クラス替えのおまじないは叶った?【体験談】前日と当日に試した結果

こんにちは、陰キャ研究所の伊藤です。

私が中学生の頃、

「クラス替えで絶対同じクラスになりたい!」

と思っていた友達が2人いました。

脳内フレンド
脳内フレンド
友達は少なかったから、同じクラスになれるように全力で願っていたんだよ。

そこで、ネットで友達と同じクラスになる方法を調べていると【クラス替えのおまじない】というものを見つけたのです。

今回は、そのおまじないを試した結果、本当に叶ったのかどうかを体験談として話していきたいと思います。

クラス替えのおまじないは叶った?

結論から言うと、クラス替えのおまじないは叶ったとは言えないです。

私が入っていた友達グループは3人だったのですが、なんとどちらの友達とも同じクラスにはなれなかったのです。

つまり全員が離れ離れになってしまったという事です。

クラス替えのおまじないなんか信用するだけ無駄だということですね。

脳内フレンド
脳内フレンド
本当、やるだけ無駄だったなあ…

しかも私が試したおまじないは比較的効果が高いものだったはずなのに、全く叶わなかったのでびっくりしましたね。

私はこのことがあってから、その後はもう2度とおまじないを信じないようになりましたね。

まあ、人によっては

「クラス替えのおまじないが叶った!」

と言っている人もいるので、必ずしもおまじないが無駄だというわけではありません。

しかし個人的にはそれはおまじないが叶ったのではなく、 偶然理想のクラス替えになっただけであり、運が良かっただけだと思います。

脳内フレンド
脳内フレンド
偶然叶っただけなのに、「おまじないのおかげだ!」と勘違いしているんだよ。

どちらが正しいのか判断するのは人それぞれですが、少なくとも私が実践しても効果がなかったおまじないがあったというのは事実です。

それでは具体的に、私がどんな【クラス替えのおまじない】を実践したのか解説していきます。

前日にやったおまじない

クラス替えのおまじないは前日と当日で2種類やりました。

初めに、前日にやったおまじないですが私が実践したのは月に祈るという方法です。

夜空の月に向かって 「何々ちゃんと同じクラスになれますように」 と必死にお願いをしたのです。

これは強力なおまじないらしいので叶った人が多いらしいのですが、私の場合は結局叶いませんでしたね。

脳内フレンド
脳内フレンド
月なんかに祈ってもマジで意味ないよ…

ちなみに私と一緒に

「同じクラスになりたいね。」

と話していたその友達も、同じように前日に月にお願いするおまじないをしたのですが、どちらの願いも叶わなかったという事になります。

当日にやったおまじない

当日にやったクラス替えのおまじないは、折り紙で鶴を作るというものです。

ピンクの紙で鶴を作り、羽にお互いの名前を書くというものですが、このおまじないも結局叶わなかったです。

脳内フレンド
脳内フレンド
折り紙とか、ただの紙切れだよ。

家に帰ってから、お母さんに

「おまじないは叶った?」

と聞かれたのですが、その瞬間辛い気持ちが溢れてきて泣いてしまいました。

自分で必死にクラス替えのおまじないを調べて、実践していたのがバカみたいに思えてきたんですよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
そんな子供だましのおまじないで、同じクラスになれるになれるんだったら苦労しないよ。

しかも、今回のクラス替えは友達と離れ離れになってしまっただけではありません。

私が最も嫌いで、

「一緒のクラスになりたくない!」

と思っていた友達が私と同じクラスになってしまったのです。

さらには、担任の先生も厳しい先生になってしまい、本当に最悪なクラス替えになったと思います。

下の記事では、その事について詳しく解説しているのでご覧になってみてください。↓

【クラス替えが最悪だった時の対処法】まずは席が近い人と話せるようになろう

クラス替えのおまじないが叶った事ない

実は言うと、私は中学生の時だけでなく、小学生の頃から何度も【クラス替えのおまじない】というのを試してきました。

しかし実際に叶ったことは一度もありません。

ここまで最悪なクラス替えになったことは今までありませんでしたが、おまじないで願いが叶うというのは本当に低い確率なんだと思います。

脳内フレンド
脳内フレンド
そもそもやる意味が無いんだよね。

むしろおまじないなんかしないで、最初から運に任せた方がまだマシだったんじゃないかなと思います。

クラス替えのおまじないが叶ったという話は確かに聞くのですが、 私がやったおまじないが叶わなかった以上、

個人的にそんなもの信じてる人は馬鹿だとしか思わないのです。

今考えると、何であんなに必死にクラス替えのおまじないに頼っていたのか不思議ですね。

だっておまじないなんて何の根拠もないじゃないですか?

月にお願いしたから何だって言うんですか?

折り紙に名前を書いたところで何が変わるって言うんですか?

クラス替えなんて、結局先生が全部決めるものなので、私がおまじないをしたところで何の影響も与えないんですよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
叶ったとか言っている人は、ウソを付いているんじゃないの?

月が不思議パワーでクラス替えを決めてくれるわけではありませんし、折り紙の鶴が直接先生に

「何々ちゃんは同じクラスがいいよ。」

と伝えてくれるわけでもありません。

不思議パワーもなければ折り紙も喋らない。

強力なおまじないなんてものも、この世には存在しないのです。

私はこの事を実感して、当日に作った鶴の折り紙はぐちゃぐちゃにしてゴミ箱に捨てました。

信じても無駄

以上が私のクラス替えのおまじないの体験談です。

やっぱり科学的に証明できないことは信じても無駄ですね。

このことを反省して、次の年から私はクラス替えの結果をおまじないではなく、直接先生に頼むようにしました。

それでも100%願いが叶ったわけではありませんでしたが、少なくともおまじないよりかは全然効果が高かったです。

詳しくは下の記事をご覧になってみてください。↓

【クラス替えを先生に頼む方法】担任は配慮してくれる?

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする