【職場で関わらない方がいい人の特徴】感情に左右されやすい人に注意

仕事をしていくうえで、職場の【人間関係】は【給料】以上に重要なものです。

世の中には、絶対に関わらないほうがいい職場の人間というのが存在しています。

脳内フレンド
脳内フレンド
職場の人間のせいで病んでしまうケースも多いからね。

この記事では、職場で関わらない方がいい人の特徴について超具体的に解説していきます。

職場で関わらない方がいい人って?

職場で関わらない方がいい人とは具体的にどんな人なのか?

と言う話ですが結論から言うと、関わることで自分のデメリットにしかならないような人間です。

職場というのは、【学校のクラス】や【刑務所】と同じようにすごく限られた空間です。

脳内フレンド
脳内フレンド
人間って同じ空間の中に閉じ込められると、必ず争いが生じるものなんだよね。

「誰かが誰かを嫌っている」とか

「誰かが誰かをいじめている」などと

しょうもない争いが毎日のように繰り広げられているのです。

場合によっては、誰かに気に入られるために媚を売ったり、自分が有利な立場になるために努力したりなどすることもあるでしょう。

職場で自分がどうやって生きていくかは人それぞれ違いますが、誰しも【理想の形】というのが存在しています。

例えば

  • いろんな人から慕われたい
  • 上司に気に入られたい
  • 誰からも嫌われず平和に過ごしたい
  • 厄介な人間と距離をおきたい

などです。

話は戻りますが、この【理想の形】に近づくのに、妨げになる人物が職場で関わらない方がいい人という事ですね。

職場で関わらない方がいい人の特徴

ここからは、さらに具体的に職場で関わらない方がいい人の特徴について解説していきます。

口が軽い

口が軽い人とはなるべく関わらないほうが身のためです。

というのも、もしも自分が言った陰口を誰かに広められたりしたら。職場での人間関係は必ず悪化するからです。

まあ口が軽い人でも、信頼関係を築くことができればあなたの悪い噂を広められる事はないかもしれません。

でも、そもそも最初から口が軽い人と関わらなければ、

「あの時言った影口が誰かに伝わらないかな…?」

などと心配する必要もないですよね。

周りから持ち上げられている

職場には必ず周りから【ヨイショ】されて持ち上げられている人物がいます。

例えば

  • 上司の偉い立場の人
  • 年配のおつぼね
  • 気が強い人

など、職場によって状況は変わりますが、その人と関わると毎日媚を売らなければいけなくなる羽目になるので注意が必要です。

そういう人は影響力もあるので、味方につければ心強いかもしれません。

脳内フレンド
脳内フレンド
しかし変に仲良くなって深入りしてしまうと、常に気を使わなくてはいけない職場になってしまうから、できれば関わらないほうが良いね。

陰口が多い

陰口が多い人も、職場では【関わらない方がいい人】ですね。

誰かに対して不満を持っている人というのは、必ずその人にとってのが存在します。

つまりあなたが陰口が多い人と関わるという事は、あなたの敵も増えると同じことなのです。

職場での敵は少ないに越した事は無いので、関わらないほうが身のためです。

感情に左右されやすい

感情に左右されやすい人も職場では【関わらないほうがいい人】ですね。

脳内フレンド
脳内フレンド
その日の体調や気分によって、理由もなく不機嫌になる人って結構多いんだよね。

そのような人と関わっていると、こちらのメンタルもやられてしまい気疲れしてしまう羽目になるので、絶対関わらない方がいいです。

意見をすぐに変える

職場で関わらない方がいい人の特徴として【意見をすぐに変える】と言うのが挙げられます。

「仕事上のやりとり」や「雑談」も含めて、意見をすぐに変えられると必ずあなたは振り回されることになります。

特に自分より立場が上の人だと、こちらも気を使わなきゃいけなくなるので、かなりストレスが溜まりますね。

嘘を付く

嘘をつく人とは職場では絶対関わらない方がいいです。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分にとって特になる事なら、人を落とし入れてでも平気で嘘をつく人ってこの世にたくさんいるんだよね。

そのような人と関わっていると、必ずいつかは裏切られるので最初から関わらない方がいいでしょう。

責任感がない

責任感がない人と仕事をすると、自分の負担がとても大きくなります。

本来責任をおう立場では無いはずなのに自分も責任を負うことになったり、何かミスが起こった時に責任を押し付けられたりする可能性もあります。

場合によっては、仕事を押し付けられて仕事量が増えてしまうこともあるので注意が必要ですね。

何事もおおげさに反応する

何事も大げさに反応する人って職場によくいますよね。

このようなタイプの人間も、職場では関わらない方がいい人の特徴です。

なぜかと言うと、大げさに反応されると相手と自分の間に感情の温度差が生じてしまうわけです。

つまり必要以上に自分もオーバーリアクションを取ったり、【演技】をしなければいけなくなるので精神的に疲れてしまうのです。

頑張っている人をバカにする

職場で頑張っている人を馬鹿にするタイプの人間もたまにいます。

脳内フレンド
脳内フレンド
出世しようと頑張っていたり、仕事で努力している人をけなす人って性格的に問題があるよね。

このような人と関わっていると、自分が真面目に【仕事をしにくい環境】になってしまうので関わらないほうが良いでしょう。

コネがある

上層部の人間とコネがある人は、たとえ同じ年代の同期だとしても関わらない方がいいです。

なぜかというと、プライベートで自分が愚痴を言っていた事を話されたり、知られたくないような仕事上の裏事情をチクられる可能性があるからです。

そういったリスクを減らすためにも、コネで入社した人などとは、なるべく関わらないほうがいいですね。

職場で関わった方がいい人の特徴

ここからは、逆に職場で【関わった方がいい人】の特徴について具体的に解説していきます。

同期

とりあえず職場では、入った時期が同じ人や、立場が似ている同世代の人と多く関わった方が良いです。

脳内フレンド
脳内フレンド
仕事って基本的に同じ価値観を持っている人との方がやりやすいからね。

自分より長く勤めている年上の人や、入ったばかりの新入社員と仲良くしても、信頼関係が生まれにくいのでまずは同期との仲を優先した方が良いです

波長が合うの人

人は誰もが自分と同じ波長の合う人を探しています。

【笑いのツボ】や【会話のテンポ】などがズレていると、ちょっとしたコミニケーションでもやりづらさを感じる場面は多々あります。

なので、職場ではできるだけ自分と同じような価値観を持っている人と関わったほうがいいですね。

プライベートで遊べそう

職場で関わった方がいい人かどうかを判断するには、プライベートで遊べるかどうかを基準にして判断できます。

脳内フレンド
脳内フレンド
「この人とはプライベートで会いたくないなぁ」と思っている人は、いくら仕事を一緒にやっていても「楽しい」と感じないんだよね。

また、実際にプライベートで遊ぶことができれば、それだけ職場の空気に馴染むことができるので積極的に誘っていくべきですね。

以上、隠キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする