男社会で出世する女性の顔は美人って本当?【体験談】性格の特徴を解説

世の中の男社会で出世する女性は、なぜか美人が多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
美人は男受けが良いから出世しやすいのかな?

果たしてこれは本当なのか?

だとしたらブスは男社会で出世できないのか?

この記事では、男社会で出世する女性の特徴を超具体的に解説するよ!

男社会で出世する女性の顔は美人?

男社会で出世する女性の顔は美人なのか?

結論から言うとこれは本当

でも勘違いされがちなのが、男受けが良いから出世するという訳ではない。

脳内フレンド
脳内フレンド
出世する女性は、自分を美人に見せるのも上手なんだよ。

つまり【なんちゃって美人の人】も多い!

いわゆる「いい女風」に自分を作り上げる女性のこと。

芸能界で活躍できるような【本物の美人】ではないんだよね。

男社会で出世する女性というのは、やはり見た目も違う。

【できる女】というオーラを纏った輝きを放っているよね。

輝いている女性はやっぱり美人って言えるんじゃないかな。

男社会で出世する女性の顔が美人な理由

笑顔が素敵

男社会で出世する女性がまず美人だと感じるのは、笑顔が素敵だってこと。

脳内フレンド
脳内フレンド
男性は特に女性の笑顔に魅了されることが多いね。

笑顔に癒されるから、笑顔の女性がいるだけでその職場はとっても明るくなる。

笑顔が美人だと内面が美しく見えるんだよ。

そうなると顔も必然と美人に見えてくるもの。

でも出世する人というのは自分に対して厳しいから、果たして笑顔は心からの笑顔なのか、使い分けていることもあるね。

仕事に前向き

男社会で出世する女性は、やっぱり仕事に前向きだってこと。

これは男性だって同じだよね。

でも女性は男性よりも比較的、集中力があるから真剣な顔は美人オーラが半端ない。

それに仕事に前向きだと、周りにも良い影響を与える。

脳内フレンド
脳内フレンド
だから男社会で出世する女性といういのは、周囲を巻き込む力があるってことだね。

なかなか仕事に前向きになれないことが多いから、こういう美人がいるだけでやる気になるよ

ね。

誰かのせいにしない

出世する人というのは、いつも自分と戦っている。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり誰かのせいにしないってことだよね。

仕事で失敗して、誰かのせいにできればそれほど楽なことはない。

でもやっぱり自分の仕事は責任を持ってするのが当たり前。

仕事で誰かのせいにするようなら、その人の生き方もそうだってことが言える。

信念を持って日々を過ごしている女性は、やっぱり素敵だしキラキラ顔が輝いている美人に見えるものだよ。

身だしなみがきちんとしている

よく女を武器にする女性っているよね。

それは男社会の中で仕事をしていくわけだから、それも一つの方法。

でも男社会で出世する女性はどこか性差を超えているから、女を武器にすることはないし、女性を意識した服装もしてない。

敢えてパンツスーツを着たり、身だしなみだって女性としてきちんとしている。

中身から清潔感がある女性はやっぱり美人だと言えるよね。

頭の回転が速い

出世する人は、頭の回転が速い。

脳内フレンド
脳内フレンド
常に頭をフル回転させていなければ、競争社会では戦っていけないんだよ。

だから男社会で出世する女性だって、男性以上に気が利くし、それが女性としてのメリットだよね。

男性以上の頭の回転があると、男性から一目置かれるもの。

頭が良い人は自分の見せ方も知っているから、顔つきは美人そのものだって言えるよ。

出世する人(女性)性格の特徴は?

人望が厚い

出世する人が一番大切にしていること

それは人と人との繋がりだよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
人が人を成長させてくれるってこともあるんだよね。

最終的に出世してトップに立つ人というのは、人望が厚いということ。

他人をないがしろにして出世はあり得ない。

男社会で出世する女性の特徴は、男女問わず幅広く人を大切にできるところだよね。

協調性がある

よく企業のトップに立つ人は孤独だ、と言われる。

脳内フレンド
脳内フレンド
それは出世する人ゆえの悩みであり、むしろ孤独を選ぶ人もいるよ。

なぜなら最終的に会社を守るのはトップであり、自分の判断がすべてを左右するから。

でも会社のトップにのし上がるまでの過程では「協調性」はとても大切。

つまりトップより下の部下たちは同じ方向を向いている必要がある。

だから、男社会で出世する女性の特徴としては、男性並みの率先力がなければならない。

以下大勢の中に埋もれていては、出世してはいけないってことなんだよね。

嫌味がない

「出る杭は打たれる」っていう言葉は知ってる?

才覚を表すほど妬まれる。

脳内フレンド
脳内フレンド
出世には、それを跳ね返すくらいの心の強さが必要だよ。

男社会で出世する女性は、心の強さは勝気な性格と取られかねない。

でも本当に出世する人って、心の強さは顔には出さない。

むしろ、さらりとなんでもやってのけることができて、嫌味のないのが特徴だよね。

苦労を苦労と思わない内に秘めたる強い思いが何より大切なこと。

それがプロ意識ってことだよ。

相手の話をよく聞く

出世する人の特徴は、とにかく相手の話をよく聞く。

たとえそれがクレームであっても、その中にヒントは必ずあるもの。

もちろん多くのクレームは理不尽なことが多い。

でも相手の話をよく聞くと、その人の本質が見えてくるし、何をして欲しいのか感じ取れる。

脳内フレンド
脳内フレンド
顔が美人かつ男社会で出世する女性は、相手の気を引くことができるのが強みとなるよね。

男より男前

厳しい男社会で出世する女性にとっては、ある意味女を捨てなければならない。

でも髪を振り乱して、まるで男のように振る舞うことをしてしまうこともある。

出世する人としてはそれもいいかもしれないけれど、それでは共感されないのが現実。

むしろ女性として素敵な笑顔を振りまくことのほうが男性からは評価される

脳内フレンド
脳内フレンド
決断すべきことははっきりと主張し、強い意志を示せるのが出世する人の特徴だといえるよね。

男社会で出世する女との関わり方

女性の特徴をまず知ること

女性の社会進出が進んでいる今でも、まだまだ女性は下に見られることもある。

男社会で出世する女性は【美人顔だから得をする】という考えは、まず払拭すべき。

美人顔は後からついてくるもの。

その人の人となり、性格なりが輝かせてくれた結果なんだよ。

だからまずは女性の特徴を知って欲しい。

脳内フレンド
脳内フレンド
女性にしかできないこと、男性にしかできないことがあるのは確かだよ。

「女だから」

そんな括りを取っ払ったとき、男女共に輝けることができる。

女性にしかないメリットを把握すること

女性は男性に敵わないことは分かってる。

やっぱり体力的にも知力的にも男性は上なんだよね。

でも女性特有の目線で社会を見ると、男性とはまた違った方向性を示すことができる。

男社会で出世する女性は、決して男性を出し抜こうとは思ってはいない。

脳内フレンド
脳内フレンド
むしろ女性にしかないメリットを活かしていけることを考えているんだよね。

今は多様性の時代。

男女の垣根を超えることは大きな可能性へと繋がるよ。

女性特有のヒステリーに驚かないこと

男性にとって女性特有のヒステリーは苦手意識があるよね。

女性はどうしても感情に訴えることをしてしまう。

でもこれに翻弄されていると男性は女性に対してもっと苦手意識を持ってしまうことも。

だから女性特有のヒステリーには

「また始まった」と思っておくくらいがいい。

脳内フレンド
脳内フレンド
ヒステリーに訴えてはいけないことは女性本人が一番分かってるんだよ。

そこに触れて欲しくないってことを、理解してくれたら有難いよね。

清潔感を保つこと

男社会で出世する女性との関わり方として、気を付けて欲しいのは清潔感。

脳内フレンド
脳内フレンド
これは女性の前だからということよりも、社会人として当然のことだよね。

  • 髪型はきちんと整えているか
  • 清潔な服を着用しているか
  • 靴は磨かれているか

女性は見ていないようで見ているもの。

ぜひ気を付けて欲しいよね。

女上司の話をまず聞くこと

自分の上司に女が就任したとき、男性は複雑な心境になることはあるかもしれない。

でも男社会で出世する女性は明らかに優秀。

それを盛り立てていってくれるかどうかで女上司として成長できることもあるんだよね。

良い上司になれるか否かは、案外部下次第だったりする。

まずは女上司の話をじっくりと聞くことをしてみて。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分の女上司を、さらに魅力ある美人顔にさせることも部下次第だったりするかもね。

男社会で出世する女は女から嫌われる?

男社会で出世する女は嫌われることは確かだよね。

しかも優秀であればあるほど嫌われる。

そこへ【美人顔】というおまけが付いていると、なおさら。

男性から妬まれることもあれば、それよりも同性である女性からの嫉妬心で風当たりが強くな

ることも。

でもそれは出世する人として認識されている証拠でもあるよ。

そう思われていなければ嫉妬心は芽生えない。

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり輝いている美人顔がまぶしい女性として目に映っているってことなんだよね。

男社会で出世する女性は、この嫉妬さえも味方にできる力があることは間違いないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする