女性の【話しかけてほしいサイン】一覧|待っている事に気付いて!

女性に話しかける時って無駄に緊張しない?

伊藤
伊藤
話しかけたら迷惑かな?とか不安に感じてしまうこともあるよね。

そんな時は女性の「話しかけてほしいサイン」に注目しよう!

女性の話しかけてほしいサインとは?

女性は男性と違って間接的に相手に物事を伝えようとしたがる傾向がある。

これは「自分が傷つきたくない」とか「自分が恥ずかしい思いをしたくない」という、女性特有のズルさが関係している。

伊藤
伊藤
そんな時に、この「話しかけて欲しいサイン」を出している訳だ。

自分から話しかけるのは気が引けるし、かといって「もっと話しかけて」と直接伝えるのも気が引けてしまう。

だから「話しかけてほしいサイン」を出すことで、男性に「もっと話しかけてよ」というメッセージを送っているということだね。

男性はこの「話しかけて欲しいサイン」をうまく見抜くことさえできれば、話しかける時に緊張することもなくなるし、女性ともっと親密な関係になれる可能性が高まる。

では、女性は話しかけてほしいサインを具体的に解説していくよ。

女性の話しかけてほしいサイン一覧

一人になる

意図的に一人になっている女性は、 君に話しかけてもらえるのを期待しているのかもしれない。

わざと目の届く範囲一人になっている姿を見せつけることによって、「今は私に話しかけるチャンスだよ」と遠回しに伝えている。

自分に聞こえる声量で話す

女性が距離的には遠くにいるのにも関わらず、 自分に聞こえるくらいの声量で話していたら、それは「私のことを気に留めて欲しい」と考えている可能性が高い。

会話をしているのが、自分ではない別の人だったとしても、君に対して自分の言葉を聞かせようとしているのだろう。

近くに寄る

君のわざと目の届く範囲に寄ってきているのも「話しかけてほしいサイン」のひとつだ。

自分からは話しかける勇気がないけど「話しかけて欲しい」と考えている女性がやりがちな行動と言える。

目を合わせる

目が頻繁に合う女性も「話しかけて欲しいサイン」を出していることがある。

意図的に目を合わせてアピールをしているのだろう、君が話しかけてくれるのを待っている可能性も高い。

女性の話しかけてほしいサイン(大人数の時)

ここからは、大人数で集団行動をしている時、 特定の女性から「話しかけてほしいサイン」を出されているケースを解説していこう。

相槌が多い

友達何人かで会話をする際に、自分が発言をしているときに相槌が多い女性は、自分にも話しかけてほしいという気持ちがそこに表れている。

自分も会話に参加しているというアピールをすることで、「話しかけられるきっかけ」をつかもうとしているのだろう。

座る席が近い

席に座る時に自分に近いポジションを選ぶ女性も「話しかけてほしいサイン」を送っているのだろう。

近くの席に座ることさえできれば、会話にも参加しやすいし、自然に話しかけられやすい状況に持ち込もうとしていると考えられる。

話しかけてほしいサインは脈あり?

女性の話しかけて欲しいサインに気づいた男性は、

「もしかして自分のことを好きなのかな?」と勘違いしてしまう人も多いが、実は話しかけて欲しいサインを出されたからといって脈ありという訳ではない。

というのも、女性は「恋人が欲しい」と言う理由以外にもこのサインを出す事が多々あるからだ。

例えば

  • 話し相手が欲しい時
  • 相手のことをよく知りたい時
  • 相手に勘違いをさせたい時

など、状況によって様々な心理戦を仕掛けてくるのが女性という生き物なのだ。

特に相手を勘違いさせたい時のケースでは、話しかけて欲しいサインを出していることを君に気付かれるのを前提に行動している事もある。

これは自分は傷つかずに相手から好かれることを目的とした戦略だ。

このように、話しかけて欲しいサインを出しているからといって女性が君と「付き合いたい」と考えているかはまた別の話なので勘違いはしないようにしよう。

伊藤
伊藤
とはいっても、その見極めは正直かなり難しいけどね。

特に、元々友達として付き合っていた女性だったら、なおさら判断は難しいから結構辛い思いをする事にもなりがち。

詳しくは下の記事を参考にしてみてね。↓

女友達を好きになったら辛いぞ!|諦めた方が良い?

とにかく女性の話しかけて欲しいサインを見つけたとしても、 すぐに告白するなんてことはせずに、とりあえずは様子を見した方が良さそうだね。

もし脈ありだったとしたら会話を続けていくうちに、お互いに好意があることがだんだん分かってくるはずなので、急がずに女性の心理戦にとことん付き合ってあげよう。

君の思っていることが分かる。
確かに女性はめんどくさい生き物だ。

でもそこを乗り越えた男性が、好きな女性と付き合う権利を持っていることを忘れないように。

待っているという事に気付く努力も必要な事なんだと自覚しよう。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする