センスがいい人は頭がいい?|圧倒的に仕事ができる人の特徴【5つ】

世の中には、センスが良くて頭がいい人間が一定数存在する。

脳内フレンド
脳内フレンド
センスがいい人はとにかく発想が豊かなんだよね。

だからこそ、普通人には考えつかないような言動ができる。

じゃあこの記事では

  • センスがいい人は頭がいい?
  • センスがいい人は頭がいい理由
  • 頭がいいセンスがいい人の特徴
  • 頭がいいセンスがいい人になる方法
  • 圧倒的に仕事ができる人の特徴

などについて超具体的に解説していくよ。

センスがいい人は頭がいい?

まずそもそもセンスがいい人は頭がいいという話は本当なのか?

結論から言うと本当。

超頭いい。

なぜなら発想の転換が上手だから。

脳内フレンド
脳内フレンド
は?どゆこと?

発想の転換とはつまり、考え方や出来事のを普通とは別の観点から見るということ。

つまり新しい発見をする機会が多い。

それに加え、経験や確率論から確実に正解を導き出せる。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそセンスがいい人には、仕事も優秀な人が多いんだね。

それにセンスがいい人はコミュニケーション能力も高い。

これはなぜか?

これは「自分はセンスがいいんだ」という自覚があるから。

つまり自分に自信があるからこそ、積極的に発言が出来る。

人と関わることに対しての【敷居】が一般人より低いんだよね。

センスがいい人は頭がいい理由

じゃあここからは、さらに具体的にセンスがいい人は頭がいい理由を全部で4つ解説していきうよ。

価値観が固まっていない

センスがいい人は頭がいい理由の1つ目は、価値観が固まっていないということ。

普通の人は、これまで生きてきた自分の価値観に縛られながら生きている。

脳内フレンド
脳内フレンド
考え方が固まっているから柔軟な発想がないんだよね。

でもセンスがいい人は違う。

自分に自信はあるけど、自分の間違いを素直に認める。

さらに、より正しいと思ったことはすぐに吸収できる。

言うならば、価値観を自由自在に操作できるのと同じ。

毎日のように、自分をアップデートしているんだよね。

演技が上手い

センスがいい人は頭がいい理由の2つ目は、演技が上手い。

これは人の気持ちを察する能力が高いということ。

脳内フレンド
脳内フレンド
相手が自分に対してどんな感情を抱いているのかがセンスで分かるんだよね。

そして相手が喜ぶであろうセリフを瞬時に言えたり、

求めてるであろう行動を取ることができる。

だからこそ、人間関係のトラブルに巻き込まれるケースも少ない。

自然と味方が自分の周りに増えていくんだよ。

発想が自由

センスがいい人は頭がいい理由の3つ目は、発想が自由ということ。

普通の人なら

  • 「こんな発想はよくないかな?」
  • 「こんな判断は周りに引かれちゃうな」

などという遠慮をしてしまう。

でもセンスがいい人は、自分に自信があるからこそ、周りの目を気にしない。

色んな発想で物事を捉えることができる。

例えば何かクリエイティブな仕事をする際、

その作品に対して、周りからの評価よりも自分からの評価を大事にしているんだよね。

脳内フレンド
脳内フレンド
本当に自分が「良い」と思ったものを提出するんだよ。

考え方の効率がいい

センスがいい人は頭がいい理由の4つ目は、考え方の効率がいいということ。

とにかく無駄を省く。

  • 無駄に手間がかかるもの
  • 無駄に時間がかかるもの

をとにかく嫌う。

だから、考えても答えが出ない系のことはそもそも考えない。

悩んで解決できることなら頑張って考える。

でも解決できないことは、

「悩んでいてもしょうがない」

と割り切ることができるんだよね。

ただし悩むことは少ないけど、迷うことは多い。

脳内フレンド
脳内フレンド
センスがいいからこそ、自分の中で選択肢が多いんだよね。

頭がいいセンスがいい人の特徴

じゃあここからは、世の中に存在している

【頭も良くてセンスがいい人】の特徴について4つ解説していくよ。

人望がある

【頭がいいセンスがいい人】の特徴の1つ目は、人望があるということ。

気付けば周りには自分を慕ってくれる人がいる。

別に意図してなくても、味方が増えていく。

これは、その人の人間性に魅力があるから。

脳内フレンド
脳内フレンド
センスがいいと、それだけで人を惹きつけるんだよね。

人から嫌われるケースも少なく、

いざという時は助けてもらえることも多いよ。

こだわりが強い

【頭がいいセンスがいい人】の特徴の2つ目は、こだわりが強いということ。

自分のセンスに自信があるから、周りの意見を軽視しがちでもある。

例えば、同僚と仕事の話になったときも、

相手の【考え方】【やり方】の違いを尊重できない。

脳内フレンド
脳内フレンド
いい意味でも悪い意味でも「我が道を行く」という心構えなんだよね。

トラブルを起こさない

【頭がいいセンスがいい人】の特徴の3つ目は、トラブルを起こさないということ。

普通の人ならテンパってしまったり、

落ち込んでしまうようなミスをしない。

なぜなら、あらかじめそうなることを予想しているから。

トラブルになりそうなことは事前に察知して、

センスでそれを回避できるんだよ。

逆境に強い

【頭がいいセンスがいい人】の特徴の4つ目は、逆境に強いということ。

仮に想定外の出来事が起きたとしても、平常心でいられる。

脳内フレンド
脳内フレンド
そもそも焦ることがないんだよね。

どんな大展開になっても

「次にやるべきことはコレ!」

と割り切って考えることができるから、くよくよすることも無いんだよ。

頭がいいセンスがいい人になる方法

じゃあそんな【頭がいいセンスがいい人】になるにはどうすればいいのか?

具体的な方法を3つ解説していくよ。

経験を積む

【頭がいいセンスがいい人】になる方法の1つ目は、経験を積むということ。

センスは才能だと思われがち。

だけど、経験を積んで初めて得られるものだったりする。

つまり自分の経験から学ぶ能力が必要になる。

それに加えて、周りの人間から、その人の経験を吸収して学ぶことも重要。

脳内フレンド
脳内フレンド
それを繰り返すことでセンスのいい判断やセンスのいい言動ができるようになるんだよ。

センスがいい人は、何が正しいかを見極める能力が高いということ。

個性を伸ばす

【頭がいいセンスがいい人】になる方法の2つ目は、個性を伸ばすということ。

センスがいい人はオリジナリティを大事にする。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからこそ【他とは違う】という印象を周りに与えるんだよね。

そのためには、「隣りに習え」の常識をある程度無視した方がいい。

自分の常識に従って生きていくことが重要になるんだよね。

気持ちの切り替えを大事にする

【頭がいいセンスがいい人】になる方法の3つ目は、気持ちの切り替えを大事にするということ。

頭がいい人やセンスがいい人は、少しの逆境で落ち込むことは無い。

たとえ何かショックな出来事があっても、

「まあ、なんとかなるでしょ」という精神でへこたれない。

だからこそ、自分の意志を押し通す強さも生まれる。

脳内フレンド
脳内フレンド
周りに流されない為には、そういった精神力も必要になってくるんだよね。

圧倒的に仕事ができる人の特徴

センスがいい頭がいい人は、一般人よりも圧倒的に仕事ができる人であるケースが多い。

じゃあ具体的にはどんな特徴があるのか?

ぜんぶで3つ解説していくよ。

会話が面白い

圧倒的に仕事ができる人の特徴の1つ目は、会話が面白いということ。

例えば職場の上司や同僚に話しかけられた時、

その会話の中で必ず笑いを発生させる。

でも別に【冗談がうまい】とかではない。

脳内フレンド
脳内フレンド
人付き合いをする中で、盛り上がりを大事にしているんだよね。

だからこそ、周りに好印象を与えるし自分の意識も高くなる。

そして【自然に】圧倒的に仕事ができるようになってくるんだよ。

行動を始めるのが早い

圧倒的に仕事ができる人の特徴の2つ目は、行動を始めるのが早いということ。

例えば頭の中に何かアイディアが浮かんだ時、

すぐにそれを実践しようとする。

普通の人は、そのアイディアが

  • 「本当に正しいのか」
  • 「どんなメリットがあるのか」

と考え込んでしまいがち。

でも圧倒的に仕事ができる人は

「やってみなきゃ分からない」という判断も早い。

脳内フレンド
脳内フレンド
だからすぐに行動に移せるんだよね。

スタミナがある

圧倒的に仕事ができる人の特徴の3つ目は、スタミナがあるということ。

とにかく疲れにくい。

これは肉体的なスタミナの話ではなく、メンタルの部分。

いくら仕事を頑張っても集中力を切らさない。

それだけではなく、周りに気を使うことも怠らない。

どんなに人付き合いをしても疲れを感じることがなく、

積極的に会話ができるんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする