高校のスクールカーストは部活で決まる?|男子と女子の違いについて

こんにちは。

僕は学生時代にスクールカーストの最底辺として生きていた伊藤と言います。

伊藤
伊藤
皆さんは【高校のスクールカースト】というのが、どうやって決まるのか知っていますか?

気の強さ?容姿?人脈?

様々な意見があると思いますが、実は所属している部活だけで決まってしまう可能性もあるのです。

今回は高校のスクールカーストの決まり方について詳しく解説していきます。

高校のスクールカーストについて

高校生活においてスクールカーストというのは、そのまま学校生活の充実度を表していると言っても良いでしょう。

スクールカーストが下位になってしまった人は、それだけ周りに気を使わなきゃいけないので辛い思いをすることになると思います。

それに比べて、高校でスクールカーストの上位になれた人は、それなりに幅広い人脈を作ることができるので、リア充になることも簡単になります。

伊藤
伊藤
口に出さないだけで、実は誰もがスクールカーストを意識しながら高校に通っているよ。

脳内フレンド
脳内フレンド
上位になればそれだけ、「話しかけなくても話してくれる友達」が増えるんだよね。

僕は学生時代スクールカースト最下位だったので、リア充共からまるで奴隷のような扱いを受けていた経験もあります。

こんな事にならない為に、基本的には男子も女子もスクールカーストの上位になるために毎日奮闘しながら生活していくのです。

では、具体的にどのような流れでスクールカーストというのは決まっていくのでしょうか?

高校のスクールカーストは部活で決まる?

高校のスクールカーストは部活で決まるという話を聞いたことはありませんか?

僕はこの話が、8割くらい事実だと思っています。

なぜ高校のスクールカーストが部活で決まるのかと言うと、

「部活内で自然にできる交友関係」と

「部活に対してのイメージ」が影響するからです。

脳内フレンド
脳内フレンド
は?つまりどういう事?
伊藤
伊藤
これを聞いただけじゃ意味が分からないと思うので、今から説明しますね。

さて、突然ですがみなさんに聞きたいことがあります。

吹奏楽部に所属している高校生のイメージと、ソフトボール部に所属している高校生のイメージはどんな所が違いますか?

まぁパッと思いつくのは「運動が苦手か、運動が得意か」って感じかと思いますが、あくまでもイメージというのなら、それ以外にもありますよね。

具体的には吹奏楽部に所属している高校生には、

  • 陰キャが多そう。
  • 人付き合いが下手そう。
  • 声が小さそう。

というイメージが強いのに対して、

ソフトボール部の高校生は

  • 声がでかそう。
  • 態度がデカそう。
  • 人脈が広そう。
  • 力が強そう。
  • 走るのが早そう。
  • いじめに加担しそう。

などのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

まあこれが一般的な部活動に対してのイメージの違いなわけですが、どちらかと言うとソフトボール部の方がスクールカースト上位にいる傾向があると思います。

つまり高校のクラス内でソフトボール部に入っている奴がいたら、周りの人間は

「スクールカーストの上位に入りそうな奴だな」というイメージを持ってしまうということです。

そして結果的にどうなるかと言うとスクールカーストの上位に入りたい人達は、積極的にソフトボール部の奴と関わりを持とうとするのです。

スクールカーストの上位に入る為には、スクールカースト上位の友達を作る必要がありますからね。

それに加えて、もしソフトボール部の仲間がクラス内にいた場合、その時点で既にスクールカースト上位の集団というイメージを周りが持つ事になるので、部活内の交友関係がクラスの全体にも影響していくのです。

たとえ文化部でも「容姿がいい奴」や「発言力がある奴」はスクールカースト上位に入る事自体は可能なんですけどね。
僕が10割ではなく8割と言ったのはこの事です。

男子と女子の違い

脳内フレンド
脳内フレンド
じゃあ、具体的に男子と女子のスクールカーストにはどのような違いがあるのかな?
伊藤
伊藤
まあなんとなく想像できると思うけど、基本的に女子の方が色々とエグいよ。

男子の場合

基本的に高校男子のスクールカーストは発言力に影響を及ぼします。

スクールカーストが上位の人ほど周りの友達が耳を傾けやすく、意見が通りやすいと言えるでしょう。

男子の場合は発言によって周りの人を笑わせようとする、いわゆる「ボケ」をかますことが多々ありますが、スクールカースト上位の人ほどクラスの人間は笑いがちです。

これは必ずしもその人が面白いわけではなく、「この人は面白い人だ」というイメージを周りが持っているからです。

もしくは愛想笑いをすることでその人を盛り上げようとする取り巻きがいるケースもありますね。

一昔前はヤンキーと呼ばれるオラオラした人種がスクールカースト上位になりがちでしたが、現代ではそういった不良よりも「盛り上げ上手な陽キャ」を権力を持っていることが多いです。

運動部の方が高校ではスクールカースト上位に入りやすいというのは変わりませんが、 女子ほどそれを意識して生活してる人は少なく、 中には全くスクールカーストを気にせず、いろんな人と関わりを持っている男子もいますね。

クラスでいじめが起こっても、いじめに加担する人と加担しない人は約半々に分かれ、女子のようなネチネチした喧嘩も少ないです。

伊藤
伊藤
僕みたいに女子にもイジメられるゴミみたいな人間もたまにいるけどね。

女子の場合

高校女子のスクールカーストは本当に地獄絵図ですね。

少しでも空気の読めない言動や浮いている人間を見かけたら、まるで自然現象かの如くいじめが発生します。

女子の場合はスクールカーストが一軍、二軍、三軍と細かく分かれており、男子とは違ってお互いが干渉しないケースも多いです。

また女子は基本的にグループで行動することが多いですが、そのグループ内でもスクールカーストのようなものが存在しています。

そこで下位になってしまった人間は上位の人間の顔色を常にうかがって、ご機嫌を取らなきゃいけないのでかなりしんどい思いをすることになるでしょう。

人間関係もより複雑でネチネチしたケンカも多く、恋愛から発展した嫉妬心で争い合う事もありますね。

脳内フレンド
脳内フレンド
想像しただけで吐き気がするよ。

1軍になる為には?

高校生活で充実した生活を送るにはスクールカーストの一軍になることが最も現実的です。

所詮この世は弱肉強食。

先生やテレビのニュース、政治家の偉い人がどんな綺麗事を並べてもそれが真実です。

あなたがどんなに

「高校にはスクールカーストなんてない!」

「そんなくだらないことを気にしてる奴がアホ!」

と主張しても、真実は変えられないのです。

ではあなたがするべき行動は何なのかと言うと、やはりスクールカースト上位の人たちと交流を深めて、

「自分は立場が下ではないんだぞ!」ということを周りの人間にアピールすることです。

詳しくは下の記事で【スクールカースト1軍の女子の特徴】を解説しているのでご覧になってみてください。↓

【スクールカースト1軍女子の特徴】声がでかい、笑い方が下品

高校という限られた空間では、全ての人間が幸せになる事など不可能です。

よくいじめを見て見ぬフリをしてる人間が叩かれますが、自分が幸せになろうと努力する人を叩く理由がどこにあるのでしょうか?

完璧に真実に対抗できる奴なんて神くらいなもんですよ。

以上、陰キャ研究所でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] https://inkya-lab.com/koukou-sukurukasuto-bukatu/ このイラストの絵柄、最近よく見るし、続終物語の1話でも使われていたね。 これの元ネタ情報キボンヌ […]