大学生にとって【付き合うとは】何するの?

君は、大学生が【付き合う】という意味を本当に知っているか?

脳内フレンド
脳内フレンド
「具体的に何をするのか?」「どこからどこまでが大学生の恋愛の範囲なのか?」って、割とあいまいだったりするんだよね。

この記事では、大学生にとって【付き合う】とは、一体どういったものなのか具体的に解説していこうと思う。

大学生にとって付き合うとは?

大学生にとって付き合うとは、中学生のように手を繋いだり一緒に遊ぶということだけではない。

大学生と言えば、年齢も10代後半から20代をまたぐタイミングであり、精神的な成長もある程度進んでいる。

もちろん体の発達もほとんど成熟していると言って良いだろう。

つまり何が言いたいのかと言うと、いわゆる【おせっせ】も「して当然」という流れになっているのが普通だということ。

その証拠に、もしも付き合っているのにも関わらず、そういった密接な関係に発展していないカップルがいたら、

「え?何で!?」と、周りから不思議がられることになるだろう。

脳内フレンド
脳内フレンド
「自分はまだ子供だ」と勘違いしている大学生も多いが、心体的には十分大人になっているので、覚悟を決めなければならない時期なのかもしれないね。

ただし、もちろん人によって「付き合う」という事の認識は違う。

お互いがカップルとして成立している状態ならば、仮におせっせはしていなくても「付き合っている」と言えるかもしれない。

これはあくまでも一般的な認識を解説しているだけで、付き合っている大学生カップルの数だけ、色々な付き合い方があるのかもしれないね。

結婚を前提に付き合う?

大学生にとって付き合うとは、結婚を前提に考えているのか?という話だが、結論から言うとこれは、「考えていない」という結果になる。

脳内フレンド
脳内フレンド
なぜかと言うと、大学生の段階ではまだ就職もしておらず金銭的な余裕もないため、将来のパートナーを選ぶ段階には達していないからね。

しかしこれはあくまでも10代後半から20代前半までの大学生の話。

大学生によっては、 結婚の適齢期の年齢に入っている人もいる。

ある程度年齢が進んだ大学生が付き合うことになれば、「結婚を前提に考えている」というケースもあり得るだろう。

「大学を卒業して就職し、そのまま結婚!」なんてのを夢見ている人も多いと思うけど、実際はゴールまで長く付き合うことができるのは少数派なんだよね。

大学生が付き合うって何するの?

それでは「大学生が付き合うと何するのか?」というのを、かなり具体的に解説していきたいと思う。

デートをする

まずは当然のようにデートをすることになるだろう。

デートの回数を重ねるごとに、お互いの親密度を高めてより深い関係になっていく訳だ。

その回数はカップルによって異なるけど、基本的には週2~月1ぐらいの頻度で遊ぶことになるかと思う。

一緒に過ごす

大学生が付き合うということは、 それだけ長い期間を2人で一緒に過ごすということになる。

大学内ではもちろん、 週末のプライベートでも恋人と一緒にいる時間はそれなりに長くなると言えるだろう。

場合によっては、 同棲のような形で一緒に住むということにもなるかもしれない。

一緒に泊まる

大学生が付き合うと、高確率で「連休に旅行に行こう」という話になる。

ここで初めて一緒にお泊りをするカップルも多いんじゃないだろうか?

初めて夜を一緒に過ごす時はお互いが心臓バクバクで緊張してしまうだろう。

でも後々それも良い思い出になるだよね。

ルールを作る

大学生は付き合う段階で、喧嘩が起きないように最初からルールを決めとくケースもある。

1対1での異性との食事は禁止。とか

異性の友達とはプライベートで遊ぶのは禁止。など

カップルによって細かいルールは様々だけど、これを守れないとトラブルに発展して別れる可能性が高くなる。

連絡を取り合う

1日の終わりや週末に、 必ず連絡を取り合うこともある。

特に用はなくても無駄に LINE で長話をしていることも多いよね。

ただし、中にはこのやり取りを「めんどくさい」と思う大学生もいるので注意しよう。

助け合う

付き合うということは、 色んな場面でお互いが助け合うということも意味している。

どちらが困った事態に陥った時、 悩み事がある時なんかは相談し合える関係が望ましいね。

大学生というのは不安を抱えやすい時期でもあるから、お互いが助け合うことで心の安定につながるようになるよ。

思い出を作る

付き合っていく上で色んな楽しい体験をして、思い出をたくさん作るようになる。

大学生の時に遊んだことや経験したことは、社会人になってからすごく大事な思い出になる。

だからこそ大学生はたくさん遊ぶべきだと思うし、大切な人を作るべきだと思うよ。

大学生が付き合う方法

ここからは【大学生が付き合う方法】を超具体的に解説していきたいと思う。

脳内フレンド
脳内フレンド
まだ恋人がおらず、寂しい思いをしている大学生もいるかもしれないが、本気で行動すれば付き合うなんて意外と簡単にできるよ。

嘘じゃないよ。

行動次第で恋愛の発展スピードや出会いを見つけるまでの過程が全然違うからね。

ではまず何をすれば良いのかと言うと、とにかく自分が「付き合いたい」と思えるような異性を見つけること。

好きな人さえ見つかれば、その人にどうやってアプローチしたら良いのか考えられけどが、出会いがない限りはいつまでたっても【次のステップ】には進めない。

では出会いがない人はどうすれば良いのかと言うと、基本的には「バイトやサークルで探す」のが一番現実的だと思う。

バイトやサークルで出会いを探すのは、実際に顔を見ることができるし、ある程度性格を知ってから判断できるから 【好きな人】に巡り合える可能性は高いだろう。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも実際に付き合えるかどうかは想像以上に難しいと思った方が良いよ。

それはなぜかと言うと、もし相手に恋人がいたらそもそも自分には見向きもされないし、声をかけても恋愛関係に発展するまでの敷居が高いからね。

いい出会いに巡り合うまで、折れない心を持つ事が重要だよ。

大学生が付き合う時の心構え

ここからは大学生が付き合う時の心構えについて解説していこうと思う。

お互いを平等にする

まずはお互いを平等にするということ。

付き合い始めてからルールを決める時、どちらか片方が一方的に意見を押し付けるだけではトラブルに発展する可能性が高い。

脳内フレンド
脳内フレンド
例えば異性と食事をしてはだめというルールを決めるのであれば、 お互いが納得した上でお互いがルールを守ることを前提に決めるべきだよ。

女子は嫉妬心が高いので男性に一方的にルールを決めつけがちだけど、自分が束縛するということは自分も束縛されるという事をしっかりと認識しておこう。

本音を伝え合う

大学生が付き合う時は本音で言い合える関係になることが重要だ。

不満が溜まっても言葉で伝えられなければいつかはその感情が爆発してしまう。

それがきっかけとなって別れることにもなりかねないから、何か言いたいことがあるならば、素直に本音で相談してみるのが長続きする秘訣だと言えるだろう。

言いにくい事は察する

本音で言い合うことが大事だが、相手に言いにくいという事も中には存在する。

そのようなことはなるべく相手を察するように努力することが重要だ。

これは男性側が苦手としているケースが多い。

「恥ずかしい」もしくは「言いにくい」ことは女性に無理やり言わせるのではなく「自分が察するための努力をする必要がある」と言えるだろう。

以上、【大学生にとって付き合うとは】の解説でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする