新人の有給の取りすぎはマナー違反!|使い切るとクビになるって本当?

世の中には

「有給は社員の権利だ」と勘違いしている人が多すぎる!

有給の取り過ぎはマナー違反になる可能性もあるから注意が必要。

脳内フレンド
脳内フレンド
場合によっては、有給を使い切るとクビになるなんて話もあるよ。

新人が有給を使うことで、周りからどう思われるのか気になるあなた。

この記事では

  • 新入社員の有給休暇について
  • 有給取りすぎの新人はどう思われる?
  • 有給を使い切るとクビになるって本当?

などについて、超詳しく解説していくよ。

新入社員の有給休暇について

「新入社員とはいえ、有給休暇はしっかり消化していきたい!」

脳内フレンド
脳内フレンド
新人ではあるけど、会社の一員であることに変わりないもんね。

他の社員と同様、自分だって休みを取りたい。

だって、有給休暇を取る権利はあるんだから。

新人だと新しい環境に慣れず、すぐに心身が疲れてしまう可能性も高い。

必要な時は有給休暇をとってリフレッシュするのが大切だね。

でも、あまりにも有給を取りすぎるのは避けたほうが良い。

一般的にマナー違反だと考えられている面がある。

どういうことか、詳しく解説していくね。

新人の有給の取りすぎはマナー違反!

「有給は権利!」という態度はNG

有給の権利を主張したがるマナーをわきまえない新入社員もいる。

「有給は労働者の権利!有給を認めないのは法律違反になりますよ?」

なんて責めた口調をすれば、周りからの信頼が一気に下がる

なぜなら会社側は有給の付与日を設定できるから。

原則、6ヶ月後に10日間の有給付与が労働基準法で定められている。

もしも入社当日に有給が付与されているのなら、良心的な会社だ。

半年も経っていないうちに権利を主張し始めたら、付与を取り消される可能性もある。

脳内フレンド
脳内フレンド
そうなれば、欠勤扱いになってお給料が減らされてしまうよ。

さらには、周りからのヘイトも買うという最悪な事態を引き起こす。

有給を取る時は、謙虚な姿勢を崩さないよう注意しようね。

そうじゃないと上司から【嫌いな部下認定】を受けてしまいかねない↓

この辺の関連記事はこちら
⇒上司が嫌いな部下に取る態度の例

周りの視線が痛くなる

「新人なのに、なんでそんなに有給使ってるの?」

と周りから冷たい目で見られる可能性がアップするよ。

その人が新人の時に有給休暇を取れなかった環境にいた場合は、

「自分の時は有給取れなかったのに、早速使いまくりやがって!」

なんて嫉妬に近い気持ちが強くなる。

脳内フレンド
脳内フレンド
周りの社員が有給を十分に取れていない場合も反感を買うね。

「先輩である自分を差し置いて休みを取りやがって!」

敵意を向けられるようになってしまうよ。

適度な有給消化であれば問題はない。

でも、長期的な休暇や研修期間の有給はマナー違反にあたる事がある。

長く勤めればある程度自由が利くようになるから、新人のうちはある程度我慢しよう。

周りに迷惑がかかる

有給はいわば「お互い様」なもの。

誰かが休めば、誰かに迷惑がかかる。

たとえ新入社員でも、休めば周りに影響を与えることになる。

本当は1ヶ月で独り立ちできるはず。

でも多くの有給を取ってしまうと、どんどん後ろ倒しになっていく。

計画もその度に練り直さなきゃならない。

脳内フレンド
脳内フレンド
そうなれば、先輩方の本来の業務にも支障をきたすことになるよ。

自分の都合だけじゃなくて、周りに迷惑がかかることも頭に入れておこう!

同期と差が生まれる

同期がいるのであれば、その人達との差が生まれる事になる。

新人であれば、1日いなかっただけでも大きな違いが出てくるだろう。

脳内フレンド
脳内フレンド
月に何回も有給を取るようなことをすれば、その差は広がっていくばかりだよ。

面倒を見る上司からしても、個人個人に違った内容を教えるのは手間がかかる。

人それぞれ学習スピードは違うから、多少のズレがあってもそれは仕方ないこと。

でも、数日単位でいなくなられては多少のズレどころではなくなる。

以前に説明した内容を、またあなたに説明し直さなきゃいけなくなる。

これってかなりめんどくさくない?

同期との差は生まれるし、上司からも疎まれる存在になる。

新人のうちはできる限り有給を抑えておくことをオススメするよ。

有給取りすぎの新人はどう思われる?

「いいご身分だな」と思われる

あまりにも有給を取りすぎてしまうと、

「新人のくせに、いいご身分だな」

批判的に捉えられてしまうよ!

有給消化が推奨されていて、周りも同じように有給を取っているなら問題ない。

でも、周りの上司たちよりも多く休みを取っているなら酷く印象が悪い

「お前は何様だ?」

と言わんばかりに、新人に対する苛立ちを隠せない状況になる。

脳内フレンド
脳内フレンド
職場の人間関係を円滑にするためにも、周りの有給消化率を考えよう。

使えない新人扱いされるから、有給の取り過ぎには十分注意だね。↓

信用してもらえなくなる

何か重要な仕事を任せても、有給を取って休まれるかもしれない。

仕事に対する信用を失ってしまえば、出世も厳しくなる。

脳内フレンド
脳内フレンド
出世欲がない人でも影響は出るよ。

通常の業務ですらも、安心して任せられなくなるかもしれない。

そうなれば、職場で居づらい雰囲気になってしまうよね。

このままいけば、仕事を任せてもらえない「窓際族」になってしまう事も。

周りの職員たちと上手くやっていけたほうが仕事も楽しめる。

今後の自分のために、どう行動すべきかよく考えて動こう。

配慮が足りないと感じる

新人で有給を取りすぎれば、配慮が欠けている人間だと思われるよ。

先輩方は仕事で大忙しな日々。

一方で、新人は呑気に休日を満喫している。

脳内フレンド
脳内フレンド
既存の社員からしたら、これってどうなの?って思うよね。

思いやりのない、ヒドい人だなって感じられてしまうよ。

こういう人には、今後仕事を任せようという気も湧かない。

仕事よりも、自分の休みを優先するかもしれないと思われてしまう。

配慮が足りないことは、今後の立ち位置にも影響してくるよ。

自分勝手だと思われる

自分の都合を優先して周りに迷惑をかけてることにも気付かない。

他の人の立場に立って物事を考えられない、身勝手な人間だと思われるよ。

有給を取れば、誰かに自分の仕事を受け持ってもらうことになる。

新人であれば、通常業務ですら一人で十分にできない状況だ。

そんな状況で悠々と休まれるのは、実に自分勝手な行動。

脳内フレンド
脳内フレンド
風邪や家族の看病など、諸事情があれば話は違ってくるけどね。

そうじゃなくて、

「単純に自分の休暇が欲しいから」

という理由で、何日も何日も休まれたらたまったもんじゃない。

有給を取るにしても、今の状況を考慮して検討することが大切だよ。

有給を使い切るとクビになるって本当?

新人であれ誰であれ、有給を使い切ることでクビになることはないよ。

有給を全て消費することは解雇の理由にはならない。

脳内フレンド
脳内フレンド
それでクビになんかしたら法律違反になるからね。

ただし、有給を使い切った上で何度も遅刻や欠勤を繰り返していれば違う話だ。

会社を休みがち=勤務態度が悪いと捉えられる。

会社に不利益をもたらすことを理由として、解雇されることはある。

でも、いきなりクビになることはないから安心してね!

「勤務態度が悪い」という証拠がないと、会社側は社員をクビにできない。

単に有給を使い切るだけでクビになるなんてことはあり得ないよ。

ただし、連続で寝坊だけはしないようにね↓

新人が有給を取りすぎても大丈夫な方法!

出社したらまずは感謝を伝える

有給休暇後、出社したら周りに感謝の言葉を伝えよう。

「有給取らせていただきありがとうございます。ご迷惑をおかけしました。」

これを言うだけで、周りからの評価がアップするよ。

「マナーがちゃんとしてる子だな」という印象を与えることができる。

もし遠出をしたのなら、お土産も忘れずに。

休暇を取らせてもらったお礼を形にするのも大事だよ。

やむを得ない理由を説明する

有給休暇を取らざるを得ない理由があるなら、ハッキリ伝えておこう。

言いづらい事情なら、信用できそうな上司にだけ伝えてもOK。

一人でも理解者がいれば違ってくる。

周りからとやかく言われようとも、フォローしてくれるよ。

それなりの理由があるのなら、周りも納得してくれる。

非情な人がいない限り、直接的に非難されることはない。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、周りに迷惑がかかっているという事実は変わらないよね。

勤務時には、慎ましい態度で周りの人たちに接するようにしよう。

そうすれば、反感を買わずに気兼ねなく有給を取ることができるよ。

仕事を早く覚える

有給を取りすぎていたとしても、仕事が出来ていれば文句は言われない。

新人のうちは、早めに独り立ちすることが大切。

先輩の手を煩わせないくらいにまで成長すれば、ひとまずはOKだ。

あとは、自分に与えられた仕事をしっかりこなす事。

脳内フレンド
脳内フレンド
急ぎの仕事を消化して、有給をとっても差し支えないように調整しよう。

自分がいないと進まないような仕事を残しておくと、周りに迷惑がかかるよ。

早く自分の能力をアップさせて、有給が取りやすい環境にしよう。

既にキャパオーバーになってしまっている新人は下の記事を参考にしてね↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする