【出世する人が分かる方法】若い頃に苦労した人は本当に出世する?

一緒に仕事をしていて、

「この人は出世するな!」

って、何となく思う時ってない?

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、何でそう感じるのかは分からない事が多いよね。

一体、出世する人は周りの人と何が違うのか

この記事では

  • 出世する人が分かる方法
  • 若い頃に苦労した人は出世する?
  • 本当に出世する人と口だけの人の違い

などについて、超具体的に解説していくよ。

出世する人が分かる方法

実は、この人は出世する!と分かる方法があるんだ。

出世する人っていうのは、こういう事が普通にできる人だよ。

失敗を経験と思える人

仕事をしていると、誰でも失敗をしてしまう事がある。

失敗をした時に、どう捉えるかで出世するかしないかが分かれる。

  • 失敗した事は経験と思って、いつまでも引きずらない
  • 2度と同じ失敗をしない

そんな人は、出世をするんだ。

脳内フレンド
脳内フレンド
反対に失敗を引きずって、原因を考えない人は失敗を繰り返すよ。

出世する人は、失敗から学んでいくんだよね。

学んだ事を自分の経験として吸収していくんだ。

だから、出世する人は失敗を経験だと思える人だよ。

決断が早い人

出世をすると、自分で決断を下す必要が多くなっていくものだよね。

例えば、取引相手と商談をする場面。

提案する内容を決めたり、商談相手と交渉をしたり…。

脳内フレンド
脳内フレンド
そういう時に、1人で決断できないと仕事にならないんだよ。

だから、出世すると何事も決断できる力が必要になる。

それもすぐに決断できる能力がさ。

つまり、自分で決断する事ができない人は出世なんかできない。

反対に、決断が早い人は出世できるって事なんだよ。

机の周りを整理整頓している人

出世すると、仕事を効率よく進めていく必要がある。

その為に、書類の位置なんかがすぐに分かるようにしておかないといけない。

脳内フレンド
脳内フレンド
だって必要な書類をあちこちと探していると、仕事の効率が悪いでしょ。

1つの書類を作成するのに時間をかけているようでは、仕事が進まない。

効率よく仕事が進めれる人は、どこに何を管理しているのかが分かるんだ。

だから、机の周りが整理整頓されている人は出世していくんだよね。

チームワークを大切にする人

出世する人は、チームワークを大切にする人だよ。

仕事は、1人でする物じゃない。

自分の周りの人たちと協力をして、作り上げていくもの。

脳内フレンド
脳内フレンド
だから、チームワークが大切になるんだよ。

  • チームワークの大切さを理解している人
  • 周りの人と協力できる人

そんな人は、自然と出世していく

脳内フレンド
脳内フレンド
出世した後も、チームワークで仕事をしていく必要があるよ。

出世すると、同僚から部下っていう立場に変わるんだけどね。

自分の意見を言える人

出世すると、上司相手に意見をしなくちゃいけない場面がある。

例えば、上司の意見が間違っていた場合。

意見する事ができないと、仕事の失敗に繋がる

脳内フレンド
脳内フレンド
つまり、仕事で結果が残せないって事だよ。

だけど自分の意見を言える人なら、上司の間違いを指摘する事ができる。

間違いを修正できれば、仕事も成功するようになる。

だから、自分の意見を言える人は、出世していくんだよね。

出世する人が分かるようになるには?

出世する人が分かる人とか、見抜く人っているもんだよ。

そういう人になる為に、次のことを実践してみよう!

全員と平等に関わる

出世する人が分かる人になる為に、全員と平等にと関わってみよう

人には相性というか、合う・合わないという感覚があるものでしょ。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分と合わない、と感じる人がいたらどうする?

極力関わりを持たないようにしたり、毛嫌いする人が多いよね。

でも、そんな対応をしていると出世する人かどうかを判断するのは無理。

誰とでも平等に接して、その人の持つスキルを把握する。

そうする事で、出世する人かどうかが分かるようになるよ。

正当な評価をする

自分の感情で相手を評価せずに、その人の仕事ぶりや人柄を正当に評価する。

そうすると、出世する人が分かるようになるよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
自分の感情だけで判断する人は、見抜く事ができないよ。

冷静に、客観的な立場で人の評価をする。

まずは、そういう所から始めてみよう。

人のスキルを観察する

出世する人を見抜くには、人のスキルを観察する事。

仕事をするうえで、スキルは必要なものでしょ。

出世するには人望も必要だけど、地位に見合ったスキルも必要になってくる。

地位に見合っただけのスキルを持っているかどうか。

それを見抜ける人は、出世する人が分かるって事だよ。

若い頃に苦労した人は出世する?

「若い頃に苦労した人は出世する!」

なんて聞くよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
でも、若い頃に苦労をしたからといって全員が出世できる訳じゃないよ。

たしかに、若い頃に苦労してる人で出世してる人もいる。

でも、それは自分がした苦労から学んだ事を身につけているからなんだ。

つまり、若い頃にした苦労から何も学んでいない人は出世できない。

例えば、スキル不足で苦労した人は自分のスキルアップをするでしょ。

脳内フレンド
脳内フレンド
足りない部分を補う事で、出世に繋げられるもんね。

でも、

「スキル不足だから、私にはできない!」

何て人に仕事を任せてきた人は、出世できないんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
出世した地位に見合った仕事ができないからね。

つまり、若い頃にした苦労から学んでいる人は出世できるって事。

反対に、何も学ばない人は出世できないんだ。

本当に出世する人と口だけの人の違い

「自分は出世する人間だ!」

何て言っている人もいるよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
本当に出世する人もいれば、口だけの人もいるよ。

両者には、大きな違いがある。

本当に出世する人は、出世するだけの仕事スキルとスピードを持っている。

でも、口だけの人はスキルもスピードの持ち合わせていないものなんだよ。

他にも、本当に出世する人は、我慢強く苦手な仕事にも取り組む事ができる。

でも、口だけの人は自分が苦手なことは人に任せたりするんだ。

人に任せてしまうから、いつまでも仕事ができる状態にならない。

だから出世することができずに、口だけの人で終わってしまう。

また、味方が多い人や、人脈が広い人は出世していくもの。

だから、人脈が乏しい人は口だけで終わってしまうよ。

出世する人が分かるのはいつから?

出世する人が分かるのは、いつからなのか?

脳内フレンド
脳内フレンド
最低でも、職場の人達との関わりを持ってからになるよ。

関わりがないと、その人のスキルや人望を把握できないからね。

自分が職場に入ってから、1ヶ月程度は必要になる

1ヶ月もすれば、職場の人達との関わりも持てるようなる。

関わりがあれば、その人の仕事に対する姿勢や人望を自然と把握できる。

そうする事で、出世する人が分かるようになるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする