働けば働くほど自分の休みが増えるのです。

こんな理不尽なシステムは消えてしまえと思っていますが、陰キャである僕はナメられているのか、ほとんど強制的にシフトに入れられてしまうのです。

なので、もし飲食店でバイトをするとなれば、上司に嫌味を言われることは覚悟をして断る勇気を持つ事が重要になると思います。

僕はもう二度と飲食店でバイトをしないですけどね。

陰キャがバイトをするには

やはり陰キャには飲食店(ホール)のバイトは勤まらないですね。

無理してバイトを続けても、病んで無駄に消耗するだけなので僕は速攻止めました。

正直かなり迷惑をかけたとは思いますが今考えても辞めて良かったと思っています。

やっぱり陰キャがバイトをするにはそれなりに陰キャに合った環境で働くのをおすすめします。

下の記事では陰キャでもできるおすすめのバイトを解説しているのでご覧になってみてください。↓

陰キャでもできるおすすめのバイト【6選】

最後にもう一度だけ言います。

【陰キャは飲食店でバイトをするな!】

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする