扱いにくいパートの対処法|厄介なでしゃばるベテランパートがうざい!

すぐにでしゃばるベテランパートって本当うざい!

新人に意地悪してきたり、何かと偉そうな態度をとったり…。

社員からも他のパートからも、みんなから厄介なパートだと思われてる。

こういう人にはどう対処していけばいいんだろう?

この記事では

  • 扱いにくいパートの対処法
  • でしゃばるベテランパートがうざい!
  • パートのくせに偉そうだと感じたら

などについて、超詳しく解説していくよ。

厄介なパートについて

せっかく新しい職場に入社しても厄介なパートがいれば、げんなりするよね。

  • 勤続年数が長いだけで、仕事は出来ない
  • 謎な自分ルールを周りに強制させてくる
  • 自分の仕事が増えれば、他の人に丸投げ
  • 気に入らないと、愚痴や文句のオンパレード

こういう厄介なパートは、大抵オバちゃんのことが多いよ。

周りが逆らえない、お局様状態だね。

注意されても、まったく聞く耳を持たないよ。

扱いにくいパートの特徴

権力を握っている

現場のやり方を、一人で決めてしまうような権力の持ち主。

周りが何を言おうが、お構いなし。

自分のやりたいようにやっても、上層部も強くは言ってこない。

その人がいるおかげで現場が回ってるからね。

こういう厄介なベテランパートは、仕事ができる分たちが悪い。

新人教育を担当していたり、専門的な知識を保有していたり。

それなりの実績があって、何かと権力を持ちやすい。

その力を良い方向に使ってくれれば問題ない。

でも、中には自分の希望を最優先してしまうこともある。

他の人の立場に立って考えられないような人は危険だね。

勤務年数に見合った実力がない

仕事ができないベテランパートのケースだね。

勤続○年以上なのに、到底その分の仕事ができているようには思えない。

新人が数ヶ月で覚えられるようなことしか作業してない場合だってある。

それでも勤務している期間は長いから、そこでマウントを取ってくる。

誇るべき部分が勤務年数だけっていう、扱いづらいパートだよ。

新人をコケにする

新人に意地悪してくるようなタイプも扱いにくいパートだね。

何も分からない新人を下に見てバカにする。

「今こそ私が優位に立つ時だ!」

と言わんばかりに、相手を執拗に責め立てまくる。

入ったばっかりで、分からないのは当然なのにね。

こういうのは、新人が仕事を覚えちゃえば首を引っ込めることが多い。

仕事ができる相手には、自分が勝てる要素は無いからね。

ヒヨッコの状態を叩くだけ叩くという、大人げない行動で周囲を困らせるよ。

すぐ口を挟んでくる

何かとすぐでしゃばるベテランパートもうざいよね。

社員同士が話してても、

「ココはこうした方がいいんじゃないですか?」

と勝手に割り込んでくる

それが真っ当な意見ならまだ良いけど、大抵はろくでもない案のことが多い。

それに掛かる経費や、先のことを考えていないことがほとんどだから。

「素人が口出ししてこないでよ!」

と相手に苛立ちを覚えさせてしまうよ。

社員の指示を聞かない

社員よりも、長年働いているパートの方が現場をよく知っている。

だから、社員が何を言おうと、

「いや、ここはこうしないと現場まわらないから」

自分ルールを持ち出して一切指示を聞かない。

本当に現場のためを思って言っていることもある。

ただ、自分が慣れ親しんだ環境を変えたくないから渋っているだけの事もある。

社員からすれば、厄介なパートという位置づけになってしまうね。

プライドが高い

扱いにくいパートは、注意すると逆上してくるよ。

たとえ正しい注意を受けたとしても、反省することはない。

自分が間違ってるなんて欠片も思ってないからね。

指摘されたとしても、それを理解して落とし込む能力に欠けている。

こういうプライドが高いタイプも、扱いにくいパートの特徴にあたるね。

扱いにくいパートの対処法

信頼させる

あなたが社員でベテランパートに指示を出さなければいけない場合。

まずは相手を安心させて、敵意がないことを分からせるのが大切。

ベテランパートは、今の環境が変わることが何よりも怖い!

自分がのさばっていられる最高の環境だからね。

だから、新しい方法や改善策を提示されても、

あれやこれや理由をつけてなかなか取り入れたがらない。

一方で、あなたが信頼のおかれる存在だったらどうだろう?

「まあ、この人なら私を悪いようにはしないだろう!」

そう思って、あなたが言うことをすんなり受け入れるようになる。

扱いづらいパートも、一度心を許してもらえばあとは楽。

一気に扱いやすいパートに早変わりするよ。

そのためには、ベテランパートとの接点を密に取る必要がある。

日頃の愚痴を聞いてあげるのが効果的。

決して相手を否定せず、「うんうん」と適当に聞き流しておこう。

心を開いて話してくれる関係性になれば、より指示を聞いてもらいやすくなるよ。

人間観察の材料にする

相手と同じ土俵で戦っても仕方がない。

相手と同等のレベルにまで落ちれば、あなたも同じ分類にされてしまう。

真っ向勝負するんじゃなくて、その人を観察してみるのはどう?

厄介なパートがどういう対応をしてるか、冷静に見てみる。

「自分はこうならないようにしよう」

と反面教師にすることもできるね。

実際に自分自身が関わっているとそんな余裕ないかもしれない。

だけど、遠目で見てる分には人間観察に適した材料だ。

傍から見ることで、その人の面白みに気付くことができる。

余裕があれば、一歩引いた目で見てみると良いよ。

割り切って仕事に励む

自分にそこまで影響してこないなら、無視して仕事に勤しむのもアリだよ。

できることなら、うざいパートとは関わりたくないもんね。

何か言われても、

「そうですね~」

と適当に相槌を打ってその場を離れる。

反応が大きいほど、ベテランパートは面白がって話しかけてくる。

あくまでも業務上必要な会話だけに留めておこう。

どこに行っても変な人はいる。

辞めて他に行った所で、今よりも厄介なパートがいるかもしれない。

それなら、今の会社を続けて業務を覚えたほうがマシだよ。

そう割り切って、自分の仕事に集中してみてね。

でしゃばるベテランパートがうざい!

  • 求めてないアドバイスを一方的にしてくる
  • 頼んでもない仕事を勝手にやり始める
  • パートなのに正社員の仕事に手を付ける

でしゃばるような行動を取るベテランパートはうざいよね!

本人には悪気がないっていうのがとっても厄介!

ベテランパートは良かれと思って動いている。

「やめてもらえますか?」

なんて直接的に言うのも気が引けるし、

「いやいや、みんなのためを思ってやってますから」

と素直に納得してもらえないケースもある。

こういう時は、上からビシッと伝えてもらうのが効果的だよ。

「パートの仕事はここまで。あとは正社員が対応します」

両者の線引きをハッキリ自覚させることで、でしゃばる確率が低減するよ。

現場でもなあなあにせず、周りがそれに応じて対処することが大切。

もしもベテランパートが自分の仕事外のことに手を付けようとしていたら、

「それは別の人の仕事です。○○さんはこちらをお願いします」

誘導するようにしよう。

パートのくせに偉そうだと感じたら

「この人、パートのくせになんでこんな偉そうなの!」

そう批判的に感じるようになったら、一旦深呼吸

負の感情に呑まれないようにしよう。

偉そうなパートは、味方につけると楽だよ。

何かあればフォローしてもらえるし、世話焼きをしてくれる。

職場で権力を持っているようなら、それも利用できる。

偉そうなパートの心を掴むには、

  • 「ありがとうございます!」
  • 「すごい、さすが○○さんですね!」
  • 「○○さんのおかげで助かりました!」

この3拍子を活用していこう。

褒めれば褒めるほど、おだてられて良い気分になってくれる。

案外扱いやすいタイプだよ。

「こんな偉そうなパートの言うこと聞きたくない!」

と反抗するのは不利が大きい。

それならば、相手を利用して自分が働きやすい環境に変えてしまおう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする