バイトが続かないのは人間関係が怖いから!?【フリーターの体験談】

よう!俺は陰キャ伊藤だ。

伊藤
伊藤
現在 Youtuber として活動しているが、ぶっちゃけフリーターみたいなもんだ。

突然だが、君は「バイトが続かない」という経験をしたことはないか?

人間関係の立ち回りが苦手な人間は、フリーターになる事すら難しいんだよな。

この記事では、俺の体験談をもとに、【バイトが続かない原因】について詳しく解説していこうと思う。

バイトが続かないのはなぜ?

「正社員に比べればバイトなんて楽だ。」という話を聞いたことがある。

でも人によっては、バイトですら自分の神経をすり減らすほどめちゃくちゃ辛いことなんだよな。

当然それを、周りの人は理解していない。

甘えだと言われるかもしれないが、「我慢すれば良い」 とかそういう問題じゃない。

我慢した先が自分にとっての不幸ならば、 「バイトを辞める」という選択は絶対に間違っていない。

伊藤
伊藤
つまりバイトが続かないのは、耐えられなくなったからではなく、自己防衛に近いものなんだよな。

もし仮に、俺のような人間がバイトを我慢して続けていたら、情緒的に不安定になって、うつ状態になっていたという確信がある。

それを未然に回避できたのは、バイトを辞めるという選択ができた、俺の行動力のおかげなのだが、周りから見たら「辛いから逃げた」としか思われないんだよな。

周りからクズだと思われ、なんだか報われない気もするが、それを踏まえてもなおバイトが続かないのは仕方のない事であり正解だと思う。

バイトが続かないのは人間関係が怖いから

ここからは俺の体験談をもとに、バイトが続かない原因について解説していこうと思う。

結論から言うと、バイトが続かないのは人間関係が怖いからだ。

ただし人間関係が怖いと言っても、別に人と話すのが怖いという訳ではない。

まあ、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は、話すこと自体も怖いのかもしれないがバイトが続かない根本的な原因はそこではないと思うんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
は?どゆこと?

「人間関係が怖い」のは、1対1のやり取りだけではなく、そのバイト先の全体の空気感に馴染めないというか、職場にいる人々に溶け込めないという事なんだよね。

人間関係が「怖い」と感じている人は、バイトをしていると自分だけが異世界に迷い込んでしまったかのような不思議な感覚に陥ることがないだろうか?

「自分もバイト社員の一員なんだ」という実感が全く湧かず、まるで自分だけが仲間外れにされているかのような不安な気持ちを感じるんだよね。

しかしバイトやっている中で唯一安心できるものもある。

それは【時計だ。

壁にかけてある時計の時間さえ過ぎ去れば、このバイトという異世界から脱出できる。

元の自分の世界に帰れるという確信が唯一の希望なんだよな。

だから時計を必要以上に何度も確認してしまって、なかなか時間が進まないと言う経験をしたことがある人も多いと思う。

人間関係が怖いのはなぜ?

なぜ人間関係が「怖い」と感じてしまうのか考えたことはある?

俺が思うにそれは、あらかじめ展開が読めないからだと思う。

人間というのは新しい環境に入ったとしても、ある程度「次にどんなことが起きるのか」という想像ができる。

伊藤
伊藤
だからこそ、それに対して対策も練れるし、心の準備をすることができるんだよね。

しかし人間関係に関しては、実際にその時が来るまでどんなことが起きるのか全く想像がつかない。

例えば、

  • バイトに行ったらどんな事を話しかけられるのか?
  • 休憩時間は誰と誰がどの位置に座るのか?
  • 自分が会話をするタイミングはいつどこでなのか?
  • 仕事関係の話をするのか、プライベートな話をするのか?

など、事前に分からない事がありすぎて不安が爆発してしまうんだよな。

もしも不測の事態に遭遇したら、上手に対処できないかもしれないし、テンパって変な行動をしてしまうかもしれない。

だから、予測のつかない人間関係に関しては「怖い」という感情を抱いてしまうのだろう。

人間関係を「怖い」と思わない人間というのは、自分に自信を持っている人だけだ。

人間関係で不測の事態が起こっても自分は上手に対処できると、最初から知っているわけだな。

しかし、

  • 人間関係で失敗した経験のある人
  • コミュニケーション能力の低い人
  • トラウマを抱えている人
  • コンプレックスを持っている人

などは、人間関係で悩む事の辛さをめちゃくちゃ理解しているから、余計に緊張して不自然な対処法を取ってしまう事が多いんだ。

特にこれは実体験でもあるのだが、俺もシール貼りのバイトで怖い経験をした事がある。

詳しくは下の記事を見てみて欲しい。↓

バイトが続かない時の解決策

バイトが続かない時は、具体的にどのような解決策があるのだろうか?

考えられる方法としては以下の3つ

  1. 人間関係に慣れる
  2. バイトを続けるのを諦める
  3. 続けられそうなバイトを探す

1つ目の【人間関係に慣れる】方法は、 簡単に言えば自分を変えるということだ。

新しい自分に生まれ変わってコミュニケーション能力の高い、理想の人間に近づくということだな。

しかしこれははっきり言って無理だ。

100%不可能というわけではないけれど、正直かなり難しいと思う。

伊藤
伊藤
これが簡単にできるのであれば、「バイトが続かない」なんていう悩みを抱えている人間はいないよね。

2つ目の方法の【バイトを続けることを諦める】ということに関しては、そもそもバイトが続かないのであれば、辞めていいんじゃないか?という考え方だ。

新しいバイトを始めて、すぐに辞めるというのを繰り返すと確かにいろんな人に迷惑はかけると思うが、ぶっちゃけ自分にデメリットはない。

むしろ色んな職種を知れるというのはメリットにもなりうるのではないだろうか?

ただしこれは、働いている期間が短くなってしまうので、今後人間関係に慣れるということは絶対にできない。

伊藤
伊藤
せっかく仕事を覚えても、新しい職場に行ったらまた初めからのスタートなので、いつまでたっても仕事が楽にならないからあまり現実的ではないと思う。

3つ目方法の【続けられそうなバイトを探す】では、なるべく人間関係が「怖い」と感じないようなバイトを探して、 なるべく続くように努力するということだ。

正直、これが一番現実的でシンプルな解決策なんじゃないかと思う。

下の記事では人間関係が怖いと感じないようなバイトの種類を具体的に解説しているからチェックしてみるといい。↓

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする